20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

SKシンクの水栓が長すぎる ??  

只今、悩み中です。 ブログに書いたら 整理できるかな~ ってことで、書いてみよう。


以前、こちらの記事 で 我が家の SKシンクは TOTOSK510
水栓は LIXILSF-HB435S(170) にする予定なことを ご紹介しました。


SK510  SF-HB435S(170)


そのときの コメント欄で、おそらくは TOTOSK500TKJ30U3SS を お使いの方から
この組み合わせだと 水栓が長すぎて、不自由しています」 という お話しを伺ったのです。


SK500.jpg  TKJ30U3N.jpg
(※ 画像はTKJ30U3Nですが、これは スパウト長さ 22cm。 TKJ30U3SSが、長さ 17cmの品番になります)


メーカーが違うので ややこしいのですが、私が使おうとしている LIXILの水栓と
コメント下さった方が お使いの TOTOの水栓は、長さは ほぼ同じ。

で、私が使おうとしている SK510よりも、SK500の奥行きは 4cm浅いのです。
この微妙な “4cm” という数字が、私を惑わせてるんです… ;;

私が選んだ水栓は シンクに対して長いのか? 長くないのか ?? と。



ただ 悩んでいても仕方ないので、とりあえず LIXILと TOTOのショールームへ行って
水栓と シンクの適合性を 確認してきました!!

まずは LIXIL にて、我が家が 採用する予定の水栓 SF-HB435S(170) と、
多目的流し S-17 (TOTOのSK500と ほぼ同サイズ) の 組み合わせを。


当然のことながら、LIXILでは LIXIL製品の組み合わせしか 検証できませんし
また LIXILには TOTOの SK510と 同じサイズの流しは 存在しません ;;

よって、とりあえず この組み合わせで 図面のデータを出してもらいました。
(コメント下さった方の お家と、ほぼ同じ サイズ感なはずです)


LIXIL 流し&水栓


確かに… シンクに対して 水栓が長いと感じられますよね。

これを見た時点で 「シンクが4cm広かろうが、やっぱり この水栓じゃ長いんだろうな
と、水栓をチェンジする覚悟を 決めていたのですが……

※ この時期に読んだ、takumiさんの こちらの記事 も ダメ押しとなりました。



続いて TOTO へ。 我が家が使用予定の SK510 と、TKJ30U3SS を組み合わせた
図面を出してもらいました (これが、ほぼ 我が家のサイズ感となります)


TOTO 流し&水栓


あれ。 … 何か、ちょうど良くね ?? 想像してたより 長く見えない… ;;

でも シンクの半分は 超えてるし、実際に 設置されたら、やっぱり 長く感じるのかな ??
微妙すぎるバランスで、迷いが増幅してしまいました (T_T)


ただ、takumiさんの記事を参考に、ショールームの お姉さんに確認してみたところ
やはり 交換用の 短いスパウト が 存在しました。

その名も 『自在スパウト L=70 (適合性も確認済み)』 なんですけど…
総合カタログにも 載ってないや ;;

三栄水栓にも 同様のパーツがありましたので、それのリンクを貼っておきます。
(各種サイズが 同じなんで、たぶん これでも合うと思う)


三栄 角吐水口


なので、コメント下さった みよさ~ん! TOTOの水栓、短く出来ますよ~!!
お困りでしたら、ぜひ 付け替えてみては いかがでしょうか (v^ー°)
(ご覧になってないかもしれませんが ;)


というワケで、長いかもしれないけど 現状の水栓を設置してみて
ダメだったら 短い物に変える… というのが、もっとも 確実な方法かもしれません。

たぶん LIXILにも 交換パーツは あるだろうし。

でも、けっして 安い物ではないので (約5,000円)、できれば
最初から ピッタリ合うものを 取り付けたい!! というのが 本音です (´・ω・`)



それに、いろいろ探してみたら 短くて可愛い水栓も、けっこう あるのですよね~。

私が SKシンクの水栓において 譲れない条件は

・雑巾をしぼった後の手で 触りたくないので、手の甲や ひじで押せる レバー式
・水栓の根元が汚れにくいように、壁付
・お湯が出ないと困るので 混合栓


だったのですが、この条件を満たすものって、当初は 他に見つけられなくて。


でも、オシャレ雑誌を見ていて 気づいたんです。
単水栓を 2つ並べれば、片方から水、片方から お湯が出せる ってことに…!!
(Tさんにも確認したんですけど 「出来ます」 って言ってました)

なんだ! なーんだー!!
単水栓なら、壁付&レバー式で 可愛いのが いっぱいあるYO!!

