20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

トイレへの要望  

いろいろと、書きたい記事が 溜まっているのですが…
ちょっと 体調をくずし気味なので、すぐ書けそうな「要望書」の記事にしようと思います ;;

順番から言って、次は トイレですね (*^_^*)


※ 書いた当時の要望なので、今の仕様とは 異なる部分があります。 ご了承下さい。
※ 特に こだわった部分は 太字 で 表記してあります。



トイレへの要望


トイレも 部屋のひとつと考える。 明るく 清潔感のある、気持ちいい空間にしたい。

掃除しやすい
  ∟ タンクレス (溝が少なく 掃除がラク) + 手洗いシンク
   (※ 叶ってません)
  ∟ 手洗いシンクは 水はねしにくいもの & レバー式 (or センサー式) 水栓
   (※ タンクレスが 叶ってないので、自動的に これも不可)
  ∟ 水栓・配管は なるべく壁付にする
  ∟ タンクレス並みの 掃除しやすさを備えていれば、普通の 手洗い付きトイレでもよい
   (その場合、子供は 洗面所で 手を洗う)

  ∟ トイレの配管・コード類は なるべく隠す
  ∟ 横幅を、従来より 少し 広くとりたい (100cmくらい?)。
   (※ これも 叶ってません…)
  ∟ 床には スリッパ以外、何も置かないようにする



・1、2Fの2カ所に 設ける

1Fトイレは 洗面所のそば (子供が 手を洗う場合に備えて。 その他 いろいろと都合が良い)
  ∟ 洗面所と 一体化せず、きっちり分ける
  ∟ 使用音がLDには 聞こえにくいようにする


・2Fトイレは、書庫の本など持ち込んで 籠れるようにする
  ∟ 本・新聞の 一時置き棚を付ける (手を洗うとき 置いておけるように)

  ∟ こちらの手洗いシンクは 洗面も できるくらいの大きさにして、2Fの洗面室を兼ねる
  ∟ 一応、歯ブラシや ヘアメイク用品などを置ける棚を設ける
  ∟ シンク上に コンセントも付けておく

  ∟ 使用音が 主寝室には 聞こえにくいようにする



水・汚れに強い壁/床材
  ∟ 理想は 白タイルの腰壁。 まぁ 拭きやすくて、家の雰囲気に合っていれば 何でもよい
  ∟ 床も タイルがいいけど、CFや ウレタン塗装のフローリングでも可


タイル腰壁例
タイルの腰壁イメージ (愛読誌から お借りしています)


・換気扇がある
・窓がある (くもりガラス)

トイレットペーパーなどの収納スペースが、トイレ内部にある
・便座ブラシ・汚物入れ・除菌シートも 収納内に 入れ込めるようにする



ペーパーホルダーは 指紋が 目立たない素材にする (ツヤツヤの金属は NG)
  ∟ できれば 2連のもの
  ∟ そうでなければ 予備のペーパーは、座っていても手が届くところに 置いておくこと

・ペーパーホルダーに合わせた タオルハンガー
・お客さんが ちょっとした化粧直しも できるように、鏡を付けたい
・扉に トイレサインがあっても 可愛い (※ 諦めました)


Hacoa トイレサイン 倉敷意匠 ドアプレート
トイレサインいろいろ


補助便座が 引っかけられるフック
・踏み台を置いておける スペース


補助便座と踏み台を…
こんな風に、違和感なく 補助便座と 踏み台を置きたい
(とある収納本から お借りしています)



・生理用品は、座ったまま取り出せる & 中身が見えないように置く



・トイレの照明は 素敵なものにした方が、ひとつの部屋という雰囲気が出る

電気の消し忘れを防ぐため、小窓があるドア (引き戸が望ましい)
  ∟ 人感センサーは、じっとしていると消えるそうなので やめる (籠れないので)

・電気のスイッチは トイレの外、ドアの取っ手側に あるといい


**********


とりあえず、こんなところでしょうか。

はじめて 要望書を読んだ夫が「何で、トイレの要望だけで 3ページもあるの!?」と
文句を言っていた頃が 懐かしい… (^_^;)
(実際には 旧居への不満・収納すべき物・イメージ写真などが 加わるので、もっと 長いんです)


今日は 午前:役員会、午後:建具屋さんが来て、
明日は 夫の父母 & 祖父母が 来る予定なのですよー。

パブロン飲んで、もう ひと頑張りしようっと ;;



