20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

IHで、揚げ物をするとき  

間違えて、一度 タイトルだけの記事を アップしてしまいました…
見に来て下さった方々、申し訳ありません (>_<)

しかも 今回、まったくもって 大した記事では 無いのです ;;


N県では、週末が 桜の見ごろでした ♪♪
我が家でも お花見に行くことになったので、お弁当に 唐揚げをつくる準備を していたときのこと。

油ハネ被害の少ないように、周囲に 新聞紙を敷くワケですが…


揚げ物1


我ながら「大げさかなぁ」と 思ったので、写真に 撮ってみました (^_^;)
それとも 皆さん、これくらい 普通なのかしら。

ちなみに、他の鍋は 背面カウンター上に 避難させています。


何度か 揚げ物を やってみて、一番 油のハネるのは 鍋の周辺 20cm程度であり、
カウンターの先までは ほぼ 跳ばないことが分かりました (我が家の場合)

なので レンジフードの下に だらりと下げている新聞紙は、万が一の保険 という感じで
あまり やる気のない貼りかたをしています…


IH前に 壁を立てるかどうかで、悩んだ時期も あったのですが
最大の難関である “揚げ物” を クリアした今となっては、やはり 無くして良かったです。

何度も言うように ガスの場合は、また 話は 別ですけどね ;;


トラコミュ
新築・リフォームの間取りアイデア



鍋の周辺は、熱源リング すれすれまで ガードします。


揚げ物2


手前に来る新聞紙は マスキングテープで、上2ヶ所を留めてみました。


揚げ物3


そうすると、ほら!!
パカッと 開けるので、タッチパネルの操作も 自由自在 ♪♪
(私、こういうことばかり考えて 暮らしています)


さて、揚げ終わりましたので、IH周辺を 見てみましょう。


揚げ物4


ちなみに 唐揚げは、いったん 取っ手付きの網に 引き上げた後、右側の新聞紙を折って
その上で そのまま 油切りしています… (-_-;)

ショムニの お姉さん (なぜ) は、こんな シミだらけの お姿に。


揚げ物5


手前は こんな。 この感じだと、やはり 足元の新聞紙も あった方が いいですね。


揚げ物6


この油ハネを「少ない」と見るか「多い」と見るか…

私としては、ガスで 揚げていたときよりも 少なくなった気がします。
ガスの時は 新聞紙なんて敷いてなかったので、詳しい比較は 出来ませんけれども ;;

IHを 検討中の方が いらしたら、目安のひとつに なさって下さい。

※ ちなみに 鍋は 専用の物ではなく、ごく普通の IH対応ウォックパンを 使っています。
  今のところ、これで 不都合無いです。



そういえば IHだと、新聞紙や キッチンペーパーを フタのように 鍋上に載せて、
油ハネを防ぐっていう方法が あるんですよね。

うまく出来れば、そちらの方が 油ハネは 少なくなりそう (゜_゜)

ただ 私の場合、油をケチっているので マメに 揚げ物を ひっくり返さねばならず、
そのときに 結局 油が飛び散るんじゃないのぉ~??
思っているので、まだ 試してみたことは無いです… あと、ちょっと 怖い…



ともあれ 唐揚げは 美味しく出来上がり、
しましま家は 無事に お花見を楽しみましたとさ。


花見1


花見2


次回からは、web内覧会『室内物干』シリーズが 始まりますので お楽しみに!!



朝ドラ感想

土曜日、「花子とアン」で 初めて泣いてしまいました。 いい兆候です。
正直 いまいち ハマりきれていないのですが、吉高さんの花子が 思った以上に 可愛らしくていい感じだったので
まだまだ 頑張って 視聴し続けますよ~!!

美輪さんの「パァルピテーション♪」という言い方が、良い意味で バタくさくて、とても素敵でした (*^_^*)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

スポンサーサイト

category: キッチン

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: キッチン 

web内覧会 キッチン6:飾るだけじゃない… お役立ちニッチ  

大人の事情で、今回 更新を急がせていただいております… ;;

コメント下さっている方々、ありがとうございます & お待たせして 申し訳ありません!!
今日中に お返事させていただきますね m(_ _)m


さて… 予想以上というか 予想通りというか、延々と 続いてきました
キッチン内覧会 も、今日で 終わりです。


↓↓ 過去記事は こちら

web内覧会 キッチン1:機能性 < 見た目かもしれないIH周辺
web内覧会 キッチン2:シンク周辺は、システムキッチンも参考に!!
web内覧会 キッチン3:〇げ〇食洗機と 本体収納
web内覧会 キッチン4:魅惑の床材 コルクタイル
web内覧会 キッチン5:仕掛けモリモリ! 造作背面収納



最終回の記事は、今まで ご紹介しそびれていた ニッチ収納 について。


キッチン82


↑↑ この壁… 場所で言うと、キッチンの真横に 位置します。


ニッチ位置



まずは この、右上の四角。 何でしょうね。
クロス巻き込み & プッシュオープンになっている面を、グッと 押しますと…


キッチン83


パカッ!!


