20年後も素敵な家

ARTICLE PAGE

13 2018

自分の好みと向き合う… 選んだ花と開花スケジュール

お知らせが遅くなってしまいましたが、
イエマガさんでの連載『こだわりママの家づくりノート
第51回が更新されています ♪♪


kodawari_mama02_2017111017190419a.jpg
【バックナンバーは こちら から】


いただいた ご質問に お答えして書いた、
例の記事が 日の目を見ることとなりました o(^∇^)o♪


↓↓ 元記事は こちらから ↓↓


ただ、こちらの記事を読んだ方は、おそらく皆さん
なるほど… 間仕切り、要らないな!!」と
思われるかもしれません (必要条件がニッチすぎるというか) ;;

まぁ それはそれで、考える材料の1つになれれば
嬉しいなと考えております ヾ(´▽`*;)ゝ"


よろしければ是非、ご覧になってみて下さいね~ ♪♪



ついに決定!選んだ植物は

さて、何回かに渡って お送りしております
庭づくり奮闘記 (?) の続きです。



今回は、ついに!!
選んだお花を ご紹介していきたいと思います o(^∇^)o♪


まずは、日当たりの良い 南向きのスペースAから。


庭図1


こちらに植える草花の条件は、

① 手入れのラクな多年草 (宿根草)
② 日なた向き
③ 積雪に耐えうる耐寒性と、それなりの耐暑性がある


…でしたね。


これらを満たす物の中から

・和モダンの家、雑木の庭の雰囲気に合う
・好みの色と姿形


という品種を、さらに絞り込んでいった結果
次のようなメンツとなりました ♪♪

前回ご紹介した “4つの役割” に 振り分けつつ
ピックアップしていきますよ (v^ー°)



主役

この場における『主役』の定義とは
花が大きかったり、ボリュームがあって目を引く物”。

まず、もともと植わっている ヤマボウシ には
大きな花が咲くので、草花ではなく樹木なのですが
主役の1つと考えることにしました。





わが家の植栽の中でも、とりわけ樹形が美しくて
お気に入りの樹でもあります (*^_^*)


庭づくり1


そして、もう1つの主役に決めたのは オオデマリ





こちらも、分類としては 低木扱いになります。

耐寒性と耐暑性が強く 日当たりの良いところを好み、
落葉樹なので 積雪にも強そう。

花房の大きさが コデマリとアジサイの
ちょうど中間といったところで、
大きすぎず小さすぎないところが 気に入りました。


 
左:コデマリ 右:アナベル (アメリカアジサイ)


これをヤマモミジの左隣、つまり
ヤマボウシの反対側に植え付けて バランスを取ります。


庭づくり2


いくつかの植え付け実例を見た限りでは
ヤマモミジの下に オオデマリを植えているケースが多く、
見た目や土壌の相性も良いようです ♪♪



まとめ役

まとめ役』の定義は
小花や葉で、全体の雰囲気を まとめる物”。

まず選んだのは、これまた低木の ヤブコウジ
別名「十両」とも呼ばれます。





木といっても 高さ10~30cm程度にしかならないので、
ほとんど 草扱いされているようですね。

冬に 赤い実がなる様は、とても可愛らしいです ///


ヤブコウジ
(※ こちらのHP より お借りしています)


こちら常緑性なのと、半日陰を好むという点で
日当たりの良いスペースAに植えるのは 心配もあるのですが…

ヤマモミジの根元に 点々と植え付ければ、
モミジ自体が日よけ&雪除けになってくれるのでは??と
期待しています ヾ(´▽`*;)ゝ"


庭づくり3


ヤブコウジは 近所にある実家の庭にも生えているので、
ある程度の雪なら耐えられるはず!!


