20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

web内覧会 階段2:ひそかに、船舶を意識した照明など  

先日、娘の園では 歩き遠足 がありました。

ここ 10日ほどの間に 運動会と、お芋ほりも あったのにね ;;
園児も 忙しいですね (^_^;)


遠足弁当
いつも 似たような感じになってしまう お弁当


来月は 文化祭もあるし、私 (役員) も 頑張らなくては…


**********


お待たせしました、階段の内覧会 の 続きです!!
今までの記事は こちら。

階段への要望
見上げれば天窓、見下ろせば… 階段下収納を使い切れ!!
web内覧会 階段1:思いがけない落とし穴 & 下2段の正体


間取りのおさらいは こちら。


1F階段 間取り 
1F バージョン


2F階段 間取り2
2F バージョン



前回 ご紹介した、上り口から とんとんと 上がっていきますと…


階段2


踊り場の上にある 天窓 が 見えてきます。
(※ 天窓を付けた 詳しい 経緯については、過去記事 を ご覧ください)


階段18


カメラの腕が悪くて、どうしても 逆光になってしまいますね~ ;;
すみません m(_ _)m

踊り場から見上げると こんな感じ。


階段15


階段の天井については、2F フリースペースと 高さを揃えて 平らにするか?
(その場合 天窓だけを、深く 彫り込むような形になる)

それとも 階段だけを 勾配天井にするか? で 少し迷いましたが、
少しでも 高さを感じたくて、勾配天井を 選びました。

わが家には 吹き抜けが ありませんので…
階段は 唯一 “吹き抜け気分” を味わえる、貴重な場所なのです (*´∀`*)ゞ



窓自体は 旧トステム (現 LIXIL) の製品。

基本的に、わが家のサッシは ほぼ YKK製なんですけど
天窓だけは どうしても、この『アクアコート』仕上げに してみたくて!!


アクアコート1


これは、ガラスの表面に 施された「アクアコート層」の おかげで
雨水が ガラスと汚れの間に入り込み、洗い流してくれるという 優れモノです。

掃除を諦めた 天窓でしたが… これなら 少なくとも 外側だけ は、
勝手に 清掃されるということになりますね ♪♪


アクアコート2
※ 画像は HPより お借りしています


で、実際の効果のほどは… 例によって よく分からないのですが、
たしかに「汚れている」と感じたことは ありません。

汚れが目立たないよう、型ガラスにしたのも 良かったのかも ??



このように、見た目の点でも 明るさの点でも、非常に満足している 天窓ですけど
ただ1つの難点は 夏、暑い ことでしょうか(´・ω・`)

北側の天窓と 思っていましたが、どうも 少~し 西側にも
かかっていたみたいで ;;


別に 窓の真下が熱くなるとか、そういうことは 無いんですけどね。
真夏になると 2F全体が モワ~ としてます (苦笑)

それ以外の季節は、非常に 快適です!!



踊り場はというと、こんな感じ。


階段19


約1畳ほどのスペースが、真っ平らに なっています。

実際に 見てみると、どうということも 無いんですが… ヾ(´▽`*;)ゝ"
折り返し地点が 平らなのは、やはり 歩きやすいですね。


段の部分が ベニヤ貼りなのに対して、ここだけは 居室と同じ
無垢の樺桜 が 貼られています ♪♪


ここの下は、何度も書いたように ファミリークローゼット側から使える
衣類収納に なっていますし…


踊り場の下は衣類収納


踊り場自体も、ゆくゆくは 洗濯した 子供の衣類の一時置き場 として
活用したいと 思っています。



ここで 180°折り返して、


階段20


2Fへと 繋がる造り。


階段21


階段の間の 壁を低く… というのも、見て お分かりいただけるかと思います。
綺麗に、手すりに沿った 高さになっていますね o(^-^)o

2Fから 身を乗り出してみると、私が望んでいた “回廊感” も
何となく 体感できますよ (笑)


階段14



2Fからの下り口の 左右にも、しっかりとした 壁があるので
既製品のベビーゲートを いつでも 設置できそうです ♪♪


階段4


その右手にある窓も、手が届きやすい高さ。


階段5


外には すぐ隣のアパートが 面しているので、視線が合うのを 防ぐために
ここも 型ガラスにしています。

ウインドウトリートメントも 要らないし、いいですよね~ 型ガラス!! ヽ(・∀・)ノ


とはいえ 窓を開けると、バッチリ お隣が見えてしまうのですが…

ここは 廊下みたいな物ですし、居室と違って ずっと居る場所では ないので、
あまり 気にしないことにしました -☆★



最後に、照明について。

メイン照明としては、踊り場の横に 壁付照明を1つ 設けてあります。
(当たり前ですが 吹き抜けなので、天井付にしちゃうと 手が届かない)


