20年後も素敵な家

ARTICLE PAGE

09 2014

使いこなしたい… 和室は ある意味「何でも部屋」

右メニューにある「タグ」項目、沢山あったのに
1つ2つしか 表示されなくなってしまいました (@_@) ??

理由は まったく分かりません ;;

記事の末尾には、タグが きちんと 表示されているのですが…
そのうち 戻るのだろうか。


**********


それでは 本題。 お久しぶりの 間取り解説、和室編です (v^ー°)


もともと 和モダンの家を建てると 決めたときから、私の中で
和室」は 絶対に 必要な部屋でした。

旧居 (アパート) にも 和室が ありましたが、LDK続きで
扉で 仕切れる部屋があると、何かと便利♪ ということも 実感していました。

要望書 の冒頭に書いた ↓↓ の一文は、和室があることのメリットについて
私なりに 箇条書きにしたものとも 言えます。


普段は リビング続きの プレイルームとして。 または 着替え部屋として。
洗濯物を たたんだり、アイロンを かけたりする場所として。
日中は 赤ちゃんの昼寝部屋として。 誰かが 風邪を ひいたときは、隔離室として。
夜、子供が小さいうちは 主人の寝床として。 老後は 夫婦の寝室として。


汎用的に使える、間取りの “要” のような部屋に したかったんですね。



そのための要望は 多々 ありましたが、まずは 実際の間取りを ご覧ください (*´∀`*)ゞ


和室 間取り


叶わなかった 主な要望は

・戸を開けておけば、リビングのテレビが 見える (→ 詳細)
・洗面所に 近い
・サンルームに 近い


… ですが、これは 結局「我が家にとっての 最優先事項」では 無かったというか
他の動線を 優先した結果なので、納得しています (´_`。)


サンルーム (室内物干) に近くは ありませんが、晴れの日に 洗濯物を干す
ウッドデッキには 近いので 洗濯物を たたんだり、アイロンを かけたりする場所 という
要望は、叶っていなくもないですし ;;


洗濯動線


この動線については 室内物干の間取り解説 で、すでに ご紹介済みでしたね。
(まぁ 実際のところ、あまり こうやっては 活用してないんですが… ;;)


また、着替え部屋として の動線も ファミリークローゼットの間取り解説
既出していますので、ここでは 割愛させて下さい。



和室を リビング続きの プレイルームとして 活用するのは、
ごく 一般的な方法だと思います。

もちろん 私も、選択肢の一つとして、そうやって使う “つもり” は あるんですが…

どちらかといえば 和室には、プレイルームというより
仮の寝室」として、活躍してもらうことに なりそうです( ´∀`)



■ 日中は 赤ちゃんの昼寝部屋として

くどいようですが、一応 しましま邸は 第2子の出産を前提にして 造られていますので、
LDKと 同じフロアに 扉で仕切れる「お昼寝部屋」が 必須でした。

しかし、そこに オモチャを置いてしまうと、下の子が お昼寝しているとき
上の子が オモチャで遊べない… という事態が 発生します ;;

この辺りの事情は ↓↓ の記事に 詳しく書きましたので、よろしければ ご一読下さい ♪

リビングと和室… その微妙な関係


他にも いくつかの問題点 (※ 上記リンク参照) が 浮上したため、我が家では

リビング = プレイルーム (オモチャを置く)
和室 = 仮の寝室 (オモチャを置かない)、または セカンドプレイルーム


として、主に 使うことにしました。


メインは寝室? プレイルーム?


和室で 遊ぶときは、隣り合ったリビングから オモチャを持ち込んでも
いいですね Σd(´∀`)



■ 子供が小さいうちは 主人の寝床として

ご家庭によって 違うと思いますが、我が家の場合は
子供 & 添い寝担当 (夫婦のどちらか) が 寝る部屋と、残った1人が寝る部屋を 分けています。

その方が お互い、ぐっすり眠れるので ;;
思えば 川の字で寝たのなんて、最初の数か月だけでした (-_-;)

今 現在、主寝室和室 に分かれて 寝ていますが…
子供が 子供部屋で寝るようになると、また 話は 違ってきますね。


■ 誰かが 風邪を ひいたときは、隔離室として

和室を お昼寝部屋、または 添い寝部屋として使うのは、せいぜい 乳幼児期までですが
体調を崩したときなどは、小学生くらいまでは
目の届くところに 寝かせておいたほうが、お互いに 安心かと。


■ 老後は 夫婦の寝室として

今後 年を取って、2Fに 上がるのも億劫になった… なんてときは
和室を 夫婦の寝室にしようと 思っています。

クローゼットが 隣接しているので、使い勝手は いいんじゃないかしら ♪♪


老後の使用法


ただ、そうなると 小上がりなのが 辛いところですね。
段差を削れば イケるかな~ (゜_゜)


それと、要望書には 書いていませんでしたが
子供部屋が 埋まってしまった後は、ここを 客室にすることも 考えられますので

■ 来客用の寝室として

… というのも、付け加えておきましょう。



まぁ このように、いろいろな 和室の使い道を 思い浮かべてみましたが
やっぱり「仮の寝室」なんですよね! 我が家の場合!!

