20年後も素敵な家

ARTICLE PAGE

02 2019

これは便利!! 後付けできる靴下すべり止め

あっという間に、3月ですね。

入園&入学準備で てんやわんやという
親御さんも多いのでは (*^_^*)


本当は 前回 からの続きで、
絵カードの詳細を書こうかなぁと
思っていたのですが…

先日 試してみたアイテムが
私の中では なかなか 画期的 だったので、
先に そちらを ご紹介させて下さい。

絵カードは また次回に!!



え!? ○○○○が無いなんて…

以前 ご好評いただいた、こちらの記事。





この中で私、子ども用の靴下は
内側に おなまえ欄のある『無印良品』の物を
愛用しています!!
と書いたんですが

実は この後、ちょっとした問題が
発生していました。


息子が大きくなり、それまで履いていた
13~15cmサイズ の靴下から 15~18cmサイズ
買い換えたところ…


すべり止め1


底のすべり止めが… ない!!
(※ ネット購入したため 気付かなかった)


どうやら他社の製品でも、このくらいのサイズから
すべり止めが付いていない物が
増えてくるらしいですね。

上の娘が このサイズを履いていたのが
はるか昔なので、そんな常識
す~っかり 失念しておりました m(_ _)m


でも、買っちゃった物は仕方ない… と
普通に 履かせていたものの、
案の定 息子は よく転んでしまっていて ;;

困っていたところ、
こんな商品を見つけたのです。


すべり止め2


靴下裏に、自分で塗布するタイプの
すべり止め。



あまり 評価が高くなかったので
迷ったのですが、
Amazon のレビューを よくよく読み込み

これなら出来るかな

と思ったので、さっそく購入!!


何足か試してみて、それなりに コツを掴んだので
その手順を ご紹介します。



準備するもの

まず、『すべるのきらい!』のセット内容は


すべり止め4


・ゴム (すべり止め) のチューブ
・ヘラ
(塗布用)
・専用テンプレート


以上の3つ。


Amazon レビューを読むと
専用テンプレートを使う派使わない派
分かれるようですが、

私は、靴下の裏に塗布する場合は
テンプレートを使った方が
薄く塗れる ので良いと思います。

テンプレートを使わないと、
どうしても ゴムが盛り上がってしまうので
靴下を履いたときに、まるで
米粒を踏んでいるような違和感が出ます ;;


また、星型と丸型では
丸型の方が 塗るのが簡単 ということで
今回は 丸型を選びました。

最初は 失敗する可能性もあるので、
古い靴下などで練習すると良いでしょう。


準備する物としては

① 上記『すべるのきらい!』3点セット
② 靴下


の他に、

③ ウェットシート
④ マスキングテープ
⑤ 型紙
(靴下に合わせて作る)
⑥ 新聞紙



すべり止め3


などもあると、作業がスムーズ。

とくに ウェットシートとマスキングテープは
必須だと思います ヾ(´▽`*;)ゝ"



すべり止めを塗る手順

① 靴下の塗布面を上にして広げる

すべり止めを塗る靴下の 底面を上にして、
なるべく 平たくなるように広げます。


すべり止め5

今回は 写りを良くするために省いていますが、
一連の作業の前には
下に 新聞紙を敷いておくと安心です。




② 靴下に テンプレートを当て、
  塗布範囲の周辺の穴をマスキングする


広げた靴下の上に 専用テンプレートを当てて
すべり止めを塗る範囲を決めたら、
その周辺の穴を マスキングテープで塞ぎます。


すべり止め6


これは、範囲外のところまで
すべり止めが はみ出さないようにするためです。



③ 中に 型紙を入れた靴下を、作業台に固定する

靴下のサイズに合わせて
ダンボールなどを切り抜いた型紙を作り、
靴下の中に入れます。


すべり止め7


これは、塗布面を より平らにするためなので
面倒なら無くてもかまいません。

が、型紙があった方が成功しやすいです!!

靴下は マスキングテープで、
作業台に 軽く固定しておきましょう。



④ 靴下に テンプレートを当て、ゴムを2列に載せる

平たく伸ばした靴下の上に
テンプレートを当て…


すべり止め8


ヘラで伸ばすときの進行方向に合わせて、
チューブのゴムを
端&中央の2列に載せます。

私は 右利きで、ヘラは 左端から動かすので
この場合は 左端と中央に載せました。

ゴムを2列に載せることで、伸ばしたときに
途中で かすれにくくなるのです。



⑤ テンプレートを しっかりと抑えながら、
  ゴムをヘラで伸ばす


テンプレートを ぐっと押しつけて
靴下を なるべく真っ平らに伸ばした状態で、
ゴムを塗布していきます。


すべり止め9


このとき ヘラは なるべく寝かせて、
ゆっくりと一息に 端から端まで伸ばすのが
ゴムが滲まないコツです。



⑥ テンプレートや型紙を外し、
  ゴムが透明になるまで乾かしておく


テンプレートの穴が すべて埋まったら、
そっと浮かせるようにして
テンプレートを取り外して下さい。
(ゴムが崩れないよう注意!!)


すべり止め10


型紙や固定のマスキングテープも取り払い、
ゴムが透明になるまで乾かしておきます。
(冬場で4時間が目安)


続けて作業する場合は、
テンプレートに着いた ゴムの余りを

ウェットティッシュで綺麗に拭き取ってから

手順③ に戻りましょう。



使用感&耐久性など

ちなみに、こちらが1晩置いたところ。


すべり止め11


こんな風に 透明になります。

多少の凸凹も目立たなくなりますので、
心配しなくて大丈夫ですよ ///


すべり止め12


敏感な お子さんの場合は
まずは 一足、完成品を履かせてみて下さい。

嫌がらないようであれば、
残りの靴下にも すべり止めを塗る… という
手順を踏んだ方が安心かもです。

すべり止めの効果は 抜群なのですが、
違和感を感じる子も いるでしょうし ;;


ちなみに 息子の場合も、
はじめは 凸凹が気になったようですが

わぁ~ カッコいい!!
すべらなくなって良かったね!!

などと褒めまくると、足で床をツツツと撫でて
すべらないことを実感してから、

ようやく ニッコリ笑いました。
(なので、言われた事は 理解しているみたい)


すべり止めの耐久性は高く、
Amazon のレビューを読む限りでは
剥がれおちることも無さそう。

洗濯すると 真っ白になりますが、
ふやけているだけなので
乾けば また透明に戻ります。


靴下以外にも、スリッパの裏に塗ったり
軍手のすべり止めにも使えるそうなので…
(踏み台の脚裏に塗った方も)

一家に一本、持っておいても良いかも。

わが家では、後何年かは
ヘビロテしそうな予感がしますよ ヾ(´▽`*;)ゝ”



ブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!


ブログ村テーマ
子どものためのお買い物




ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けると
当ブログに応援ポイントが入りますので (1日1回有効)、とても励みになります ♪♪



にほんブログ村

にほんブログ村
 
関連記事

育児 お買い物

0 Comments

Leave a comment