キッチン84


ハイ、フタ付きの リモコンニッチ でした~!!
インターホンと エコキュートのリモコンが、ひっそりと収められています。

ここの壁は キッチンからも LDからも、アクセスしやすい場所なので
リモコン類を付けるなら ココかな… というのは、当初から 考えていたことでした(^-^)


スイッチは目立つ


しかしながら、玄関から入ってきたときに パッと目につく場所でもあるんですよね~ ;;

リモコン類は なるべく目立たせたくなかったので 悩みましたが、
ここは 使い勝手を優先することにしました。


リモコンの出っ張りを解消するために、リモコンニッチ内に 収めることは
割と 皆さん、やってらっしゃることだと思います。

が… ニッチという 『』の中に 収めることによって、まるで 額に納めた絵のように
より リモコンを強調させてしまう という意見も 目にしました。
この辺りの感じ方は 人それぞれでしょうが、私は その意見に 共感したのです。

リモコンニッチの省スペース感は 取り入れたい… けど、リモコンは 目立たなくしたい!!

この2つを両立する方法を あれこれ考えて、行きついたのが
フタ付きの” リモコンニッチだったんです o(^-^)o


ただ「リモコンを使うたびに フタを開け閉めするなんて、めんどくさッ!!」とも
思ったので、フタは 下方向に 開くようにしました。

これなら 普段は 開け放しておけば、フタが邪魔になりません ♪♪


でも 照明のスイッチだけは、ニッチの外に 出すことにしました。
出ていても そんなに 目立たないですし… やっぱり 使い勝手を考えたら、ね (^_^;)



続きまして、その下の 大きな柵。 これは 何でしょう ??


キッチン85


笑わないで下さいね。 これは 造作ベビーゲート です ;;
(ある意味 これも、巨大なニッチの中に あると言えます)

いえあの、ベビーゲートって すごく 便利じゃないですか…

第2子の為に 付けたいというのもありましたが、ウチの場合は 娘が つい最近まで
「来ちゃダメ」とか そういう指示が 通らなかったし
いつ そういう物ごころが付くのかも 読めない状態だったので、
ゲートは かなり切実に 欲しかったんです ;;


でも 既製品を付けると、すごく “後から付けた感” が 出るっていうか、壁が傷つくこともあるし
なるべく 造作で設置したい!! と 思っていました(´・ω・`)

埋め込み式だし、壁と同色に 塗装してあるのと
玄関から入ってきたときに キッチンカウンターの陰になることもあって、
そんなに 目立たないんじゃないかと思います。


キッチン91
玄関から入ってきた目線


閉めると、こんな感じです。 床からの高さは 約70cm。


キッチン86


閉めていても 私の姿が見えるように、また 小さい子が掴んでも 痛くないように
丸棒の柵状扉にしました (隙間に ホコリが溜まるのは、いたしかたないです)

キッチンのサイドパネル側に、このように 小さな受け金具が付いていて…


キッチン87


ここに 本体の金具を スライドさせて、閂 (かんぬき) のように差し込んだ後
下に クルリと回せば、施錠完了です。


キッチン88



ちなみに ゲート本体の隅には このような、小さいマグネットキャッチが 付いています。


キッチン89


壁側には 受けが あります。


キッチン90


ゲートを 壁に 収めているときは、このマグネットキャッチで 固定されているので
グラグラしないというワケ (o^-^o)



このベビーゲートと、パントリー ⇔ 玄関側の チャイルドロック付き引き戸 を 閉めれば
完全なる キッチン防御壁 の完成 -☆★


キッチン防護壁


… のはずだったのですが、このゲート。 3日で 娘に 突破されました (ノД`)・゜・。
そ、そうだね! 鍵が 簡単すぎたかもね!!