なので なるべく 快適な寝室になるように、光と音の問題 には 気を配ったつもりです。
具体的には 以下の2点。


・リビングに 隣接しているが、引き戸で 仕切ることができる
   ∟ ここの戸は 光や音を通さない、きちんと隠してくれる 戸にする


要望通り、リビングと和室は 引き戸で仕切られていますよね。


板戸で仕切られている


当初 建築家S氏は、ここの戸も 障子にしようと思っていたそうですが
きちんと 光と音を遮ってくれそうな “板戸” に してほしいと、私が お願いしました。

でも、窓辺の隙間から 音が漏れるんじゃ…」という問題も 発生したものの、
何とか かんとか 和室を密閉 (?) することが 出来たのは、過去記事の通りです ;;



それと 今回、私が力説したいのが これ。

・キッチンとは、ある程度 離す

旧アパート時代に 痛感してたことなんですが…
和室 = 寝室 として使っている場合、そこが キッチンに近いと 水・物音が響いて、
睡眠を 妨げるんですよねぇぇー!! (ノД`)・゜・。

子供の お昼寝中に 家事をしたくても、その水音で 子供が目覚めちゃう。
そんなことが 日常茶飯事でした ;;


ましてや、客室として お客様を泊めた 翌朝なんて…

「お客様が寝ている間に、朝ごはんの支度をしようかしら♪」なんてときも
お客様、起きちゃいます m(_ _)m

女性の方だと、キッチンで物音がしたら『手伝わなきゃ!』なんて
思わせてしまうかもですし~。

なので、とにかく キッチンからは 離したかったんですね。


でも 一応… 和室には プレイルーム としての役割も 持たせたかったので、

戸を開けていれば キッチンから 室内が見渡せるが、閉めているときは
キッチンからの物音が 聞こえないくらいの位置関係


という、中立な感じで お願いしました ;;


キッチンとは離す!


その結果として、こういう間取りに なったワケです (^_^;)

正直、まったく 音が聞こえないというのは 無理だろうな~ と 思いましたが、
たとえば 和室の引き戸 + ダイニングの引き戸も 閉めれば
2重の防音壁 に なりますし、案外 イケる気も していましたっけ。


水音をガードせよ


実際の防音効果は、web内覧会にて!!



んんん… 間取りについては、こんなところでしょうか。
要望書 の時点で 気付いては いましたが、既出引用が多くて 申し訳ありませんでした ;;

次回は もう少し、和室自体の細部について お話しするべきか…
それとも 内覧会に いっちゃおうか、迷ってます ;;

どちらにせよ、分かりやすく お伝えできるよう 頑張りまっす (>_<)



ランキングに 参加させていただいてます (o^-^o)
よろしければ 足跡代わりに、下のバナーを クリックして下さると うれしいです ♪♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

関連記事

和室 間取り

8 Comments

しましま  

tomoさんへ

はじめまして、コメント ありがとうございます ♪♪
それはもう… 業者さんに ドン引きされるほど、いろいろと考えた間取りなので
お褒めいただいて 本当に うれしいです (ノД`)・゜・。

tomoさんは、すでに ご新居を建築中なのですね!!
おめでとうございます (*^_^*)

対面キッチンを あえて 避ける方の気持ちも、分かりますよ~。
料理に 集中できたり、外の景色を眺められたり… いい点が いっぱい ありますものね。
ご自分に 一番 合った間取りを選択できたら、それが ベストだと思います。

また後ほど、tomoさんのブログにも 遊びに行かせて下さいね!!