これとか これとか、いいんじゃない ??


三栄 レバー胴長横水栓  三栄 厨房用自在水栓本体


左は 介護施設用、右は 厨房用なので、どちらも 水が出しやすいということを
前提に作られていて、私が SKシンク水栓に求めている条件と ピッタリ。

ちなみに カクダイにも同様の物がありますが、上のボッチ (?) が
青く塗られているので ダメだな。 片方からは お湯を出したいんだもの (>_<)


いや待てよ。

単水栓2個で、短いサイズだと TOTOのSKシンクの
この 凸部分に 引っかかっちゃうかも ;;


単水栓2つだと… 1


かといって 長いサイズのスパウトにしたら、それが 2本 並ぶのよね…
邪魔だよね、多分。


単水栓2つだと… 2


せっかく 可愛いと思ったのに… (ノД`)・゜・。

結局、もとの SF-HB435S(170) + ダメなら 短いスパウト作戦 しか無いのか。


水栓  三栄 角吐水口


あー! でもでも!!
「水栓が可愛くなる ♪」 って ウキウキしちゃった気分が、収まりつかない ;;

もっと可愛い レバー式の混合水栓があれば 嬉しいのになー



… と、いうようなことを グダグダ 悩んでいるのでした ww
お付き合いいただいて ホントすいません。

この記事を 何度か読み返して、結論を出そうと思います…



↓↓ クリックしていただけると、励みになります ♪♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
関連記事

category: 洗面室・脱衣室

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 脱衣室 
tb: 0   cm: 4

コメント

takumiさんへ

とんでもない!! 全然 気づいてませんでしたよ (T_T)
コメント下さった方が 教えてくれなかったら、間違いなく そのまま 付けちゃってました ;;

ただ、4cm差の謎を 調べるためだけに TOTOに行くのが めんどくさくて、
なかなか 腰が上がらなかったんですが、takumiさんの記事を読んで
ようやく 「調べなきゃ!」 と 奮起しました (苦笑)
あっ! というか、勝手に 記事へのリンクを貼ってしまって 申し訳ありません (>_<)

takumiさんちのSKシンクは LIXILの S-17でしょうかね。
図面より、写真で見た方が サイズ感が よく分かって、とっても 参考になりました -☆★

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/10/11 04:27 | edit

nobiさんへ

そうなんです! ただ 悩んでいるだけの記事を、読ませちゃって すいません… ;;
結論は 出ているような物なんですけど、心のどこかで 「もっと いい方法は無いの!?」 と
思ってしまうんですよね (T_T)

そちらのサイトは、全然 知りませんでした!! nobiさんは 引出しが広いですね。
ちょっと 覗いてみた感じでは、確かに 見たことのないような水栓が いっぱい ありました (@_@)
なんか 鍵? みたいなヤツとか… どこのメーカーが 作ってるんだろう ;;
検討材料の ひとつに 加えさせていただきます -☆★

いつも、新しい情報を教えて下さって ありがとうございます (*^_^*)

URL | しましま #SIR.BgG2
2012/10/11 04:15 | edit

なるほど!!以前のコメントはこういうことでしたか。
いつもながらよく考えてますね。

我が家の場合は、業者さんがたまたま気づいてくれたのでよかったですが、そのまま長い蛇口だったらやっぱり面倒だったんでしょうね。

事前に気付くしましまさんはさすがです。

URL | takumi #-
2012/10/11 00:30 | edit

しましまさんがよーく悩まれている様子が伝わってきました(笑)

私も洗面ボウルと水栓はすごく悩みました。
どちらか片方変えると両方一から検討しなおしですもんね!

2階洗面所の水栓はほんと最後まで悩んでいて、
結局たまたまネットで見つけた光ボックスという中国のサイトで購入しました↓
http://m.hikaribox.com/list/faucets_2857

商品の種類が多く、とにかく安いです!
先ほど、壁付けタイプも探してみたら、お洒落なのがありましたよ♪
よろしければ覗かれてみてください(*^^*)

サイトはちょっと胡散臭い感じですが(笑)
商品もすぐ届き、今のとこ商品自体も問題ありません(^^)v

URL | nobi #kKTy5jOI
2012/10/10 19:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/80-5f2e2692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)