20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

我が家のペレットストーブは…  

長いこと 風邪をこじらせておりまして、更新が滞っていました…

その間も 見に来て下さった&応援クリックして下さった方々、本当に すみません ;;
そして ありがとうございます!! ヾ(*´∀`*)ノ゛


今回、風邪の直接原因が 『コタツでうたた寝』 だった為、夫から まったく同情されず ← 当たり前
私も 自業自得と思って、初期に 無理したのがイケなかったようです…

もう、上から下からの大騒ぎ

あまりの惨状を見かねたのか、途中から 夫も優しくなりました (苦笑)


今は もう、すっかり 元気に なりましたので
また 当ブログに お付き合いいただけましたら嬉しいです~ ♪♪


**********


さて、どのペレットストーブを選んだのか? という話の 続きでしたね。

10月に 某インテリアショップの “ペレットストーブ・フェア” に 行くまでは、もう ほとんど
さいかい産業の SS-1 に 決めかけていました。


SS-1.jpg


理由は やっぱり、国内最高と言われている 暖房能力。
(SS-1だと 最大40畳)

雪国と言われる N県で、1台で 1F全体の暖房をまかなうには、正直 SS-1しか
選択肢が無いと思っていたのです。


とにかく 「燃やして、温める」 ことに 焦点を当てて造ってあるので 燃焼効率が良く、
着火~ 最大温風が出るまでの時間が 15分 と 短いのもマル。

造りが シンプルな分、お値段も 他機種と比べると 大分お安い ♪♪



ただ その… 何ていうか、見た目が… ダサいんですよ(小声)。

イメージ画像で 見る限りでは 「そんなに ダサくないんじゃない?」 と 思われる方も
結構 いらっしゃるのではないかと思います。

しかし 実物を見ると、SS-1の側面に 使われている素材には
何か 安い電化製品的 (?) な、変な ラメ模様が入っているんですよねー (ノД`)・゜・。


変なラメ模様
写真だと、分かりにくくて すみません…


表面扉は 鋳物でカッコいいので、余計に 違いが目立ちます ;;

これは さいかい産業の方に言わせると
「鋳物の質感に 少しでも近づけるために、あえて こういう模様にしています」 とのことで。

カタログ写真では 成功しているかもしれないけど… うーん (>_<)


でもまぁ、プラス 40,000円で 本体の カラーチェンジが出来るそうなので、
それを 利用するつもりでいました。
(実際 オシャレ雑誌で SS-1を設置している方を見ると、結構 皆さん カラーチェンジされてます)



対抗馬として ずっと悩んでいたのが、シモタニの コンコード・オルコット


コンコード・オルコット


こちらは、さすが グッドデザイン賞を受賞しているだけあって カッコいい!!

部屋の中心に どどーん と居座り、おそらくは 1年中 目にするであろう ストーブ。
その視線にも 耐えうるデザインだと思います (*^_^*)


N県内でも この2台で悩まれる方が多いのか、ショップ内でも 一番いい場所に
SS-1と コンコード・オルコットが 設置してありました。


SS-1とコンコード・オルコット
(撮影・掲載の許可は いただいてあります)


前の記事 でも書きましたが、並べて比較検討できるのは 本当に ありがたいですね。



ただ コンコード・オルコットの暖房目安は、HPだと 「コンクリート30畳」 となってますが
木造だと 実際は 25畳 が ギリギリ… らしく。

我が家の LDK + 和室の広さは 25.5畳なので、イケそうな気も しますが
私は あわよくば 洗面室や ファミリークローゼットまで
ストーブ1台で 温めたいと考えていたので、それには 少々 心もとない… (>_<)


また、輻射式なので 着火~ 部屋が温まるまでに 1時間くらい かかるのも ネックでした。

おそらくは それを補えるように 着火タイマー機能 が 付いているのでしょうが、
ネットの口コミで 「よく着火に 失敗して、再着火を繰り返している」 という意見を
読んで以来、あまり 信用できずにいたのです。


しかし ショップの店員さん曰く、シモタニの社長が 着火装置の改良を重ねて
『20年は 確実な着火を保障する!』 ってくらいの性能に 今年から モデルチェンジしたとか。

そ、そうなのー!? (@_@)

であれば やっぱり、着火タイマーは 魅力的な機能…

SS-1の 『最大温風まで 15分』 というのも、“その15分間の寒さに 耐えられないかも” という
心配もあったので、ここで ちょっとまた 迷い始めてしまいました ;;



しかしですね。 冷静~に 考えてみると
あれ? でも、いつ掃除すればいいの?」 という 疑問が湧いてきたのです。

ペレットストーブは 1日に 1度、煤のお手入れが必要になります。
当然それは、本体が熱いときは 出来ませんよね…

夜、ストーブを切った直後は まず掃除しないだろうし、やはり 朝、点火する前に するしかない。
でもタイマーで着火していたら、WAO! 出来るワケないじゃなーい!!