2014/03/13 (Thu) 07:11 | EDIT | REPLY |   

しましま  

casa*さんへ

casa*さん、お久しぶりですー!!
慌てて 記事の方も 読みに行っちゃいましたが、新しい ご家族とな!!
やーん おめでとうございます -☆★

小さいお子さんがいると、以前とは 生活パターンも ガラリと変わりますものね ;;
その辺で、何か 後悔される部分が あったのかな ??
まぁ 長い目で見れば、子供が小さいのは 一時的な事なんですけど…
その数年が 一番 長く 家に居るので、いろいろと 気付かされることも多いんですよね。
(なんて、違う理由だったら すみません)

casa*さんの お家は、すっごく素敵ですから!!
多少の不便は、きっと 工夫次第で 何とかなりますよ~ ♪♪

2014/03/13 (Thu) 06:59 | EDIT | REPLY |   

tomo  

はじめまして。ブログランキングからきました。

キッチンから、すべての部屋が見渡せたり
水回りの音が聞こえにくくするなど、よく考えられた
間取りでとても参考になりました。

ただ残念なのが、現在すでに建築中なので
この間取りを参考にすることができないことです。

私たちの家の場合は対面キッチンを
妻が嫌がったのでこの間取りをそのまま使えませんが
ドアの仕切りなんかは改築などをすることがあったら
検討したいと思いました。

2014/03/13 (Thu) 00:35 | EDIT | REPLY |   

casa*  

ご無沙汰しています(^^;)

リビング続きの和室、私も敷地が許すなら欲しかった~
しましま家に住みたいとまたまた思いました。
多様に変化する部屋は、計画段階からの要望とシュミレーションが
ばっちりだったからなんだろうなぁ。
私も考えていたつもりが、今となっては浅かった・・・と思うこと
多々あるんですよ(涙)
あぁ、もう一度建てたい。。

2014/03/12 (Wed) 11:59 | EDIT | REPLY |   

しましま  

みいやんさんへ

リビング続きの和室って オーソドックスな間取りですけど、それだけに 使い勝手は良いですよね!!
間違いない 組み合わせだと思います (*^_^*)

みいやんさんちは、和室 = 主寝室なんですね。
ウチも 寝室とクローゼットは 分けましたが、これは 正解でしたよ~ ♪♪

で、キッチンとの間に リビングを挟むと。
たぶん 少しは、音が響くかもしれませんが… 小さい子や お客様相手で無ければ
そんなに 気にすることもないかと思います。
たとえば 私は、キッチンの音で 夫が目覚めたところで 何も気にしません (ひどい)!!
後は みいやんさんの旦那様が、音に 敏感な方かどうかにも よりますね ;;

みいやんさんちの和室は 絶対に 私好みだと思うので、拝見する日が 待ち遠しいです (人´∀`)

2014/03/10 (Mon) 13:47 | EDIT | REPLY |   

しましま  

roseさんへ

やっぱり、和室を造るのって 色々な使い方を したいからだよね。
寝ても立っても 座っても使える、畳という フレキシブルな床が あってこその物だね!!
ビバ畳~♪♪ o(^-^)o

確かに 今後、赤ちゃんを産む予定が無ければ、もう少し 違った造りに してたかも。
でも「家族の移り変わりにも 対応できる家」を 目指してるから、やっぱり このままだったかなぁ…

里帰り出産とか、先のことすぎて イメージわかない ww
小上がりの角は 防護クッションとか貼れば、どうとでもなる気が するよ (*^_^*)
そういう 幸せな未来の妄想は 楽しいね~ ♪♪

2014/03/10 (Mon) 13:32 | EDIT | REPLY |   

みいやん  

和室の説明、あらためて参考になりました。

私は展示場のモデルで見た「和室とリビングの続き」が感覚的に気に入って、自分が建てるときもこうする!と特に深く考えずに決めたんですよ。
でもしましまさんが説明をしてくださっているのを見て、メリットがたくさん見えてきたので喜んでいます。

しましまさんが挙げられている中では、音についてすごく気になってます。
うちは主寝室として使用する予定なので、そのためにクローゼットを別部屋にしてもらいました。しましまさんがおっしゃるように朝の支度音などで起こされるのが嫌なので…。

でもキッチンについては特に考えておりませんでした(汗
たまたま、しましまさんの間取りのようにリビングを挟んでいるので二重の壁には及びませんが、少しはマシかなぁ…。
web内覧会での報告をドキドキしながら待ってます^-^;


2014/03/09 (Sun) 23:30 | EDIT | REPLY |   

rose  

万能な和室、和室には色々と求めたくなるよね!!
わが家も、和室には色んな機能をもたせたけど、
今後出産予定があるのと、既に産みきってないのとでは、役割もだいぶ違ってくるんだね。

わが家はもう赤ちゃんは想定していないから、何十年後かに子どもが里帰り出産で滞在したら大変かも(笑) 特に、小上がり部分の角が危険(^^;)
↑前もそういう、孫話のコメントしたっけw。しましまさんちは、娘ちゃんが里帰りしても大丈夫そうね♪
それと、キッチンから見えるけど、距離があるのは良いね~!内覧会、楽しみにしてるよ(^^)/

2014/03/09 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment