20年後も素敵な家

ARTICLE PAGE

14 2018

3年生にして、ようやく学習デスク購入!! 選んだポイントは

全国的なニュースになっていましたが、
ここ数日のN県は 大変な雪で ;;

雪国ですし、30cm程度の積雪は よくあるのですけど
私が住んでいるN市内で 80cm… って、めずらしいのですよ (´・ω・`)

わが家の夫も、出勤するまでに5時間かかりました。
(いつもは 30分)


例の信越線立ち往生の件では、JRの尽力や
乗客の方々が落ち着いていて協力的だったことなど、
SNSで 明らかになっていきましたね。

報道番組を鵜呑みにして、JRの方々が 一方的に批判されるような事態が
長く続かなくて良かったです o(^∇^)o♪

当事者のリアルな声を、テレビよりも早く
直接 目にすることのできる時代。

正しい情報を取捨選択して、自分で選び取ることが
これまで以上に 重要になってきたんだなぁと思います。



ついに購入!! 学習デスク


先日の買い回り記事でも 予告していましたが、
小3娘の 学習デスク を購入しました。

だいぶ前から「買おう」という話は出ていたのですけどね ;;

本人の様子を見ていると、まだまだ
1人で学習することは 難しいのではないか??
と思うこと数年。


最近になって ようやく、

○○ちゃん (弟) の様子や テレビの音が気になって
 宿題に集中できない


○○ちゃんに邪魔されないところで遊びたい

という申し出が 本人からあったので、
少しずつですが 子ども部屋を整えていくことになりました。


学習デスクを購入するにあたって、まずは娘に

○ ロータイプ (座卓) がいいか?
○ ハイタイプがいいか?


をリサーチしてみたところ
椅子の方が、勉強に集中できそう
とのことで… なるほど。


ロータイプ ハイタイプ
左:ロータイプ 右:ハイタイプ (一例です)


子ども部屋が狭い (4.5畳) ので、ロータイプも有りかと思ったのですが
本人の希望が一番ですからね。

その他の好みは それほど無いようだったので、
後は デザイン&機能性など、私が考慮して選ぶことにしました。



何を重視するかは、人それぞれ


まず、最初に考えたのは この2点。

・成長しても、恥ずかしくなく使えるデザイン
・しかし高価すぎないもの


もう3年生になっていますし、うちの娘は 背が高い方 (140cm弱) です。

いわゆる『ザ・学習机』ではなく
中学生、高校生になっても 恥ずかしくなく使えそうな
大人用のデスクを選ぼうと思いました。

そして、娘は 非常に物使いが荒いので
(教科書などは 常にボロボロ ;;)
いずれ大人になったときに、心おきなく処分できて
改めて 自分好みの机を買い直せるような
ほどほどの価格帯の物が良いなぁと。


そりゃ、家具屋さん特製の上質な木の机を買いたいのは
やまやまなんですけどね (´;д;`)

今後も しばらくの間は リビング学習がメインでしょうし、
私には ワークスペースの机があるので
後々 娘が自立した後に受け継ぐってことも出来ないし…



その他に考慮した点を、順に 挙げていきますね。

・部屋が狭いので 白っぽい色が良い
・ただし、汚れが目立たないように 天板は 自然の木色の物


先ほども書いたように、わが家の子ども部屋は
4.5畳と 広くはありません。


↓↓ 設置予定の部屋は こちら ↓↓


なので、家具を置くなら 白っぽい方が
抜け感があって、お部屋が広く見えるのでは?? と思いました。


ただし、天板が白だと 鉛筆やペンの描き跡が目立って
汚らしくなるという話も聞いていまして。
(お子さんによると思いますが、ウチは 間違いなく汚すタイプ)

デスクマットを敷いても、マットが汚れれば
結局は 同じことだと…

なので 天板が自然色 × 脚や引き出しの部分が白
ツートンカラーがいいという結論に 落ち着いたのです。



・スッキリ見えるように、上置きの棚が無い or 後付けできる物
・心おきなく作業できるよう、天板が広めの物


とにかく、スッキリ見せたいという大前提がありますので
学習机によくある、上置きの棚は 不要でした。


上置きの棚
※ 画像は お借りしています


最近の物は 取り外しできるタイプが多いようで、
そういうのも便利そうですね。

ただ、ウチの娘は とにかく気が散りやすいので、
目の前に 何も置いていない環境の方が好ましいのです ;;