階段27


物自体は R不動産 toolbox で 購入した、『船舶照明 デッキライトシルバー』。
いわゆる マリンランプですね。


真鍮マリンランプ デッキライト1号 シルバー
※ 楽天でも 売ってます。 今は LEDタイプも あり。


私の手が ラクに届くくらいの高さに 設置してあるので、
お掃除や 電球の交換も 簡単に出来ます。


階段25


何より素敵なのが… 夜に 点灯したときの、この影 ♪♪


階段28


家の中でも、あっという間に漂う 海のロマン (言い過ぎ)


これに合わせてというワケでは 無いのですが、フットライトには
まるで 潜水艦の窓のように見える
マックスレイの『MB5479-01』を 採用してみました。


マックスレイ MB5479-01


これは 設計当時、私が憧れていた、とある ブロガーさんのお宅を
マネさせていただいた物です。

本来の用途は ブラケットなのですが、取り付け位置を 低くして
パナソニックの人感センサー『かってにスイッチ』と 組み合わせることで、
フットライトのように 使っています (*^-^)


かってにスイッチ


普段は あまり 目立ちませんが、点灯すると ポッポッと
まぁるい灯りが 並ぶ感じが 可愛いのですよ ///


階段3 階段22
消灯時 / 点灯時


階段の上半分に 2灯、下半分に 2灯と、計4灯も 設けているので
フットライトだけでも けっこう 明るくなります。


階段29
夜、フットライトだけを 点けた図


これだけでも 充分、階段の上り下りくらいは 可能ですね Σd(´∀`)



ちなみに 階段の照明・スイッチの配置図は こちら。


2F照明 配置図


階段の上り口と 下り口、両方に メイン照明のスイッチと
フットライトのセンサーを 付けました。

上の図だと、1Fのスイッチ&センサーが 分かりにくいかもしれませんが ;;
写真だと こうです。


階段31
1F 上り口


階段30
2F下り口 (※ 上半分は フリースペース照明の スイッチ)


基本的なことでは ありますが、これで
上る (下りる) 前に 点けて ⇒ 上がったら (下りたら) 消す
ことが 可能になりました。


このセンサーが とても 感度が良くて、数歩 離れたところからでも
感知してくれるので 助かっています ♪♪


トイレに行くだけでも…


まぁ、リビングから トイレに行くだけでも 点いてしまうのですが…
そこは ご愛嬌ということで ww
(廊下照明の 代わりになって良い、くらいに 思っている)


*********


こんなところでしょうか。
また後で、思いついたことがあったら 加筆するかもしれません ;;
※ 2014.10.02 加筆修正しました。


トラコミュ
WEB内覧会*階段



引き続き、コメント欄は 閉じさせていただきます。 申し訳ないです m(_ _)m
ご質問等 ありましたら、過去記事に お寄せください ♪♪


■ 朝ドラ感想

いや~、いいじゃないですか マッサン。 はやくもハマりかけですよ!!

エリーちゃんは 悶絶の可愛さだし、マサハル~も 彼女を大切にしてる感じが いい (人´∀`).☆.。.:*・
どっかの悠さんとは エラい違いだよ ww

ピン子さんにも ドキドキしていましたが、和枝姉さんに比べたら 100倍優しいので、
けっこう 安心して見ていられます。 理不尽なことは しなさそう。

和枝姉さんだったら、今頃 周囲の親戚に 根回しの手紙 (悪口) を送った上で
エリーの荷物を スコットランドに送り返すくらいのことしてるからね。

あ~ 朝ドラが楽しいと、朝が 待ち遠しいな!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーサイト

category: 階段

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: web内覧会  階段  照明 
tb: 0   cm: --

web内覧会 階段1:思いがけない落とし穴 & 下2段の正体  

イエマガさんでの連載、更新されています (*^-^*)


kodawari_mama02.jpg


実は 今回から、マイホームデザイナーによる わが家の3Dデータを
編集部に お送りしているんですが…

それを、編集長さんが 絶妙な角度で 高画質レンダリング して下さった画像が
とても素晴らしいので、ぜひ ご一読ください ♪♪


**********


ではでは、本編の方は 階段の内覧会 に 入りたいと思います。
今までの関連記事は こちら。

階段への要望
見上げれば天窓、見下ろせば… 階段下収納を使い切れ!!