…… (´・ω・`)


なので やはり、N県で 単体で使うには SSシリーズが ふさわしい と 結論付けました。

着火からの 15分間の寒さには、手持ちの小さい 灯油ファンヒーターを
室内物干内に 忍ばせておき (冬季限定で 除湿機と交換)、15分だけ稼働する… という作戦で、
とりあえず やってみようと思っています ;; 無くても平気そうなら 点けないし。

いや ホント、寒いんですよ N県って!!

蓄暖などと 併用できるなら、コンコード・オルコットの方が 良かったかもしれませんね。
(お高くなりますけど~)


あ! SS-1ではなく、あえて SSシリーズと書いているのは
この秋に、ニューモデルである SS-2 が 発表されたからなんです~ パチパチ -☆★
(人´∀`).☆.。.:*・


ss-2.jpg


特に 性能が変わったとか、そういうことは無いようですが (サイズも同じ)
最初から カラーが アイボリー・ブラック・レッド の 3色から選べるようになりました。

値段は SS-1を カラーチェンジした場合と 一緒ですので、色に こだわりたい方は
逆に SS-1の方が いいのかも ??


SS-2 アイボリー
ショップにあった SS-2は アイボリー。 実物は かなり 濃い目の色です。


私は もともと、黒色に カラーチェンジしようと思っていたのと
何といっても “火が見える窓が 大きくなった” ところが良くて、迷わず
SS-2の ブラック を選びました!!

気になっていた ダサさも、少しは 軽減されたんじゃないかな (*^_^*) ← 失礼



デザインが可愛いという点では、同じ さいかい産業でも こんなのもあります。
MT-311 SUMITA


MT311-SUMITA.jpg


こちらは 『6畳間でも使用可能!』 というのがウリの、小型のペレットストーブ。
輻射式なので 天板で お湯も沸かせます。

ジブリ映画に 出てきそうな雰囲気で、写真より 実物の方が可愛いのですよ~ (o^-^o)
SSシリーズも、こういうデザインにしてくれれば いいのにな ♪♪
(小さすぎて、我が家のメインには 使えず ;;)



最後に、SSシリーズの魅力を もうひとつだけ… (^_^)/

点火時/運転時ともに 消費電力が小さい為、停電時でも 車載バッテリーで運転可能なのです。
※ 延長コード+変圧器 (ホームセンターで数千円) が 必要

さいかい産業の方 曰く、長期的な停電に 備えるのであれば
小型発電機の使用を オススメするそうですが、
この ご時世、とりあえず “停電しても使える” というのは 安心ですよね。

発電機を使うにしても、消費電力が小さい方が 稼働時間は 長くなりますし ♪♪


オール電化の我が家にとって、この ペレットストーブの導入は
少しでも エネルギー源を分散する… という役割と ともに、
暮らしの豊かさ みたいなものを もたらしてくれることを 期待しています (*^_^*)


あ~ 楽しみ!!



久々の更新、あいかわらず長い&マニアックで すいませんでした ;;
次回からは また、工事日記を お届けしま~す o(^-^)o


私信 >> ヒロサトちゃん、ペレットストーブ・フェアに 付き合ってくれて ありがとね -☆★
     ティールームのある家づくり… これからも応援してるよ!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
関連記事
スポンサーサイト

category: 設備

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 設備  ペレットストーブ 

コメント

鍵コメ ペコペコさんへ

該当記事の方に 再度コメント頂きまして、ありがとうございました ♪♪
大変に 遅くなってしまって申し訳ないのですが、
こちらの方で まとめて お返事させていただきますね (´;д;`)

鍵でコメントを頂いた方のお名前は、いつもは イニシャルで表すのですが
今回 そのような方が多くいらっしゃるので、混乱を避けるためにも
記入して下さったお名前を表記させていただきます。ご了承ください。

