20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

たかが「寝るだけ」、されど「寝るだけ」  

イエマガさん で 更新されている “サポーター発口コミ”。

少し前に、ちょうど良いタイミングで「寝室に希望したこと」が 更新されていて
とても 参考になります。よろしければ、合わせて ご覧下さい ♪♪


**********


それでは 寝室・納戸の間取り解説 に 移ります。
まず、完成形は こちら。


寝室間取り


約8畳弱の 部屋の奥に、納戸が 連なっている形になりました。
(納戸については、回を分けて ご説明しますね)


要望書 でにも書いたように、寝室には

セミダブルベッド2台 (or セミダブル+シングル)、サイドテーブル1つが
 置ける広さ。
基本的には、他に 何も置かない


…を 求めていたので、何だかんだ言って 8畳は 必要だと思っていました。

寝るだけなので、過剰な広さは 要らないのですけど
ベッドメイキングのことを考えると、ベッド2台の周囲に 人が通れるくらいの隙間は
空けておきたい派です。私は。


たまに、「寝るだけだから 狭くていい」とのことで
ベッドの大きさ = 部屋の大きさ みたいな寝室を 見かけるのですが…


部屋の大きさ=ベッド
建築家物件に よくある気がする。


あれだと 寝具を交換するときに、すべて マットレスの上に乗って
作業しなくてはならないので、大変じゃないかしらと
余計な心配を してしまうのです (^_^;) (きっと、慣れれば 大丈夫なんでしょう)


後、ベッド下が掃除しにくそう… というのも ありますが、
これは ルンバがあれば、一応 解決できますね。
(拭き掃除は 大変そうだけど)

わが家には 構想時から今まで、残念ながら ルンバが ありませんので ;;
ベッドの足下に 掃除機のノズルを 突っ込むためにも、
ベッドの周囲に 人が通れるくらいの隙間が あったほうが良いのです。


完成した間取りの中に、セミダブルのベッドを 2台と
手持ちのサイドテーブルを 置いてみると、こんな感じ。


ベッド2台


こういう仮定が 気軽に出来るのが、
3Dマイホームデザイナーの ありがたいところですね (*´∀`*)ゞ



ただ、この配置は 1つのパターンにすぎないワケで。

今現在は まだ、ベッドは 1台しかありませんし
ここに もう1人 子供が出来たら、ベビーベッドを置くか
ベッドを1台 増やすかになります。

後者の場合は、ベッド2台を 隙間なく寄せることになるでしょう。


ベッドを寄せる
寄せてみた図。


さらには 後々、子供が巣立った後に 夫婦で 部屋を分けたり
(※ この辺りの流れは 過去記事 を 参照して下さい)
帰省した子供家族に 泊まってもらう部屋として、この寝室を 提供する場合も
あるかもしれません。



私は もともと、枕元に 携帯や ちょっとした小物を置ける棚と
読書灯が 欲しい
と 思っていたのですが…

このように ベッドの配置が 変化していくことを考えると、
造作で 固定棚や 照明を付けてしまうのは、見た目的に ベッドとズレてしまって
よろしくない時期が あるんじゃないかと。


照明がズレる可能性も
ベッドを寄せたら、照明等の位置が 合わなくなる可能性も ??


なので、造作の棚や読書灯は 設置せずに
手持ちの サイドテーブルと、置き型の照明で 対応することにしました。


ちなみに メイン照明自体を「とったらリモコン」で on/off できるように したのも
同様の理由からです。

枕元に スイッチを付ける方法だと、ベッドの位置がズレた場合に
手が届かなくなることもあるので…
(これは 以前にも、どこかで 書いたと思いますが)

あ、もちろん ベッドの位置が確定していて、動かす予定がなければ
枕元に スイッチ設置でも、全然 構わないと思います。

見た目の点から、高機能スイッチを使いたくない方も いらっしゃるでしょうし。



こんな要望も 挙げていました。

・睡眠を妨害されないよう、遮光・遮音を 気にかける
  ∟ 玄関のチャイムや 電話のベル音が、ここには 届かない方がいい


睡眠をとる部屋ですから、これは 自然な要望ですよね。


チャイムや ベル音まで… というのは、ちょっと 神経質すぎる気がしますが
書いた当時は、娘が まだ お昼寝をしていた頃だったので

お昼寝 → 突然のチャイム or 電話の音 → 娘 起きる

みたいなことが 頻発しており ;;
そのたびに「くっそ! くっそおおお!!」と 呻いてたんですよ…

今は むしろ、チャイムや電話は 聞こえなきゃ困ると 思ってます (笑)


でも ドアを開けておけば、1Fまで 室内の物音が 聞こえてくるようにする
 (朝 子供が目覚めたとき、気付かないと困るので)


寝室は 2Fの奥に 位置していて、家の中でも 静かな部屋だと思いますし
でも キッチンとワークスペースの真上 でもあるので、
何かあれば 気付くことは出来そうです。

何気に リビングの上ではないことも、ポイント高いと思う。


2Fトイレの水音が 聞こえにくいようにしたい

この要望についても、トイレとは 水音が聞こえない程度には
離れているので 叶ったかな。
(まぁ、子供部屋1には「ごめん」と言うしかありませんが ;;)


トイレとは離れている



遮光の問題については、ウィンドウトリートメントの性能に
かかってくることも 多いですが。

窓の位置を 高くして、朝日が 直接 顔に当たらないようにする… とか
その辺のことには 気を付けました (゜_゜)

実際に どんな風になったのかは、web内覧会で ご紹介させていただきますね。


その前に 次回は、納戸の間取り解説 です。
(たぶん 短いと思う) ← どうかな…



引き続き、コメント欄は お休みさせていただきます… すみません m(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

関連記事

category: 寝室・納戸

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 間取り  寝室 
tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/232-4a1ad63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)