20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

ペレットストーブ、シーズンオフにやる無垢床メンテ  

一昨日、シーズン終わりの ペレットストーブのメンテナンスで、
また さいかい産業さんに来て頂きました。

4月頭に予約の電話をかけたのですが、もう この日まで埋まっているということで…
ペレットストーブ人口も 増えてきているんでしょうか (@_@)


↓↓ 以前のメンテナンスの様子は こちら


今回は 初めて見るスタッフさんが、2人お揃いのユニフォームを着て
格段に 素晴らしい手際で作業されているので


私「もしかして、メンテナンス専門の部署が 出来たんですか?」

ス「実は そうなんです。あ、このユニフォームも赤とか茶色とか、
  色々なカラーがあるんですよ



へえ~。業績も好調なのかもしれません。


とにかく、灰を散らさないように 細心の注意を払って下さっていて、
作業終わりには デッキの空気まで (!!)
掃除機で吸っていたので、すごくビックリしました。

おそらく、排気管周りに散った 空中の灰を取ってくれていたのでしょう。
プロの技ですね (>_<)


ストーブ1
ストーブも つやつやピカピカになりました ♪


スタッフさん曰く、来年度からメンテナンス代が
8,000 → 10,000円 に 値上がりするそうなのですが、それも納得。

むしろ、これだけやって頂いて 今年は 8,000円のままなんて
ラッキー!!くらいに思いましたよ。


ス「でも、今度から出張費も プラスされるので
  しましまさんのお宅だと、さらに 5,000円アップになるんですが…


私(えっ。じゃあ 8,000 → 15,000円!? ほぼ倍額じゃないの ;;)

ス「本当に 申し訳ありません。金額アップに見合うサービスを
  提供させて頂くよう 頑張りますので…
  来年以降も ぜひ、よろしくお願いいたします!!



あ、なんか顔に出てたみたいですね ヾ(´▽`*;)ゝ"

実は ペレットの値段も、今シーズンから1袋 550円 → 600円
値上がりしたので (550円 + 配達代が1袋につき 50円かかるようになった)
いろいろ考えてしまって ;;

でももう、世間の物価全体が 上がってきてますからね。
仕方ない事だとは思います (涙)。


**********


さて、今冬は ペレットストーブを ほぼ毎日 使いまして、
毎日 掃除もしていたのですが…


↓↓毎日の お手入れの様子は こちら


それでも、どうしても細かい灰が 飛び散ってしまうみたいで ;;

シーズン終わりの ペレットストーブ周りの床は、
こんな風に 黒く煤けてしまっていました。


ストーブ2


この “煤の汚れ” って、普通に 雑巾がけしても落ちないんです (´_`。)

ストーブ稼働中は ゲートが邪魔だし、稼働期間&メンテナンスが終わったら
改めて お掃除しようと思っていました。


というのも… 以前 メンテナンスして頂いたときに、
スタッフさんの足跡が 無垢床に付いてしまったことがあって ;;

今回も「メンテナンスで もっと汚れるかもだし」と
掃除を控えていたのですが、今回のスタッフさんは 流石というか、
そんな不手際は 一切ありませんでした。

(べ、別に 前のスタッフさんを disっているワケでは…)



掃除方法は 以前、さいかい産業さんも仰っていた
メラミンスポンジで擦る」という物です。

わが家の無垢床は (有) 小川耕太郎∞百合子社の
未晒し蜜ロウワックス』で塗装されているので、今回は 同社の
↓↓の動画なども 参考にさせて頂きました。






動画にもあるように、水で濡らした メラミンスポンジを軽く絞って、
雑巾がけの要領で ガシガシ拭いていきます。


ストーブ3


そうすると 面白いように汚れが浮き出てくるので、
ウエスなどで 水気ごと拭きとります。

その繰り返し。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、↓↓の点線を挟んだ
上半分が みがき終わった方。
下半分が まだ みがいていない方になります。


ストーブ4


全体の汚れを落とすまでには、スポンジは3個消費。
バケツの水は5回くらい交換しました。


ちなみに ウエスに古タオルを使う場合は、切ると ポロポロした繊維クズが
出てきてしまうので、手で裂くのがおススメ。

1cmくらい ハサミでカットしたら、そこを取っ掛かりにして
ビーッと裂いていくと やりやすいです (v^ー°)


で、全体の汚れを落とした様子が こちら。


ストーブ5


あのモヤーッとした黒ずみが、ほぼ 消えているのが
お分かりになりますでしょうか…


でも これだけだと 表面が濡れている&ワックスまで落ちてしまっている
状態なので、まずは 30分ほど、そのまま乾かします。

本当は もっと じっくり乾かした方が良いのかもしれませんが、
息子が寝ている間に 終わらせたいので、仕方ない (>_<)


乾いたら『未晒し蜜ロウワックス』を キッチンスポンジなどに取り、
みがいた部分の床に塗布 → ウエスで拭きとります。


ストーブ6


この缶、新築時に わが家の床全体を塗装して
余った分を頂いたものなんですが、まだまだ無くなりません (笑)。

ワックスまで塗布した状態が こちら。


ストーブ7


無垢床の美しい木目とツヤが、よみがえった様に思います ♪♪
この後また、しばらく乾かしました。

比較対象の為に もう1度、当初の写真も貼っておきますね。


ストーブ8


うん。汚ない (笑)!!!!


綺麗になって 本当に、良かった良かった (*´∀`*)ゞ
これでようやく わが家の冬も終わりました。 ← 5月も末だというのに

この方法、煤汚れに限らず 落ちにくい汚れ全般に使えるので、
無垢床のお宅は ぜひ お試しあれ ♪♪

ってもう、ご存じかもしれませんが ;;


ちなみに 普段のお掃除には、↓↓を4倍希釈した物を
スプレーで 床に シュシュッとしてから、
古タオルを装着した柄付きワイパーで グイグイ拭いてます。


ミスト de ワックス


無垢床のお掃除というと AUROが有名ですが
わが家の塗装が蜜ロウワックスなので、同社の製品が良いのかなーと。

なので、これが発売された時は 嬉しかったです ///
爽快ドラッグにも売ってて良かった (´ω`*)


爽快ドラッグ版


まぁ普段の、といっても月1回程度しかやりませんけどね ;;
いつもは 掃き掃除だけ。

でも これで拭いた後は、木目がくっきりツヤツヤして
ものすごく 部屋のキレイ度が アップする気がします!!


HPを見ると 壁紙や カランのお掃除にも使えるみたいですが、
お安くはない製品なので… 私は、床のみの使用でいいかなぁ…

そういう所には、電解水とかを使います ヾ(´▽`*;)ゝ"



ブログ村テーマ
注文住宅の床


ブログ村テーマ
無垢の素材の家つくり



**********


楽天買い回り、終了しちゃいましたね ;;

結局 父の日ギフトは、有名ブロガーさんが紹介されていた
こちらにしました。


父の日早割 限定辛口セット


6/4まで、早割で 4,200円 → 3,360円になるんですって!!
これは お得 (人´∀`).☆.。.:*・

父の日には いつも お酒を贈っているので、すごく参考になりました ♪♪


他にも色々、私の服とか買ったんですけど
紹介しそびれてしまって ごめんなさい ;;

届いてみて良かった物は、追々ちょっとずつ記事にしていくかもです。



ちょっとしんどい日が続いておりまして、思うように PCに向かえずにおります ;;
↓↓更新の励みになりますので (TωT) クリックして頂けると嬉しいです…



にほんブログ村

にほんブログ村
 
関連記事

category: 設備

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 設備  ペレットストーブ 
tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/268-24ead54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)