正式な間取り図は こちら。 これは 1Fバージョン。


1F階段 間取り


2Fバージョンの方が、分かりやすいかもしれません。


2F階段 間取り



1Fから 見上げてみた写真。
ごく 一般的な幅の、普通の階段ですね ;;


階段2


本当は 幅が広くて、1段1段が ゆったりとした階段に 憧れていたのですが
面積の都合で さすがに 叶いませんでした。


天窓は、さすが 普通の窓の3倍の明るさ と言われているだけあって、
北向きとはいえ いつも明るいです。

夏頃なんて、この一角だけ 燦々と輝いていて…
まるで 住居内に 路地裏 (というか、外の空間) が出現したようでしたよ ;;


階段1
夏頃の光景


踏板と蹴込みは、厚みは違えど 同じシナベニヤ。


階段7


過去記事 でも お話ししたように、本当は 壁と同じ、白い蹴込み が良かったんです ;;
その方が スッキリ、軽やかに見えるなぁと 思っていて。

なのに、気づいたときには ベニヤ貼りに… (´_`。)


階段の内装が 仕上がってきたのは、工事も ごく 終盤の頃で
その頃は もう Tさんではなく、頼りになる 現場監督 が 仕切ってくれていました。

もちろん、即 監督に「要望書には “蹴込みは白” と 書きましたよね」と
モノ申しに行ったんですが ;;


監:「え、そうなんですか!?


ここで 私、気づきました。 現場監督は、Tさんからの 引き継ぎの際に
工事中のやり取りは すべて読んでくれているけど
要望書は 読んでいないんだと。

だって 私が要望書を渡したのは、S氏と Tさんだけ…

そして 両氏とも、今は 現場に ノータッチ -☆★
(この辺りの 詳しい事情は、カテゴリ “業者” “現場日記” を ご覧下さい)


はぁぁぁ… という脱力感が 私を襲いましたが、
それに関して 現場監督を責める気には、さすがに なれず。
(悪いのは Tさんだから!!)


監督は「今からでも、白くしましょうか」と 言って下さったのですけど

でも、蹴込みは スリッパやら 足先やらが 当たりますから、
 白いと 汚れが目立ちますよ


という 彼の意見も もっともだと思ったので、そのままで 行くことにしました ;;
ベニヤの色が 明るいせいか、そんなに 嫌じゃなかったし。



踏板の端には、3本線の すべり止めが彫り込まれています。


階段10


デザイン的にも うるさくないし、ゴミが溜まらない程度の 浅い彫りだし…
これは 私も 気に入っています (v^ー°)


蹴込みのことを 言いにいった際、巾木の施工は まだでしたから、ついでに
巾木の仕様って どうなってます?」と 聞いてみたところ

監:「階段の巾木はね、付けない予定なんです

と 言われました。


うーん。 確かに 私も、壁が 漆喰の予定だった頃は
巾木は無しで!! と 思ってたけど。


蹴込みが白2
※ イメージ。 再度、画像を お借りしています


でも… 減額の為に クロス仕上げになったので、掃除機の当たりや
後々、端が めくれてくることなんかを考えると
やっぱり 巾木は あった方がいいんですよね (-_-;)


ただ、単純に 好みの問題なのですが…
階段に沿って イナズマ型に 巾木が付くのが、私は あまり 好きではなく ;;
(巾木納めというそう。 キレイなんですけどね)


巾木納め
※ イメージ。 とある モデルハウスの画像を お借りしています


いろいろ 考えた末に、「踏板の部分にだけ 巾木を付けて下さい」と
お願いしました。 それが こちら。


階段11


まぁ、掃除機のヘッドが 当たるとしたら、踏板部分の巾木だけなのでね。

デザイン的に どうなんだろ? と 思わなくもないのですが、
とりあえず ジグザグ巾木が避けられただけでも、私は 満足です (*^-^*)



しかし、モノ申しが 間に合わなかった箇所が、もう1つだけ ありました…
それは 手すり。

えーと、要望書では『手触りが良く、握りやすい物がいい』って
書いてあるんですけどね!?


階段13


すっごい普通の手すりが、気づいたら 付いてたよーー (´;д;`) !!