一応、近くに 大き目の棚を設置する予定ですし
いざとなったら こういう棚を、
DIYで デスクの上に 付けてもいいかなぁと。


ニトリ ウォールシェルフ


それと勉強や お絵かき・工作などが 心おきなく出来るように、
天板は 広めの物 (W120×D60くらい) を希望していました。



・机本体に 引き出しが付いている
・ただし手前ではなく、横に付いている&床から浮いていること


引き出し付きは、これは 小物を整理するためには
譲れない条件ですよね。

ただ、後で また解説しますが… 私は
椅子を キャスター付きでは無いものにする予定だったので、
よくある 座席前面に引き出しが付いている物では無く
座席の側面に 引き出しが来るタイプの物を探していました。


引き出しの位置


座席前面だと、引き出す際に 椅子を後退させる必要があるので
キャスター付きでない椅子の場合は、引きずって
引き出しの開閉のたびに 床を傷つける恐れがあります ;;

その点、側面に引き出しがある 片袖タイプなら
椅子を引かなくても 引き出しを開閉できるんじゃないかと。


さらに、その引き出しが よくあるサイドワゴン型ではなく、
机本体に付属して 床から浮いている物が良いと思いました。


ワゴンVS浮遊タイプ


サイドワゴン型は、下に ホコリが溜まりやすそうですし
開閉の際に ウチの娘だと ゴン!ガン!!
どこかに ぶつけてしまいそうで… 。゜゜(´□`。)°゜。

図のように、引き出しが浮いているタイプであれば
脚元の掃除もしやすいでしょうし、
引き出しが固定されているので 安定感もありそうです ♪♪


もちろん、サイドワゴン型には

○ 最下段の深い引き出しに 教科書や書類がしまえる
○ 上がランドセル置き場になる


というようなメリットも 沢山ありますので、
合う合わないは それぞれのご家庭の状況によると思います。

ただ、わが家の場合は 教科書類は棚に置くつもりなのと
まだしばらくの間は、ランドセルの支度も
1Fでやることになりそうなので… ね (発達障害もあり、まだ心配なのです)



最終的に選んだのは…


さて、それらの条件を踏まえて
最終的に選んだ学習デスクが こちらです!!





ノーブランドの物のようですが、レビューも良く
価格は 税込12,990円 (2018年1月現在)


・成長しても、恥ずかしくなく使えるデザイン
・しかし高価すぎないもの

・部屋が狭いので 白っぽい色が良い
・ただし、汚れが目立たないように 天板は自然の木色の物

・スッキリ見えるように、上置きの棚が無い or 後付けできる物
・心おきなく作業できるよう、天板が広めの物

・机本体に 引き出しが付いている
・ただし手前ではなく、横に付いている&床から浮いていること



という、今までに挙げてきた条件は
すべて満たしていると思います (人´∀`).☆.。.:*・

配色は3種類から選べるのですが、
もちろん オーク×ホワイトにしましたよ ♪♪


デスク1


天板サイズは W120cm × D59cm。
引き出しも A4が入るとのことで、必要充分!!


デスク2


欲を言えば もう少し高価でもいいので、
スライドレール付きだと良かったのですけど… ;;

後、デスク側面に フックもあればなぁ。
まぁ この点は、木製なので 自分で後付けすることも
出来るかもしれません。


実は 最後まで迷った候補の1つに、こちらの
ベルメゾンのデスクがありました。

最終候補2

配色も良く、横付きの引き出しは スライドレール式。

しかも 天板下にラックが付いているので、
長期休み中に 習字道具や鍵盤ハーモニカなどを置くのにも良さそう。
ここなら ゴチャゴチャして見えませんし ///


ただ、まぁ 最終的には 見た目で選んでしまいました…

椅子との相性を考えると、脚の部分は
木の方がしっくり来たのですよ (椅子については 改めて書きますね) ;;





ここまで書いてきて思いましたが、わが家の場合は

・娘がすでに 小3で、背が高いこと
 (デスク&チェアに 高さ調整機能が必須ではない)
・特性として 不器用であること
・リビング学習と併用&1Fに 学用品置き場があること


が、明確に 選択ポイントに影響していますね。

各ご家庭によって 環境は まったく違いますので、
参考にならない部分は 適当に読み飛ばしてください ヾ(´▽`*;)ゝ"


実物は まだ届いてないので、使い心地などは
追ってレポートしたいと思います ♪♪

そして次回以降、

○ 学習チェア編
○ 置いたらどうなる? シミュレーション編


へと続きます… すいませんすいません。

長すぎるのは、このブログ的には
通常営業だと思っていただければ… m(_ _)m ← 黙れ



ブログ村テーマ
子どものためのお買い物


ブログ村テーマ
入学準備品


ブログ村テーマ
小中学生を子育てしてるママへ




ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けると
当ブログに応援ポイントが入りますので (1日1回有効)、とても励みになります ♪♪



にほんブログ村

にほんブログ村
 
関連記事

子供部屋 家具 育児

0 Comments

Leave a comment