それと メールアドレスではなく、こちらでの お返事になりますことを
お許しください… m(_ _)m

ペコペコさんは、長野県で ペレットストーブの導入を考えていらしたのですね。
わが家のペレットストーブのランニングコストや メンテナンスについては、
過去記事も参照していただければと思います。

http://shimashima790.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
http://shimashima790.blog.fc2.com/blog-entry-228.html
 
現在は 私の住む新潟でも、ペレットの需給が高まってきたのもあってか
ペレットは1袋 550円 & 10袋~ 自宅まで配達してもらえます。
わが家の場合は 最も寒い時期、フルに使用して 1日1袋なので
ランニングコストは 550 × 30 = 16,500円。
これ1台で、1Fは すべて充分に暖まる… と言って良いかと思います (o^-^o)

ですが これは、あくまでも わが家の場合 (1Fでの使用&吹き抜け無し)。
たとえば わが家が 吹き抜けアリの住宅だったら、
私は おそらくペレットストーブを メイン暖房には据えていないので ;;

詳細は 分かりませんが、ペコペコさんのお宅は 鉄筋3階建ということで
「大丈夫ですよ~ 暖まりますよ~」とは 気軽に言えません。
やはり、設計士さんと よくよくご相談されるのが 一番かと思いますよ!!

とはいえ… すでに 工事も進み、暖房も決定されてらっしゃる頃ですよね (^_^;)
お役に立てなくて 申し訳ありませんでした ;;
ペコペコさんが、素敵な新築ライフを 満喫されていますように。

URL | しましま #-
2015/12/01 05:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/06/23 20:18 | edit

みよさんへ

ご覧になって下さったんですね~ ♪ 嬉しいです (*^_^*)
水栓の使い勝手が、少しでも 良くなりますように ♪♪

そして、みよさんのお宅も ペレットストーブなんですか!!
近藤鉄工さんの信州型、チルチンびとで 私も見て、カッコいいな~ と 思ってました。
あの ダルマストーブ的な形が いいですよね ( ´∀`)
N県 (すいません、新潟です… ;;) だと 現物が見れなかったので 諦めましたが、
そうでなければ 候補に 加えたかったです ♪♪

やっぱり 炎は 癒されますよね。 私も 早く、ペレットストーブ生活を 始めたいです (^_^)/
ハイ! また いつでも、遊びに いらして下さいね -☆★

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/12/14 16:30 | edit

水栓の件はありがとうございました。短いものに替えてみます!

さて、ペレットストーブ!!さいかいさんのパワーにも引かれましたが、我が家は比較検討して、近藤鉄工の信州型になりました。神奈川の小さな家には十分で、炎に癒やされています。

残念なのは神奈川でペレット製造販売してないことです。N県?は近くで買えて羨ましいいです。

お家が出来上がってく様子いいですね。またお邪魔しに来ます。

URL | みよ #-
2012/12/14 12:47 | edit

Gさんへ

わぁ!! SS仲間の方から コメント頂けるなんて、ありがとうございます~ (*^_^*)
あの素材感を 分かち合える方がいらして、とても嬉しいです -☆★
Gさんのお宅は SS-1を選ばれたのですね。 確かに、特に カラーに こだわらなければ
SS-1の方が 確実に お得ですよね o(^-^)o

燃費は、気になる所ですね… 真冬は 大体8時間で 1袋 (10kg) 消費するということなので
家に居る時間が多い 我が家だと、1ヶ月で 30袋以上 消費してしまうかも… と 思っています (T_T)
Gさん宅が 共働きのご家庭とかだったら、もっと 消費量は 少ないかもしれませんね。

自動着火装置は 壊れやすいんですか~。 確かに、そうそう買い替えるものでは 無いので
ウン十年も もたせるのは 難しそうですよね ;;
やはり 何事も、シンプルな造りが 1番いいのだという気がしてきます (>_<)

よろしければ、ぜひまた 遊びにいらして下さいね ♪♪
SS-1の使い心地など、教えていただければ 嬉しいです (o^-^o)

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/12/04 04:11 | edit

casa*さんへ

そうなんですよ。 ご心配おかけして すみません~ (T_T)

こたつで うたた寝は、本当に サイコーだと思います!! 風邪さえ引かなければ ;;
えっ、casa*さんは 毎日ですか ??
さすが コタツ専用コンセントを付けるだけのことは ありますね (*^m^*)