家具屋さんに 相談したら『下にも もう一段、同じ閂を付けましょうか?』とのことでしたが
またすぐ 突破されそうなんで 止めました ;;

まぁ、娘も 大分 物わかりが良くなってきたので、
本当に 必要になったときに 再度検討しようと思います (-_-;)


ちなみに このゲートを見た 男の子のママ達からは
あー 低い低い! こんなの全然、乗り越えてくるから 気をつけて!!」 って…

マジか。 マジなのか。


というワケで、今後の活躍が 疑問視される (?) ベビーゲートでした。
今は シンプルなゲートも沢山あるし、既製品の方が 良かった気もしています m(_ _)m

せっかく造ったので、それなりの働きは してほしいな~ ;;
(2万かかってるしー。 ブツブツ)


**********


終わった… ?? 終わったのー!!?
クソ長かった キッチンの内覧会が、終わりましたよ 皆さん!! ヾ(*´∀`*)ノ゛

最後まで読んで下さって、本当に ありがとうございました。
そのうち 仕様まとめを 追記いたします。



ああああ-… 内覧会も ひと山越えたという気持ち… (まだまだ あるんですけどね ;;)
↓↓ ねぎらいのクリックを いただけると、疲れも吹き飛びます。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: キッチン

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: web内覧会  キッチン  建具 

web内覧会 キッチン5:仕掛けモリモリ! 造作背面収納  

こだわりママの家づくりノート』、更新されています ♪♪
私が加工した物より 写真が綺麗ですので、ぜひ ご覧くださいね~ (*^_^*)

第8回:特製間仕切りと家具のある ダイニング


ブログで紹介しそびれた バックナンバーも、ぜひぜひ。
特に 第6回 は、設計図と完成写真が 同時に見れますので、分かりやすくて オススメです!!

こだわりママの家づくりノート:目次


**********


さてさて… どこまでも続く キッチン内覧会 ;;
今回こそ! 今回こそは、背面収納を ご紹介させて下さいねー!!


↓↓ 内覧会の過去記事は こちら

web内覧会 キッチン1:機能性 < 見た目かもしれないIH周辺
web内覧会 キッチン2:シンク周辺は、システムキッチンも参考に!!
web内覧会 キッチン3:〇げ〇食洗機と 本体収納
web内覧会 キッチン4:魅惑の床材 コルクタイル


↓↓ 予習になる過去記事

造作キッチンの背面収納設計図と、収納計画


↓↓ 設計図ピックアップ

■ 全体図         ■ 吊戸棚 & カウンター

キッチン背面収納外観   キッチン背面収納 吊り戸棚・カウンター
※ クリックで拡大



とりあえず、背面収納の全体写真から 載せてみましょう (v^ー°)


キッチン54


キッチンと お揃いの、シナベニヤで 造作しました。
取っ手も同じく カワジュンの PA-01S。 カウンターの天板は タモ集成材です。

吊戸棚には ポリカ板を はめ込みたいと思っていましたが、
やはり 突板の加工が 難しいということと、後は 減額のために… 諦めました (ノД`)・゜・。

結果、靴箱などと同じ シナベニヤ面材 + ナラ材のライン取っ手に。
まぁ これはこれで、スッキリして 良かったです。



引き戸には 戸車が仕込んでありますので、開閉もスムーズ ♪♪

我が家の吊り戸棚は、キッチンの上げ下げ窓に カブっているという 特殊な形状なので
左端の戸を開けると、窓が コンチニハ状態になります (^_^;)


キッチン55


何で こんな形状 (= カブリ) にしたのかと聞かれたら… そのとき (設計時) は、
これが カッコいいと思ったからとしか 言えません ;;

今となっては、違う形にした方が 明るかったのでは ?? と 後悔しています… m(_ _)m

この左端部分だけは 背板を抜いてあるので、吊戸棚の戸を開ければ
上げ下げ窓のカギに 手が届きます。

内部には 可動式の棚板 (シナベニヤ + 塗装?) が、それぞれ 2枚ずつ。



吊戸棚の上下には 間接照明の蛍光灯が 付いていて、
目立たないよう こんな風に、壁と同色のポリ板で 囲ってあります (@_@)


キッチン57


これは 本来、吊戸棚の上下に 掘り込む予定だったのですが
それだと 収納内に 段差が出来るということだったので、今の形に 落ち着きました。

点灯すると こんな風です (分かりやすいように、うす暗いとき 撮りました)