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
関連記事

category: トイレ

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 要望書  トイレ 
tb: 0   cm: 6

コメント

まめだいふくさんへ

まめだいふくさんも「トイレ籠り族」なんですか (笑)
お仲間だわー (*^_^*)
小部屋なもんで、妙に 落ち着くんですよね… でも 新居では、結局 あんまり 籠ってないですけど。
2Fを まだまだ 活用できてないからでしょうか ;;

そうそう。 人感センサーだと 消し忘れはないけど、籠りたいときに 困るんですよね。
子供も、お腹の調子が悪いときなんかは 籠るので (失礼)、急に 電気が消えたら 泣き出しそうですし。

水曜から 娘が熱を出しまして、結局 週末まで、看病で 家にこもりきりでした ;;
そうなると 親は、寝てもいられず (T_T) ご心配 ありがとうございますー

URL | しましま #SIR.BgG2
2014/06/29 06:08 | edit

要望から「トイレ籠り族」のオーラがムンムンと!
わー親近感♪(よく籠って家族に迷惑がられるワタクシ)

読んでいたら、昔住んでいたマンションは人感センサーだったので、
電気が消える度にセンサーに向かって手を振りかざしていたことを思い出しました。
消し忘れがないのはいいんですけどね…

体調はもう大丈夫でしょうか?
無理なさらないでくださいね。

URL | まめだいふく #6ic8yNKk
2014/06/29 00:23 | edit

ouiさんへ

はじめまして、コメント ありがとうございます ♪♪
そそ そんな… 憧れだなんて ///
いろいろと勿体ない、嬉しすぎるお言葉を どうも ありがとうございますー (´;д;`)
(喜びを噛みしめているところ)

もう、ouiさんの家づくり歴は 1年ほどにもなるのですか!!
それはそれは、ブログ開設 おめでとうございます -☆★
更新は ちょっぴり 大変かもしれませんが、同じ 家づくりブロガーさん達との交流も 楽しいし
自分の思考も整理できるし… で、たくさんのメリットが ありますよね。
ぜひ、頑張って 更新 続けてみて下さい (*^_^*)

すでに チラリと覗かせていただいたのですが、また後ほど 遊びに伺いますね~。
こちらこそ、よろしくお願いいたします!!

URL | しましま #SIR.BgG2
2014/06/24 06:14 | edit

はじめまして

しましま様

はじめましてコメントさせていただきます。
ouiと申します。

最近になり家づくりブログをはじめ、とうとう憧れのしましまさんに
コメントしてしまいます。
家づくりは1年ほど前から始まっていますが、しましまさんの
ブログに出会って家づくりに対する姿勢がすごく変わり、とても読み
やすく、おうちに対して愛情あふれる文章にブログを一気読みして
しまいました。それからも度々お邪魔しています。

記事に全く関係ないコメントですが、ブログをはじめたらしましまさんには
ご報告しなければと勝手に思いコメントしてしまいました。

まだ家づくり真っ最中なのでこれからも愛読させていただきたいと
思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

URL | oui #-
2014/06/23 16:45 | edit

ogiakeさんへ

やっぱり、ogiakeさんは お優しいです~ (ノД`)・゜・。
ありがとうございます…
一昨日 頑張ったら、昨日は ぶり返してしまって ;;
でも 半日寝たら、良くなりました!! 本当、栄養と睡眠が 何よりの特効薬ですね。

トイレに 3Pって、カッコいい通り越して アホですよね (^_^;)
嫌な施主だったら ありゃしない ww
ogiakeさんの設計士さんは、デザイン重視の 強気な方なのかしら ??
たしかに、見た目は プロに任せておいた方が、素敵な物が 出来上がるんですよね。
でも 本人にしか分からない 使い勝手もあるし。 むむ。

ogiakeさんが 信頼されるほどの方だから、きっと 素晴らしい物を造って下さることでしょう。
出来上がってみたら「任せて良かった!」という風に なると良いですね ;;

URL | しましま #SIR.BgG2
2014/06/23 10:32 | edit

お大事になさってくださいね

しましまさんおはようございます。
お体の具合はいかがですか?主婦だって色々と慌ただしくって休んでいるヒマはないですよね。
美味しいもの&爆睡で養生して下さいね。

と、伝えたくて。

それにしても、トイレで要望書が3枚とは、やっぱりカッコイイわぁ~。笑。私なんて、設計士さんに2・3提案したら即却下でした。笑。
設計士さんを信頼しているので“なるようになれ~”という気持ちと、でもでも“生活するのは私だ―”と混沌とした気持ちです。

お大事になさってくださいね。

URL | ogiake #iVEsRi8k
2014/06/23 05:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/187-af87388f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)