ペレットストーブ前で うたた寝したら、FF式なんで 乾燥しまくりで
お肌が ひどいことになりそうです。 1晩で プラス5才肌 (某CMと逆) - ☆★
まー でも、ストーブ前に 1人がけのソファを 買おうと思っているので、うたた寝は
やっちゃうでしょうね~ 確実に!! m(_ _)m

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/12/04 03:52 | edit

当家もSS1です

我が家は建て替え最終段階に入っており来週引っ越しします。

工務店がここのペレットストーブの代理店になっている関係で勧められるままSS1をお願いしました。
前面は鋳物で雰囲気も良いのですが、言われるように確かに周囲のカバーのデザインは??ですよね。
新しく発売されたss2の方とも比較したのですが値段のこともあり我が家は1にしました。

又、自動着火部分は故障すると結構部品代も高いらしいいうことと、何より着火時かなりの電力が必要になるのでSS1でよかったのではと思っています。
28畳のLDKでどこまでこのSS1が活躍してくれるか?或いは4月頃までの燃費がちょっと不安な部分もあります。10kg×40~50袋位だといいのですが。。。

URL | G #-
2012/12/03 10:08 | edit

体調崩されていたんですね(;_;)
更新期間があいてると、何かあったのかしら?!と
心配しちゃいますー。
回復されたようでなによりです^^

しかし、こたつでうたた寝とは!!
私、ほぼ毎日してます。朝を迎えることも。。。
でも、幸せなんですよね、あのぬくぬく感。
ゆずちゃすさんの言うように、これからはペレットストーブ前で
うたた寝ですねー(^_-)-☆
あー幸せな生活だ♪

URL | casa* #-
2012/12/03 09:57 | edit

ゆずちゃすさんへ

今回は ちょっと、幸せの代償が 大きすぎましたね ;;
ハイ、もう すっかり 良くなりましたよ ♪♪ 温かいお言葉 ありがとうございます~ (*^_^*)

薪ストーブも、やっぱり 時間かかるんですね (そりゃそうか) !!
でも 1度 付けてしまえば、余熱で 朝まで 暖かいのかと思っていました~ ??
ペレットストーブは 煙突も無いし、あまり 輻射熱の効果は 期待できないので、やっぱり 暖かさは
薪ストーブには 叶わないんですよ (T_T)

あ、じゃあ ゆずちゃすさんは、もう どんなストーブにするか 決めてるってことですよね!!
きゃー 楽しみ o(^∇^)o♪
ストーブ前で うたた寝… 危険~! でも… やりそー!! >> 私

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/12/03 05:29 | edit

totanさんへ

いや~ ホント… いい大人が 風邪を引く理由じゃないですよね… ;;
でも、何とか帰ってきました!!
しばらくは PC画面も見られなかったので、ご無沙汰してしまって すみません (T_T)

ペレットストーブのデザインは、進化中なのだとは 思いますが、もうちょっと
頑張ってほしいところです。
ペレットタンクを 外付けに出来れば、もっと デザインの幅も 広がりそうなのにな~ (>_<)
SS-1のラメラメ、実際に お見せしたかったです (あの残念具合を 分かち合いたい…)。

ペレットストーブ。 実際に 使ってみたら、いろいろと 大変な点も あるのでしょうけど
今のところは とっても楽しみです ♪♪

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/12/03 05:12 | edit

こたつのうたた寝って最高ですよね(^v^)その代償がちょっと大きいケド((+_+))体調はもう大丈夫ですか??

そうそう!!我が家のストーブも着火から最大温風がでるまで時間がかかります(>_<)なので灯油ファンヒーターはきっと欠かせません(@_@;)15分で温まるなんて理想ですよね♪

今度はストーブ前で毛布くるまってうたた寝したりして♪

URL | ゆずちゃす #-
2012/12/02 13:12 | edit

おかえりなさいませ~。大変だったですね。
こたつでうたた寝・・・確かに危険ですね。幸せですけど。

ストーブのHP見ましたよ。いいですね。言うように見た感じでは、悪くないんですけどね。
でも、ありますよね。「なんで、この素材と質感にしちゃったの~」ってこと。好みもあるのでしょうが、常時携わると分かんなくなることもあるんでしょうね。

炎の暖かさって気持ちいいので、それが毎日って本当にいいですね。羨ましいです(*^_^*)

URL | totan #-
2012/12/02 10:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/95-46d0baf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)