キッチン59


間接照明とはいえ、この背面カウンターの上で 作業するときは 助かります ♪♪
蛍光灯は これだったかな。 普通より 細身のヤツ。


キッチン間接照明


ちなみに メイン照明は、中央3灯の LEDダウンライト (拡散タイプ)
それに加えて、手元灯として付けた LEDダウンライト (集光タイプ) が 2つあります。


キッチン78

メイン照明              手元灯
キッチンメイン照明 キッチン手元灯

これらに 背面の間接照明を合わせると、眩いほど 明るくなります (笑)



カウンターの上に 載っているのは、新居のために 奮発して購入した ビストロと
お買い物記事で紹介した 電気ケトル & 保温ポット。


キッチン63


NE-A305-K.jpg  2013-02-04-18.jpg 2013-06-04-18.jpg
ビストロ NE-A305-K       recolte RCK-1          サーモス THV-1500CS



冷蔵庫は 旧アパート時代から使っている SANYOの物です。


キッチン56


本当は もっと 大きな物が欲しかったんですが、当時は 設置場所の問題で
これ以上 大きいサイズは 買えなかったんですよね ;;

でも、デザイン重視で選んだおかげで 新居にも しっくりと馴染み、気に入っています Σd(´∀`)



さて、ようやく カウンターに行きます。


キッチン64


タモ集成材の天板は、マットウレタン塗装が 施してあるため ガンガン使える!!
面材より 少し 色が濃いところも好み (*^_^*)

左半分は 物を置かないようにしているので、配膳スペースとして 毎日 役立っていますよ ♪♪


キッチン77
トレイだって 並べ放題 ♪



この、天板後方にあるのが 過去記事で お馴染み、配線隠しスペース ですね。


キッチン62


配線を通す穴に 指が かけられるようになっていて、そこから 持ち上げます。
(↓↓ 写真だと 穴を使ってないように見えますが、穴に指をかけてから 持ち上げてます ;;)


キッチン60


中には アース付きのコンセントが隠れていて、電子レンジと電気ケトルの配線に 使っています。
ごちゃごちゃしてて すみません (>_<)

が、外からの見た目は スッキリですし、ホコリも かぶりません ♪♪


キッチン61
狭いスペースなので アース線の処理が難しく、電気屋さんに やっていただきました。


このスペースが 無駄に 深いのは、後々 真下のゴミ箱収納に 関係してきますので
皆さん お忘れなく (笑)


レンジや 電気ケトルのように カウンター上に 置きっぱなしの物は、
こうやって 配線を隠していますが
ブレンダーなど たまに使う物は、↓↓ の 出ているコンセントの方を 使います。


キッチン65


ブレンダーを出し入れする度に 板をめくって、コンセントを抜き差しするなんて
面倒ですからね (^_^;)



続いては、いよいよ カウンターの収納部分を!!
またまた 設計図に倣って、番号をふって 解説していこうと思います。

↓↓ 設計図は こちら (※ クリックで 拡大)


■ 下部収納

キッチン背面収納 下部収納


キッチン66


①~③は、もういいですよね。
④は 取っ手が無いので、こんな風に プッシュすると…


キッチン67


ビョーン と、予備の作業台が 飛び出てきます (笑)


キッチン68


ここは 本当は 書見台にするつもりでしたが、高さの問題で 無理でした (>_<)
作業スペースとして使ったことも、今のところ ありません ;;
(スペースが 足りているので…)

まぁ、いつか使うことも あるでしょ!! ← オイ



⑤は カトラリー類を入れる 引き出し。
イメージ通りに 出来上がったので、ご自慢の引き出しです o(^∇^)o♪


キッチン69
プッシュオープンではなく、下の溝に 手を掛けて 引き出します。


元は、料理家の 浜内千波さんの旧スタジオを 参考にしたんだったかな…

このように 可動式の仕切りが付いていて、入れる物に合わせて
スペースの大きさを 変えられます。


キッチン70


カトラリーの仕切りって、皆さん ピッタリの物を見つけるのに 苦労されてますよね。
なので 絶対に 欲しい物でした。

ここの枠全体も、実は バコッと取り外せますので、底面の手入れも 簡単 ♪♪
一度 取り外して → 全体に、ニトリのすべり止めシートを敷きこんでから →
再度、枠を はめています。



⑥⑦⑧は、仕切りのない 普通の引き出しです(^-^)


キッチン71


上段には 良く使う茶碗や 小皿、中段には タッパー類や お弁当箱。
下段には 大皿や 丼をしまっています。

これらの引き出しと、後は 上の吊戸棚も含めてですが
食器類が 食洗機 (と 水切りカゴ) の手前に来るように 設計しているので、
洗い終わった お皿を 片付けやすいです。


キッチン79


このように、引き出しと食洗機を 目いっぱい引き出しても、お互い ぶつかりません ♪♪
ちなみに キッチンの通路幅は、約105cm でした。

通路幅の考え方は いろいろあると思いますが (狭い方が 後ろの物に すぐ手が届くとか)
我が家の場合は キッチンの通路が 玄関 ⇔ 勝手口 ⇔ ダイニングを繋ぐ 回遊動線
組み込まれていますので、これで 正解でしたね。

夫や娘が、調理中に 後ろを通るのも スムーズです (*^_^*)


あと、言い忘れていましたが キッチンの引き出しは、
ほぼ 全て ソフトクロージングになる金具を 使ってもらっています。
(※ プッシュオープンの箇所は 除く)



⑨⑩も 普通の引き出しです。 ここも、下の溝に 手を掛けて 引き出します。


キッチン72


⑨には 布巾やガーゼ、おしぼりの類を。
⑩には お茶や茶托や つまようじなど、細々としたものを 入れています。

すぐ絞れるよう、クロス類は シンクの手前にとか、お茶は 電気ケトルや カップの近くにとか
いろいろ考えましたが… この辺りは また、暮らすうちに 変わっていくかも ??


キッチン配置



ここで 忘れちゃいけないのが、⑨の下の ゴミ箱スペース o(^-^)o


キッチン74


設計図の段階では 30Lのゴミ箱を入れる予定でしたが、45Lの物 × 2に 変更しました。
(なので、雑巾ホルダーは 排除しました。 どうせ 掃除用具入れが 近くにあるので)

左から 燃えるゴミ・プラスチックのゴミ用で、
引き出さないと見えない位置に ピータッチで ラベルを貼っています。

ゴミを捨てるときに、いちいち 引き出さなければならないという手間は ありますが
無印のキャスターは スムーズですし、あまり 気になりません。


では、お待ちかね (?)!! 例の仕掛けの ご紹介です( ´∀`)
コロコロと ゴミ箱を引き出してみると…


キッチン75


何やら 奥の方に、出っ張りが見えますね。
これは 先ほど紹介した、カウンター天板にある コード隠しスペースの部分です。

この部分を あえて 深く取ることにより、ここに ゴミ箱が ぶつかるようになっていまして…

つまり 奥行 60cmのカウンター内部に 奥行 15cm分の 出っ張りを設けて、
奥行 42cmのゴミ箱が、奥に 入り込みすぎないようにしている
のです (*´∀`*)ゞ


キッチン76


そういえば、ここに「ゴミ袋を取れるような 穴を開ける」と 言っていましたが
冷静に考えて 使いにくそうなんで 止めました ;;

代わりに ピクチャーレールのような、可動式のフックを取り付けて
小さなゴミ袋を 吊れるようにしました。
使用済み乾電池とか、置き場に困る ちょっとしたゴミを置くのに 重宝しています ♪♪



最後に、⑪⑫の ご紹介です。 ここは あえて 開き扉にしました。


キッチン80


内部には 可動式の棚板が付いているので、入れる物の高さによって 調整可能です。
今は 粉類や レンジの天板、飲み薬の類なんかが 置いてあります。

カウンターの奥行 60cmに対して、棚板の奥行は 40cm程度に留めておきました (^_^)/


キッチン73


その方が 使いやすいのと、後は 扉裏に ↓↓ こんな収納を 付けてもらうためです。
(入居後 しばらく経ってから 付いたので、上の写真には 無い)


キッチン81


本当は 2段 付けたかったのですが、家具屋さんに
あまり 重くすると、扉が 傾きますよ」と 言われ… 怖くなって、1段のままに ;;

左右の扉に 1段ずつ付いています。

ここには ワカメとかゴマとか、使用頻度の多い 乾物を入れたり
よく飲む サプリメントとかを入れています。 サッと取るには 便利な場所ですね。


収納については いつかまた、別記事で じっくり 語りたいと思っています。


**********


皆さん、お疲れさまでした。 これで 背面収納の記事は 終わりです!!

これで ようやく、キッチン内覧会も終了… と 行きたいところなのですが、実は まだ
取りこぼしたところがありまして(´・ω・`)

次回 そこを解説したら、キッチンの内覧会は 終了する予定です。
もう少しだけ お付き合いくださいませ~ ;;



今回 ちょっと、お返事が 遅れるかもしれないのですが
感想・ご質問など ありましたら、お気軽に コメント お寄せください m(_ _)m


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: キッチン

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: web内覧会  キッチン  照明 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。