20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

A社 vs プロデュース会社! 2  

プロデュース会社 (仮にC社とする) 物件からの帰り道。
夫に感想を聞いてみると 「俺はC社では建てない」 と言い出しました。

私:「どうして?」
夫:「だって今日の話、何を言ってるか、さっぱり分かんなかったから

そ、そんなバカっぽい理由で… (@_@) と思いましたが、要はこういうことらしい。

高校球児だった過去をもち、精神的に体育会系の夫には
Cさん&今日お会いした建築家の方がかもし出す 『芸術家オーラ』 みたいなものが、
どうにも肌に合わなかったようなのです。

私はといえば、今日の話にはそれなりの魅力を感じたものの、
数十万のプロデュース料を払ってまで 「C社にしたい!」 とは思いきれず。

普段、家づくりに関しては私に好き勝手やらせてくれている夫が
ここまでハッキリ言うのも珍しかったので、ここは彼の意志を尊重することにしました。
(ローンだって夫の名義で組むんだしね…)

私:「私も、C社で 建てるつもりはないよ。 でも約束しちゃったし、
   せっかくだから来週の見学会には行ってくるね」


その週の半ば。 突然、A社のTさんが うちのアパートまでやってきました。
私たちがC社の見学会に行ったことを、Cさんから聞いたらしく
お客さんを取られる!” と思ったんでしょう。

T:「今回の物件は、うちが施工してますんで… 平日でよろしければ、
   C社さんより先にご案内できますよ」

私の気持ちがA社から動いたワケではありませんでしたが、
この頃、ちょうど別件でA社に腹を立てていたこともあり
「すいません。 平日は予定があってダメなんです~」 と言ってみました。
(Cさんの説明も、ちょっとだけ聞いてみたかったので)

T:「じゃあ、週末は 私も一緒に ご案内させていただきますね」

おやおや。 何だかスゴいことになってきました (^_^;) ← 悪い施主
そして週末、約束通り 完成見学会に訪れた私&娘 (夫は仕事のため不参加) を、
Cさん&このお宅を設計した建築家の方が出迎えてくれました。

そこに 少し遅れて、Tさんが到着。

CさんとTさんが一緒に案内してくれるのかな? などと思っていたのですが、
甘かった (>_<)
2人は最初に少し挨拶を交わしただけで、後は会話しませんでした;;

いや… 一応、この家を一緒に建てた間柄なんでしょ!?
この場では私を巡る ライバル同士 ということなんでしょうか。

自分が2人の営業さんを振り回す、とんでもない施主 (悪女?) のように思えてきて
いたたまれなくなりました… (ノД`)・゜・。

結局 おうちの説明は、Tさん1人がしてくれました。
その後の、お茶を飲みながらの談笑 (&セールストーク) はCさん&建築家の方が行い、
その間 Tさんはというと、工務店らしく建具のチェックなどしていました。

すでに C社にお願いする気がなかったのと、
何より その場の雰囲気にあてられてしまった私は、早々に退散することに。
それ以降、C社の見学会には足を運んでいません…。


後日、A社の別の完成見学会で、Tさんに
「C社さんに通うのは止めました」 と伝えたところ、かなりホッとした様子でした。
そして C社とA社の関係について、少しだけ話してくれたのです。

その昔、C社が起業する際に、A社を含む数社の工務店が出資した → 何かいろいろあった →
C社のスタッフがA社に転職 → その人の働きにより、A社の 「住宅事業部」 発足


詳しく聞いたワケではないので、正確ではないかもしれませんが;
まぁ そんな事情があったようです…。

出資してもらった義理があるので、今でもたまにC社から発注が来るらしいんですが
基本的には ギンギンにライバル ってことなんでしょうね。
それだったら、あの場の雰囲気もうなずけますし、
悪いことしたなぁって気もしますけど… でも知らないし。 そんな過去。

ここで改めて Tさんから 「先日は申し訳ありませんでした」 という謝罪がありました。
別件ですが、私が怒っていたことが、どうやら伝わっていたみたいです。

T:「これからは今まで以上に頑張りますので、よろしくお願いします」 (深々とお辞儀)
(ちなみに後日、しましま家は Tさんの頑張りを見せつけられることになります)


ふと 私は、自分の今の気持ちを整理してみました。
どうして自分はA社で建てたいのか。

すでに 建築家物件のデザインに魅せられてしまった以上、
設計には建築家に関わってもらう」 というのは外せない条件でした。

また 当時2歳の、ちょこまか盛りの娘を抱えている身としては
個人的に複数の建築家の事務所を訪問することは、考えただけでも億劫でしたし
A社やC社のような 「紹介制度」 というシステムがあることは
とてもありがたかったんです。

A社に依頼する = 工務店はA社に確定しており、
工事価格を競合させることはできなくなりますが、
A社の工事価格自体が比較的安めなので納得できました。
C社にかかるような 「プロデュース料」 も発生しません。

さらに A社には、他所と違って 「基本プランだけ建築家に依頼する」 という、
設計料が格安ですむコースがあります。
工務店の本体が材木屋であるため、無垢材の仕入れに強いというメリットもあります。

やっぱり 我が家には、A社が一番ふさわしいように思えました。
以前のように直感ではなく、よく考えた上での結論でした。


私:「こちらこそ、宜しくおねがいしますね (o^-^o)


さあさあ皆さん、長文おつかれ様でございました!!
最後まで読んだよーという方も、途中で飽きたわという方も (汗) ポチッとしていただけると嬉しいです (^^)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ


- 追記 -

考えてみたら、A社もC社も 「お互いのセールストークは邪魔しませんよ」 という
大人の態度を とっていただけなんですよね。
何だか、仲が悪いみたいな書き方をして 申し訳ありませんでした… ;
関連記事
スポンサーサイト

category: 工務店・建築家

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/9-67b2d7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)