続いて、2つ目のまとめ役は 黒花フウロ
ようやく 草花が来ましたよ (o^-^o)




商品リンク先の おぎはら植物園さんは
寒冷地の所在だそうで、わが家の環境にも合う商品が多く
今回ほとんどの草花は こちらで購入しています。



別名ゲラニウムとも呼ばれる フウロソウの一種で、
寒さに とても強い落葉性。

暑さには さほど強くないそうなのですが、
この黒花タイプは 非常に丈夫で
寒冷地なら日向でもOK、初心者向きの花とのこと。

見た目にも楚々として 山野草の風情があり、
和の庭にも合いそうです ♪♪


育てると 高さ90cmもの大株になるそうで、
スペースAの中央、やや奥まった位置に植えてみるつもり。


庭づくり4


そして、まとめ役3つ目は カラミンサ





暑さ寒さに強く、繊細な見た目に反して
ものすごく丈夫な草花だそう。

さらに、驚くほど開花期間が長いので (6月~12月!!)
わが家の寂しい庭にとって
頼もしい助っ人的な存在になりそうです o(^∇^)o♪


場所は、今のところ ヤマボウシの根元にしようかと
考えているのですが…


庭づくり5


黒花フウロと寄せた方が良いかもしれないと、
ちょっと迷い中 ;;

実際に 苗を並べて、バランスを見てから
決めようと思っています。



カラーリーフ

ここでの『カラーリーフ』の定義は
葉の色や形が個性的な物”。

私が今回 選んだのは、アジュガ・チョコレートチップ です。





アジュガにも 色々な種類がありますが、
この「チョコレートチップ」は 綺麗な銅葉タイプ。

草丈10cm程度なので、カラーリーフとしてだけでなく
グラウンドカバーの役割も果たしてもらう予定です。


どちらかというと日陰向きなようですが、
(強い日差しで、銅葉が焼けてしまうことがあるとか)
寒冷地なら日なたでもイケるということなので
取り入れてみることにしました。

夏期には 綺麗な薄紫の小花をつけるので、
まとめ役としても機能しそう ♪♪


このスペースAは、ウッドデッキの塀を背にしていますので
鑑賞するのは 南の1方向からのみ。


庭図2


なので、草丈の高い物ほど奥に植えて
低い物を手前に持ってくると バランスが良いそうです。

アジュガ・チョコレートチップは、
主に スペース右側の前方に植えてみる予定。


庭づくり6
※ 実際には、ヤブコウジの実と同じ季節には アジュガの花は咲きません



グラウンドカバー

ここでの『グラウンドカバー』の定義は
地面を覆い 美しく見せる物”。

先ほど挙げた アジュガ・チョコレートチップ の他に、
ルブス・ネパーレンシス という
鮮やかな緑色の下草を選んでみました。





葉の感じが 三つ葉っぽいので、
和の庭にも違和感なく 溶け込んでくれそうです。

暑さ寒さに強く、ばっちり日なた向きなので
スペースAで育てることに 何の不安もありません (笑)!!


ただ、常緑性で 葉が落ちないらしく
積雪に耐えられるかだけが、少々心配なのですが…


積雪
わが家の庭、冬は こんななので…


冬季には 美しく紅葉するとのことで、
アジュガの銅葉と相まって
綺麗なコントラストが生まれると良いな~ と思っています。


こちらのルブスには、アジュガでは埋めきれない
スペースの大半を 埋め尽くしてもらう予定。


庭づくり7


割合的には ルブス2:アジュガ1 くらいが理想です。



半日陰向きのスペースは

続いて、南東の半日陰に位置する スペースB。


庭図3


植える草花の条件は、

・半日陰向き

という以外は スペースAと同じです (*´∀`*)ゞ
狭いので 一気に行きます!!



主役

こちらの主役に選んだのは アネモネ・シルベストリス





アネモネというと 華やかなイメージがありますが、
こちらは 控えめな白い花が清楚。

そのわりに丈夫で 半日陰向きというのと、
落葉種のため、冬季は 地上部が消失するというところが
わが家の庭に ピッタリな気がします (´ω`*)

山野草の面影があるので、意外と和の庭にも
合いそうなんですよね。


ヒメシャラの根元に、ひっそりと植え付ける予定です ♪♪


庭づくり8



まとめ役・カラーリーフ・グラウンドカバー

まとめてで申し訳ありませんが、
こちらは スペース自体が狭いので “4つの役割” を
それぞれ分けていられないなと… ;;

まとめ役・カラーリーフ・グラウンドカバーの全てを
前述の アジュガ チョコレートチップ に担ってもらう予定です ///





もともと半日陰向きなので、こちらの方が
よく育ってくれるかもしれません。

アネモネの引き立て役として、これまた
ヒメシャラの根元に植える予定。


庭づくり9


こうして見ると、私ってつくづく「清楚で控えめな小花」とか、
白 or 紫色」の花が好きなんですね ///


これらの花々は、店頭で 良い物を見つけた
オオデマリとアジュガ以外は、全て ネット注文しました。

ネットの方が どうしても高くつくのですが、
珍しい品種だと 店頭で巡り合えないこともありますし ;;

その辺は ケースバイケースで、
賢く お買い物したいところです (v^ー°)



開花スケジュールを考えてみる

一応、すべての花々が決まったところで
自分の頭を整理するために

・それぞれの花が咲く時期
・紅葉する時期
・実がなる時期


…を、一覧表に まとめてみることにしました。

こういうのを『開花スケジュール』とか
植え替えプラン』と言いまして、
本来は 花を決めるときに 一緒に考えるものなんです ;;


というのも、ガーデニング上級者というのは
咲く時期が違う花を組み合わせて、
一年中 花が絶えない庭” を造るんだそうで…

そのために、世の中のガーデナー達が
季節ごとに一年草を植え替える ことを知ったときは


世の中に、そんな めんどくさいことをする人が
存在しているのか…!!!!



と 一瞬、気が遠くなりました。

多分、ガーデニング好きな方々が聞いたら
「そこで驚かれても…」と困惑されると思うのですが、
本当に無知で すみません m(_ _)m


私は 正直、庭に花が咲いていなくて
葉っぱだけの時期があっても 一向に構いませんし、
冬なんかは 積雪が怖いので、
むしろ 落葉種が望ましいと考えているタイプです。

なので、基本的には わが家の庭は

・一年中 植え替えなし
・花が咲かない時期があっても気にしない


という考えで、植える草花を選びました。
(これから先、変わるかもしれませんけど)


それでは、頑張って作った一覧表が こちらです!!


開花スケジュール2


何もない期間は 落葉中。

矢印の長さと色は、それぞれ葉のある時期と
葉の色を表しています。
(紅葉期間中は 矢印が赤くなっている)

太くなっている箇所は 開花期間と結実期間で、
それぞれの色も再現しました。


こうして見ると、開花時期は 春に集中しているものの
秋まで咲くカラミンサと、冬に実の成るヤブコウジのおかげで
葉っぱだけの期間というのは それほどありません。

そこまで考えて選んだワケではないので、
これは ラッキーでした ///


開花スケジュール2


また、和風感の強いヤブコウジの実が
ほとんどの花の開花時期と被っていないので
雰囲気の喧嘩をすることも無さそうです。

丈の低い植物 (ヤブコウジとグラウンドカバー類) 以外は
落葉種ばかりですし、冬の積雪時も安心… かな??


頭の中で 何となくイメージしていたことが
視覚化できるので、開花スケジュールの作成は
とっても おススメです (*^_^*)

庭の広い方だと、さすがに大変でしょうけどね ;;



ブログ村テーマ
ガーデニング・庭づくりのおすすめ


ブログ村テーマ
園芸・ガーデニング




さて、リアルタイムでは 植え付け完了しました!!

次回は 実際の植え付け作業レポを… と思っていますが、
楽天買い回りも始まっているので、
そちらの記事が 先になりそうです ヾ(´▽`*;)ゝ"




ブログ村テーマ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪




ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けると
当ブログに応援ポイントが入りますので (1日1回有効)、とても励みになります ♪♪



にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

外構 庭づくり

0 Comments

Leave a comment