20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

洗面室・脱衣室への要望  

本当は、続いて 水回りの床材についての記事を 書こうと思っていたのですが、
自分の中で まだ 候補が出揃っていない為、間取り解説に 戻ります ;;

なんだか竣工まで、ずっと この解説をやってるんじゃ?? という気が してきたな~ (>_<)


さて、今回からは 『洗面室・脱衣室』 のシリーズが始まります。
(我が家は この2つが分かれた仕様に なっています)

久々に 要望書を見返してみたら、かな~り… 執念というか 怨念 のような こだわりが
見受けられ、この暑い中 寒気を感じました (((@_@)))

↓↓ それでは ご覧ください ↓↓  ヒィーー



:: 洗面室・脱衣室への要望 ::

 今までは 「狭さ (収納力の無さ)・湿気・掃除のしにくさ」 との 戦いの連続だった。
 (※ この時点で すでに怖い…)
 今度こそ、最初から 使いやすい洗面室を目指したい。


・浴室の他、サンルーム・1Fファミリークローゼットに近い (洗濯&入浴動線から考えて)。
 キッチンにも近い方が便利

・家族&来客が もっとも手を洗いやすい場所を、よく考えて 配置する

・娘がいるので、後々のために 洗面所と脱衣所を分けたほうがいい かも
 (ただでさえ パントリーやサンルームで面積を取っているので、高望みだとは思いますが ;;)

・入浴後、リビングを通らなくても 2Fや キッチンに行ける動線を確保する
 (風呂上りの姿を 来客に 晒さなくて済むように)
 (※ この動線については、こちら で説明済み)

・外から直行できる動線があると、子供が泥んこになったとき便利
  ∟ サンルームから入れればOK



きちんと採光・通風できる窓が欲しい
  ∟ お化粧やヘアメイクをする場所なので明るく。 湿気がこもるので風通しよく

  ∟ 開閉しやすい位置に付ける
  ∟ 外から見えない工夫をする (くもりガラスでも、夜は透けて見える場合がある)

・ドアは通気のために 開け放しておくことが多いので、引き戸が良い
  ∟ 当然、内鍵を付けること

・水・汚れに強い壁/床材
  ∟ 壁の水はねしそうな箇所 (洗面台まわり) には、できればタイルなど貼りたい
  ∟ 床は あまりヒヤッとしないものがいい


・来客も使用することを考えて、すっきりとした ホテルライクな空間を目指す
  ∟ 白っぽい、明るく清潔感のある雰囲気

なるべく 隙間のない造り (髪の毛が いたるところに侵入するので、シャットアウトしたい)
  ∟ 洗面台を造作にして、壁との隙間を無くす

  ∟ 洗面台と洗濯機を並べない
    (この2つの間の隙間が もっとも掃除しにくい)
  ∟ 大物はすべて キャスターで移動できるようにして、掃除機を かけやすくする



・洗面台は造作希望。 カウンター部分を含めた幅が、120cm以上はあるといい
 (2人並んで身支度できるように)

・赤ちゃんが沐浴できるくらい 広く深いシンク
  ∟ シンクとカウンターが一体成型 になっていると、掃除しやすそう

・主人が朝、寝癖を直すので シャワー付水栓
  ∟ 下に頭が入る高さをキープする
  ∟ できれば壁付&レバー式にして、水栓の根元を汚れにくくする


・シンク下は収納にして 引き出しを付ける
 (子供用の踏み台を置けるよう、一部を空けてもいいかも)

  ∟ 化粧品やヘアゴム・ヘアブラシなどを入れる浅い引き出し×2~3個
  ∟ 足元には つま先が入る凹みを作る
  ∟ ゴミ箱を床置きしない工夫が欲しい


・広く見せたいので、大きな鏡
  ∟ 鏡裏が収納になっているもの。 収納量重視
  ∟ よくある三面鏡タイプで良い。 鏡に筋が入る云々は気にしない

  ∟ なるべく出っ張らないように、工事段階で埋め込むという手法もある
  ∟ くもり止め機能が あったほうがいいけど、造作だと難しい?

  ∟ 濡れた歯ブラシを収納したいので、収納内の通気性を良くする。
    内部棚板を取り外し可能&パンチングメタルにするなど


  鏡内収納1  鏡内収納2
  (参考資料:YAMAHA トクラスドレッサー エポック)


  ∟ 棚板は高さ調節が出来るようにする
  ∟ 髭剃り器の充電&いずれ電動歯ブラシにすることを考えて、収納内に コンセントを付ける


ドライヤー&ヘアアイロンは、コンセントにさしたまま収納したい
  ∟ 向かって右寄りに収納 (家族全員 右利きなので、コードが捻じれないように)
  ∟ 電動歯ブラシ用のコンセントとは分けたい

  ∟ 使用中&使用直後は熱いので、仮置きできる場所 (引っかけておけるバーなど) が
    あると便利。 もしくは 熱いまま収納できれば最高


・洗面台カウンター手前ではなく 横の壁に、手拭きタオル掛けが欲しい
 (カウンターより上にあったほうが、水が床に ポタポタ垂れない)



