20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

二人の建築家 3  

いろいろなことを考えすぎて、疲れて寝込んでいる私に 夫が話しかけてきました。

夫:「俺だったら、Bさんには頼まないね」
私:「そう言うと思ってたよ…」

あーもう。 これじゃ、C社のときと同じじゃないかー (T_T)
どうしよう、建築家選び… と思っていた次の瞬間、夫の口から衝撃の一言が!!

夫:「でも、今日いた もう1人の建築家の人の作品は良かったな~。
   Sさん だっけ。 ああいう家なら住んでみたい」

なんですと!!?

今まで、家づくりの内容には あまり興味のなかった夫。
私が いろいろな展示場や見学会を連れまわして、
なんとか 「シンプルな木の家」 がいい! というところまでは洗脳 (汗) したものの、
どちらかと言えば 『和』 より 『北欧』 風が好みだったようなんです。

私なんかは、B氏の作品が持つ 『どこか懐かしい感じ』 や
『やや濃いめの木の色』 が好きだったんですけど、
夫にしてみたら そのレトロっぽい感じが気に入らないらしくて…

せっかくの新築なのに、わざわざ古く見せるなんて嫌だ」 って言うんですよね。
(人の好みって、ホント、いろいろですよね…)

今日見た S氏の作品は、ごくシンプルな感じ。
さりげなく 障子や格子戸を使っていて、和モダン寄りではあるものの、
木の色が明るいので重くない。

いかにも新築らしい、清々しい雰囲気が、夫の好みにクリーンヒット☆ だったようです。

私も もともと、Tさんが見せてくれた資料で S氏の作品には好感を持っていました。
つまり、ちょうど 夫と私の好みの 「中間」 が S氏の作品だったんです。

しかも 今日お会いした感じでは、いかにも穏やかで 優しそうな印象だったS氏。
あの人なら、私の100ページの要望も受けとめてくれるかも…??

夫の 『芸術家は苦手』 センサーも発動しなかったみたいだし!!
(このセンサー、本当に意味が分からん)

何より はじめて、家づくりにおいて 夫婦の意見が一致したんです! やったー!!
これはもう… とにかく S氏と再度会うしかない! という結論に至りました。



数日後、面談の結果を聞くため電話してきた Tさんに、
申し訳ないけれど B氏にはお願いせず、S氏と もう1度会ってみたいと お話ししました。
Tさんは少し ビックリしたようでしたが (ですよね…)、理由を聞いて

T:「なるほど。 そういうことだったら、Sさんは いいと思いますよ。
   うん。 一番いいかもしれない」

施主の要望に 柔軟に対応してくれる という点では、
A社が提携している建築家の中で 一番だというのです。 やっぱり!? (*^-^)

T:「じゃあ Sさんにも予定を聞いて、また お会いできるようにしますね。
   いつ頃がいいですか?」

私:「えーと。 やっぱり、要望書が出来てから (しつこい) ってことで、12月始めくらいで…」

このやりとりをしたのが 10月の終わり頃でしたから、
実際には約1ヶ月後に、私たちはS氏と面談することになります。


す、すみません… つづきます。



ほとんど最後まで書いてたんですけど、あまりにも長くなったんで 分けることにしました… (汗)
次回は いよいよ 「二人の建築家」 最終回&長かった序章も終わりです~ (^^)
その後は、お家についての具体的なことを書いていこうと思っていますので、お楽しみに ☆★


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

関連記事
スポンサーサイト

category: 工務店・建築家

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/15-f58fe4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)