20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

二人の建築家 1  

土地が決まったら 「さぁ、次は建築家選び!」 という話の流れになるんですが、
できればその前に、私には やっておきたいことがありました。

それは… 要望書の編集。

後日 100ページの 感動・超大作 (?) となる この要望書ですが、
この時点ではまだ 単なるデータの寄せ集めにすぎませんでした。

口下手な私が 建築家の方々と面談する際に、
つくりたいのは、こういう家なんです!」 バーン!! … と説明するためには、
事前に 要望書を完成させておいた方がいいと思ったんです。



そんなワケで 「本格的に建築家を選ぶ前に、2ヶ月ほど時間を下さい」 と
Tさんに お願いして、夜な夜な要望書の編集に励んでいた 10月頃のこと。

Tさんから 1本の電話がかかってきました。

T:「しましまさん。 今度うちが開催する 『家づくり説明会』 にいらっしゃいませんか?
   たくさんの建築家と会える、いいチャンスですよ」

えーと。 土地探しのとき と似たようなパターンだな (-_-;)

私:「でも、まだ要望書も出来てないですし…」

T:「面談とまでは行かなくても、実際に会ってみると、いろいろと分かることがありますよ。
   その人の考え方とか、自分たちと相性が良い・悪いとか」

詳しく 聞いてみると 『家づくり説明会』 とは、A社が提携している建築家数名が
2人ずつ 日替わりでペアを組んで、自分たちの過去の作品を紹介したり
現在 A社で家づくりを考えている家族からの質問に答えたりする、というイベントでした。

確かに、わざわざ個別の面談をセッティングしてもらうより
気楽に会えるし、面白そうかも…

私:「やっぱり 参加します (*´∀`*)← 変わり身はやい

T:「ありがとうございます。 しましまさんが参加されるなら、
   Bさんが出る日がいいですよね?」

B氏。 その名前を聞いただけで、自分が緊張してくるのが分かりました。

B氏とは、私が A社に家づくりをお願いするきっかけとなった
ひとめぼれした家を設計しただけでなく、憧れの雑誌 『住む。』 に
何度か掲載された履歴をもつ、私の第1希望の建築家です。

(参考記事: 『工務店を決めるまで 3』 )

4日間にわたる 『家づくり説明会』 のうち、B氏が出演するのは2日。
じゃあ その日で、と ブルブルしながら告げると

T:「せっかくなんで、説明会の後に Bさんと個別に話せる席も設けましょうか?」

そ、それは まだ早い!! と思いつつも、なぜか私の口は
お願いします」 と言ってしまいました。
Σ個別の面談は、要望書が出来てからじゃーなかったのか??

B氏の事務所が ○○市から かなり遠いことを知っていたので、
この機会を逃したら なかなか会えないかも… と思ったんです;



とんとん拍子に話は進み、10月某日。

B氏と もう1人の建築家の方を迎えての、A社の 『家づくり説明会』 の席に
緊張した私&いまいち やる気のない夫は座っていました。
(娘は、私の母と一緒にお留守番)

A社の事務所 兼 製材所は、これも建築家が設計したというだけあって
立地に似合わない (周り、畑だらけ…) オシャレな建物です。

そして 資料が配られ、まずは B氏のプレゼンが始まりました……

つづく。


クリックするものが多すぎかな? と思い 「拍手」 ボタンを撤去させていただきました。
今まで拍手して下さった方々、本当に ありがとうございました!! (^^)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

関連記事

category: 工務店・建築家

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

コメント

鍵コメJさんへ

2度目のコメント ありがとうございます ♪♪
あれから ずっと 読んで下さっているのですね~ うれしいです (*^_^*)

申し訳ないんですが、私 ラインは やっていないんですよね…
今どき どうなんだって話ですが ;;
もし 工務店さんのことなど、非公開にすべき内容で ご質問がある場合は
お手数ですが、このコメント欄に 鍵コメで 質問内容 & JさんのPCメールアドレス を 書き込んでいただければ
そちらの方に 返信させていただきます o(^-^)o
すでに 載せていただいている 携帯アドレス (?) の方が よろしければ、そちらでも構いません。
(ただし 長文になる恐れが あります)

ちなみに 私は 新潟県在住なので、工務店さんも建築家さんも 新潟の方ばかりです。
その辺りも 踏まえた上で、ご検討くださいませ ♪♪

URL | しましま #SIR.BgG2
2014/05/06 12:23 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/05/05 23:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimashima790.blog.fc2.com/tb.php/13-544ac647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)