なるべく、洗濯機は洗面室内に置きたくない
 (上記の髪の毛問題&生活感を出したくない)

  ∟ しかし脱衣カゴと遠くならないよう、脱衣カゴの向かいか隣りの位置をキープしたい
  ∟ 脱衣カゴ ⇔ 洗濯機 ⇔ スロップシンクが近いことが、使いやすさの条件

・洗濯機は縦型で10kgくらいの容量の物を購入予定
  ∟ 掃除しやすいよう、市販のキャスター付き台に載せようと思っている


風呂の残り湯用の水栓を付けたい
 (TOTO ノコリ~ユECOなど)
 (今は後付けのポンプを使っているが、毎度の出し入れが面倒&水がポタポタ垂れるので)
 (※ ノコリ~ユECOについての記事は こちら)

・洗濯機近くに 各種洗剤・柔軟剤・洗濯ネットなどを収納できる 棚が欲しい
  ∟ 汚れもの袋&プールバッグなどを引っかけておける フックもあるといい

・出入口など、洗濯機の搬入経路の幅を よく考える



スロップシンクが欲しい
  ∟ 洗濯物の下洗いや上履きを洗ったり、雑巾を ゆすいだりするのに使用する

  ∟ 動線上、洗濯機のすぐ近く (隣りか向かい) がいい
  ∟ キッチン出入口にも近いといい

  ∟ バケツ (掃除用) やタライ (下洗い・漬け置き用) を入れ込めるように、
    それなりの深さ&幅のあるシンクを選ぶこと

  ∟ 壁付&レバー式 (汚れた手で 蛇口をつかみたくないので) の、お湯も出る水栓
  ∟ シンク下の配管も できれば壁付にしたい (掃除しやすい&バケツを置くので)

  ∟ シンク下には専用のバケツを2つ (ガーゼ&ふきん用・汚れもの用) 常に置いておき、
    漬け置き・下洗いが必要なものをポイポイ入れていく。
    それなりに溜まったら洗う。 漬け置き中はシンク内にバケツを置く (蹴飛ばし防止のため)


・スロップシンク近く&目立たないところに、雑巾2~3種を干しておけるバーが欲しい
  ∟ 雑巾を絞った後の手を洗えるよう、ハンドソープとタオル掛けのスペースも忘れずに

・水切りできるメタル製のラックを シンク上に取り付ければ、ハンドソープが置けるし
 靴などの水切りも出来る

シンク上には、小さなピンチハンガーも吊るせるようにしておく
  ∟ 掃除用のゴム手袋や ブラシが水切りできるように


  ピンチハンガー小
  大木製作所 プチハンガー
 

・スロップシンク近くに、掃除用具専用の収納棚がほしい (掃除機が入る深さの奥行)
  ∟ 掃除機・ほうき・クイックルワイパーなど 細長いものが多いので、それらを引っかけて
    収納できるように バーが欲しい

  ∟ この棚の中にもコンセントをつける (コードレス掃除機の充電用)
  ∟ 掃除機は延長コード (on/off スイッチ付) をつけた上で、このコンセントに 差しっぱなしに
    しておく。 コンセントの抜き差しなしで 家中 (2F含む) 掃除できるように

  ∟ 後々、ルンバを迎え入れられる準備も必要

  ∟ この棚には使用中の洗剤を入れたりする&あまりキレイに保つ自信がないので、できれば
    扉 (簡単なカギつき) がほしい


洗面室内に 家族全員分のタオル・肌着・パジャマが仕舞えるスペースが欲しい
  ∟ キャスターつきのPP引き出しを置いて 収納する (湿気注意)
  ∟ 扉があった方が すっきりするけど、無い方が使い勝手はよさそう。

・洗剤・シャンプーなどのストック類は、主に パントリーに 一括収納する
 (在庫量が一目で分かるように)

脱衣カゴ2個 (白 or 黒の洗濯物用) を収納する場所が必要

・入浴後に使用するタオル (&服) の 一時置き場も欲しい
  ∟ 浴室内から手が届く位置がベスト

・使用中のバスマットを干すバーが欲しい

・ヘルスメーターの置き場所を考える



・冬に寒くないよう、暖房つき (または暖房器具が置けるようにする)
  ∟ タオルウォーマーに憧れる

・夏に暑くないよう、頭上に扇風機 or サーキュレーターを取り付ける (リモコンつきの物)
  ∟ コンセントは扇風機の すぐ近くに付けて、コードが目立たないようにする

・サンルームの除湿機を使いまわせるように、それ用のコンセントを付けておく


**********


以上です。 あぁ、こんなに 長いの、どうやって まとめよう… (T_T) ← 自業自得
次回以降は 間取り・造作家具解説 へと 続きますー。



なでしこジャパン、感動をありがとう!! o(^-^)o

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
スポンサーサイト

category: 洗面室・脱衣室

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 脱衣室  洗面室  要望書 
tb: 0   cm: 4

パブリックな洗面室、プライベートな脱衣室  

どうしても、お盆は バタバタしてしまいますね~ (>_<)
思うように PCに向かえない日が続いています… 皆さんは、いかが お過ごしでしょうか??