だって 仕方ない。
現場監督は、要望書を 読んでないんだもん…


監:「そうだったんですか~。 でも、この手すりも シュッとしてて
   この家の雰囲気に 合ってると思いますけど



監督が、これに関しては「替えましょうか?」と 言ってくれなかったということは
交換は 難しいんだろうな、と 悟らざるを得ず。
(この頃 現場は、そりゃもう 怒涛の進行具合だったのです ;;)

涙を呑んで、この手すりを 受け入れたのでした (ノД`)・゜・。


確かに、見た目は 嫌いじゃないんです…
カクカクしてるし シャープだし。


階段12


ただ、握りやすいか? っていうと、もう 全然ダメ。
この 太いカクカクが、手に当たって フィットしないというか ;;


私の理想は、ヨンさんち のような 八角棒 ♪♪


ヨンさんちの手すり♪
※ ヨンさん、写真 ありがとうございました~!!


または、手に馴染むように 上部分が カマボコ型になってるのとかも
良いですよねぇ (人´∀`).☆.。.:*・

手すりの握り心地に こだわってらっしゃる お宅を見ると、
や、やるな…!!」と 思ってしまいます。



ちなみに、手すりを 左右どちらに付けるか? と いうことについて
要望書 では いろいろ言っていましたが…

外側の壁に 付けるよりは、内側の壁に 付けた方が
長さも わずかで済む & 見た目にも スッキリするので、それで お願いしました。


手すり配置図


本当は、上るときも 下りるときも 利き手で握りたいから、
両側に付けられれば 最高なんですけどね。

通路の幅も 普通になってしまったし、わが家には 贅沢かな~ ということで
いつの間にか 諦めちゃいました ;;

上下2本案も 然り。



ああ、いつの間にか 長くなってきてしまった…

先回から 引っ張っている、アレ を ご紹介して、今回は 終わりにいたしましょう。
階段の下2段は 何に使ったのか? っていう アレね。


階段下収納分類


実際の写真は こちら。


階段9


下2段だけ 蹴込みが無く、いわゆる スケルトン状態になっているのが
お分かりでしょうか。

そして、その奥の壁には コンセントが チラリと…


階段8


ここには いつの日か、頼れるアイツを お迎えする予定なのです。


白ルンバ


そう、正解は… ルンバ基地でした!!

掃除用具入れから追い出された ルンバ基地 は、こんなところに
移ってきていたんですね ヽ(・∀・)ノ



今は まだ、ルンバちゃんを お迎えする目途は 立っていませんが ;;

ここを スケルトンにしたことで、多少なりとも
廊下が 長く見えるので、視覚的にも 広く感じるように思います。

やって良かった ♪♪


トラコミュ
マイホームの収納計画



では、せっかくの内覧会なので… 写真にて、各収納を ふり返ってみましょう ヽ(*’-^*)


階段下収納分類2


1Fトイレ下


階段下1


ファミリークローゼット & トランク・家電置き場


階段下2


リビングテーブル収納


階段下3


そして、今日 ご紹介した ルンバ基地!! でした。
はぁ~ 満足満足 ヾ(*´∀`*)ノ゛



って 気づいたら、全然 階段全体の写真を お送りできてないですね…
本当に すみません ;;

次回は 踊り場より上 & 照明 & 天窓 について ご紹介させていただいて、
たぶんそれで 階段は 終わりかと思います。


トラコミュ
WEB内覧会*階段




更新のない間も たくさんのクリックを、本当に ありがとうございます ♪♪
ブログを続ける 励みになってます o(^∇^)o

週末は もう、楽天の買い回りかぁ… どど、どうしようかな…


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

category: 階段

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: web内覧会  階段 

見上げれば天窓、見下ろせば… 階段下収納を使い切れ!!  

では、前回の記事 から 階段の “間取り” に関することを ピックアップして、
1つずつ 読み解いていきましょう。


■ 居室と 一体化しない。 きちんと 扉で仕切る (冷暖房効率のため)

これは もう… 何よりの優先事項でした (^_^;)

薪ストーブ (手間が かかりすぎる) や 全館空調 (費用が かかりすぎる) を 諦めた時点で、
わが家の間取りから『リビング階段』という選択肢は 消えたのです。


ハイ、消えた!!
※ 思いつきを 画像にするのは やめましょう


いわゆる 高機密・高断熱といった類の家でも ありませんでしたから、
夏涼しく 冬暖かい という要望を満たすには
階段の前に 扉を設けて、居室と分離させるのが 一番!!


何度か お目にかけていますが、実際の間取りは こちら。


階段 間取り1


希望通り LDKとは、引き込み戸で 隔てられています。

また、階段を含む廊下が LDKとトイレの間の 防音クッションになっていることは、
過去記事 で 解説した通りです o(^-^)o


私は どちらかというと「廊下には 面積を使いたくない」派の人間ですが
あったらあったで、やはり 便利なことも あるものですね。

ここと 洗面室・脱衣室を横切る通路とが、実質 “我が家の廊下” と 言えます。


実質的な廊下



どどーんと 吹き抜けがあって、リビング階段で 1Fと2Fが繋がって… という
間取りにも、内心 とても 憧れるのですが…

先に挙げた 冷暖房効率 や、音の問題 などを 考え合わせると
わが家の場合、現実的では ありませんでした ;;

(※ この辺りの考え方は 本当に、ご家庭によって 違うと思います)


でも、だからこそ!!
人が 家を出入りする気配は、きちんと 分かるようにしたかったので

玄関 → 階段 → 2F自室 ではなく
玄関 → LDK → 階段 → 2F自室 という動線を 整えたのです。


LDKを通らなければ…


これについても 過去記事 で、すでに ご紹介済みでしたね (v^ー°)



■ 転落事故 防止のため、折れ階段
■ 踊り場は 真っ平らがいい (三角の踏板は 怖い)


万が一、階段で 足を踏み外した場合、直線よりも 折れ階段の方が
転がり落ちる途中で 止まってくれるから 安全です。

L字型 よりは コの字型 が好み。


L字型とコの字型


さらに 贅沢を言わせてもらえば、折り返しの部分が 三角の踏板ではなく、
真っ平らな『踊り場』になっていたら 最高!! (*´∀`*)


平らな踊り場


三角の踏板は 安全面で「足を乗せにくそう」というのも ありますが…
掃除機も、ちょっと かけにくそうなイメージが あります。


とはいえ、これらの要望を すべて叶えようとすると、面積を喰う のが
分かり切っていますから ;;

間取りの都合によっては、ある程度 妥協するのも 仕方ないと思っていました。


が… 建築家 S氏が、階段下を “ファミリークローゼット側から使う” という
省スペースで 実用的な間取りを 提案して下さったおかげで、
これが何と、実現しそうな光が 見えてきたんです!! ヾ(*´∀`*)ノ゛


ファミリークローゼット側から…


憧れの コの字型 & 真っ平らな踊り場 の階段 ♪♪

ファミリークローゼットの項 でも ご紹介したように、この踊り場部分は
子供のための 衣類置き場になっているので
平らなことが むしろ使いやすく、下から見ても 美しいです。



■ コの字型の場合、内側部分を 壁には したくない

これ、分かりにくいかもしれませんが…

コの字に 回り込む際の、内側の部分 (赤線)天井までの壁には したくない
という意味です ヾ(´▽`*;)ゝ"


コの字の内側


階段を 上から見下ろしたとき、回りながら 下へと続いていくのが
一望できるのが 好きなんですよ。

何だろう、回廊みたいな感じといいますか…


回廊のように
※ 画像は 愛読誌から お借りしています


内側が 天井までの壁になっていると、どうしても 視線が遮られてしまって
階段を見わたすことが 出来なくなってしまうので。

とはいえ 手すりを付ける都合なんかも ありますから、
まぁ、腰壁くらいの高さが 理想でした。


それに加えて、今後2Fに 大きい家具を搬入するときも
内側の壁が低ければ その上まで 家具を持ち上げて → Uターンさせられる ので、
折り返し地点も スムーズに 回れるんじゃないかと思います (v^ー°)


大きい家具でも…



■ 小さい子のために、上り下り口に 柵を 付けられるようにしておく

間取り計画中は、まだ 娘も2歳くらいでしたし
第2子の予定も あったので、この要望は かなりの重要事項でした。

まず、階段の上り口については…

リビング ⇔ 廊下の出入口である 引き込み戸の高い位置に、両面サムターン錠
設置したことによって、ゲートの代わりとしました。
(実際の写真は 過去記事 を どうぞ)


上り口をガード



下り口には、当初 造作のベビーゲート を、こんな風に 設置する予定でした。


幻の2Fベビーゲート
2F 階段


が… 減額の あおりを受け、「必要になったら 既製品を付けよう!!」
ということで 消滅してしまったのです ;;

後々 既製品を付けられるよう、下り口の両端に 壁がある ことだけは、
よく 確認しておきました。


両端に壁


見せる目的の おしゃれな階段だと、両端に 壁が無くて
ベビーゲートが 付けられない” という失敗談も、たまに 目にするので…

これから 家を建てられる予定で、この条件に 当てはまりそうな方は
何か 対策を考えておかれると 良いですね ヽ(*’-^*)



■ 窓は 開閉 & 掃除しやすい位置に
   
私が、階段の窓に 何よりも求めたのは「手の届きやすさ」。

開閉するにしても 掃除するにしても、手が届きにくい位置にあると
私の場合、おそらく 触れずに終わります ;;
(筋金入りのズボラ)


ちなみに 建築家S氏の 最初の提案では、窓は ここに付いていました。


当初の窓


踊り場の奥の壁。 高さは 外観上、横にある トイレの窓と揃えているので
踊り場から見ると かなり 高い位置 (>_<)

うう… これじゃ、手が届きやすいとは 言えません ;;


しかし、これで窓を 踊り場から手の届く位置まで 引き下げてしまうと…
外から見た 窓の位置は、何とも バラバラ で カッコ悪いことに。

私自身、外観上の 窓の揃い方には こだわる方なので
S氏の「窓を下げたくない」という気持ちも、よーく 理解できるのです。


私:「いっそ この窓は止めて、階段の上に 天窓を付けませんか ??

S:「え!? それこそ 手が届きませんけど…」

私:「いいんです。 通風は こっちの、フリースペース側の窓から 出来ます。
   そして 天窓は…

   掃除しません!!

―― 凍りつく空気 ――
(どうやら 女として、してはいけない 発言だった模様)


私:「いや、10年に1度くらいは 業者さんを呼んで、掃除しますけど… ;;
   ハイサイドライト (高窓) よりは、トップライト (天窓) の方が
   汚れが 気にならないと思うんですよ。 手が届かない分、諦めも つくし」

S:「はあ」

私:「それに、踊り場の窓だと 西日の方向 ですよね。
   それよりは 北側に 天窓を付けた方が、明るさと暑さが 安定しそう」

S:「なるほど… そういえば…」


トップライト♪


私:「万が一 暑くなったとしても、通路だから いいんです。
   もちろん 外観も スッキリしますしね」

S:「たしかに」

私:「もともと 私、吹き抜けと 天窓のある家に 憧れてたんですが
   実用性のことばかり 考えて、出来なかったので…
   せめて 階段くらい、ハジけてみたいんですよ!!

S:「分かりました。 しましまさんが良いなら、そうしましょう」


今 思い返しても、あの発想の転換は 不思議だったと思うのですが ;;

どうも 1Fでは 見た目4:実用性6 くらいに 抑えてきた割合が
2Fでは 逆転してしまった感が ありますね。

やはり 人間、やりたいことを我慢していると、その反動が
どこかに 現れてしまうのでしょうか… (1Fでも 好き放題 やってますけど) ??



■ 階段下は 収納などにして、最大限 活用したい

最後は、階段下の活用について。
もともとの S氏の提案でも、↑↑の要望を 踏まえてなのか

踊り場の下 ⇒ ファミリークローゼットの 子供服置き場
それより上 ⇒ トイレ

という風に、かなり 有効な使われ方を していました。


当初の間取り
当初の間取り (トイレ本体の後ろは、トイレ収納になる予定だった)


しかし 私には「階段下は 1段残さず、収納に使い切る」という
ひそかな目標が あったので、さらなる 改良を加えることにしたのです Σd(´∀`)


まず、トイレに これほどの奥行は 必要なかったので
やや 壁をズラし、ファミリークローゼット側から使える面積を さらに 増やしました。


トランク・家電置き場


これで クローゼットの奥に、“トランク・季節家電 置き場” を 確保 ♪♪
(実際の写真は 過去記事 参照)


さらに トイレの引き戸幅を狭くして、収納棚を 右側に移動させました。
こちらにあった方が、断然 使いやすいはず!!
(実際の写真は 過去記事 参照)


戸の幅を狭くして…



さらにさらに、クローゼットよりも低い部分には
リビング側から使える 隠しテーブル置き場 を 設けました (過去記事 参照)


リビングテーブル収納



そして 最も低い部分には、階段側から使える「あるモノ」を 造ったのですが…
これが何かは 内覧会での お楽しみ o(^∇^)o♪


一番下は…?


**********


長文に お付き合いいただき、ありがとうございました~ ;;
ではまた、内覧会で お会いしましょう!!



すみません、タイトルが 適当すぎたので 変えました… m(_ _)m

にほんブログ村のランキングに 参加しています。
当ブログを応援して下さる方は、下のバナーを クリックして頂けると うれしいです ♪♪


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

category: 階段

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 間取り  階段 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。