さて、今回は 洗面室・脱衣室の 間取り解説 です。

お家の北東に 水回りが来ることは、何回かの打ち合わせを経て
だんだんと決まっていった感じなのですが、細かい配置には 悪戦苦闘しました (T_T)

↓↓ 初期の間取りの一例 ↓↓

間取りbefore


サンルームの配置が なかなか定まらなかったのが 一番の原因ですが、
(サンルーム → 室内物干については 次のシリーズで ご紹介します)
その他にも 星の数ほどある要望 が、S氏を苦しめたようです ;;


仕方ないので スペースの広さ自体は変えずに、私が練り直したプランを
最終的には そのまま採用しました (S氏、すいません…)

↓↓ 現在の間取り ↓↓

間取りafter


○ 洗面台幅 120cm以上
○ 洗面台と洗濯機を並べない (洗濯機は洗面室内に置きたくない)
○ スロップシンク ⇔ 洗濯機 ⇔ 脱衣カゴが近い
○ タオル&肌着用の棚、掃除用具用の棚を それぞれ設ける
○ 掃除用具の棚は スロップシンクの近く


という要望は、何とかクリアしているかと思います。 各部の解説は、また 後ほど!! (^_^)/



で、家全体から見た動線については、叶えられた要望は これくらいでしょうか。

○ 娘がいるので、後々のために 洗面所と脱衣所を分けたほうがいい
○ 入浴後、リビングを通らなくても 2Fや キッチンに行ける動線を確保する


△ 浴室の他、サンルーム・1Fファミリークローゼット・キッチンに近い
△ 家族&来客が もっとも手を洗いやすい場所を、よく考えて 配置する


× 外から直行できる動線があると、子供が泥んこになったとき便利



「洗面所と脱衣所を分ける」 ことは、スペース的に 厳しいかなと思っていましたが
どうにか 収めることができました o(^∇^)o♪

やっぱり 家族がいると、お風呂を使う時間&洗面所を使う時間って、かぶりますものね。

女の子が年頃になると 「娘が洗面所を占領しちゃって、お風呂に 入りづらくって…」
なんて話も よく聞きますし、別々に使えた方が、お互いに ストレスが溜まらないかと。


ちなみに 洗面所と脱衣所、どちらの方向からも出入りが出来ますので
互いの動きを邪魔することは ありません。

広く使いたいときは、2部屋の仕切り (B) は引き戸ですので 開け放しておけばOK -☆★


どちらからも出入り可能


それと、2部屋にしたことによって

洗面所 = お客様も使う パブリックスペース。 ホテルライクな空間を目指す
脱衣所 = 家族しか使わない プライベートスペース。 とことん 実用性を追求する

という風に、用途を使い分けることも 可能になりました。
来客時は A の引き戸は開け放しておき、B の引き戸は閉めておきます。



「入浴後、リビングを通らなくても 2Fや キッチンに行ける動線」 については、
以前 こちら で 解説しましたね。
回遊性のある間取りって、何かと便利だと思います (*’-^*)



「浴室の他、サンルーム (室内物干)・1Fファミリークローゼット・キッチンに近い」
というのは、『ファミリークローゼット』 以外は全て叶いました -☆★


位置関係


でも クローゼットだって 同じフロア内にあるし、私的には許容範囲です Σd(´∀`)

入浴後に使う タオル&肌着&季節のパジャマは 脱衣所に置いておく予定ですから、
家族が使う分には、別に 不便じゃないはず…

ただ、洗濯動線 には少し 絡んできますね。
洗濯動線については、室内物干の項で ご紹介させていただきます m(_ _)m



「家族&来客が もっとも手を洗いやすい場所を、よく考えて 配置する」 ことだけは、
ちょっと 失敗したポイントかもしれません (´;д;`)

我が家の洗面所の位置。 お客さんにとっては トイレの すぐ近くだし、
ちょっとした 化粧直しなんかもしやすい 配置だと思います。


でも 家族の帰宅時の動線を考えると、これが かなり使いにくそう なんですね (ノД`)・゜・。

① 玄関 (or 勝手口) から入って
② 玄関収納に コート&靴を仕舞い
③ ファミリークローゼットに カバンを置き
④ 洗面所で 手洗い&うがいをする



帰宅動線


ああ、動線が長ーーーい… (T_T)

解決策としては 「玄関付近に、手洗い・うがい専用の 小さな洗面を造る」
などが挙げられますが、ただでさえSKがあるのに また水場? 掃除大変じゃない??
と 思い悩んだ末に、結局 何もしませんでした (そんなスペースが無かった、とも言う)


たぶん 暮らしていくうちに、キッチンで 手洗い・うがいしちゃうとか
玄関収納に カバンも置いちゃうとか、裏ワザが編み出されていくと思うんですけどね。
はたまた、デッキから 「ただいま~」 するとか!! ← やけくそ

いろいろ考えた末の結論なので、まぁ、仕方ないですね ;;

子供が大きくなったら、ファミリークローゼットでは無く 2F 子供室の収納を使ってもらう
予定なので、もう少し 無駄は無くなりますね (o´_`o)



最後に 「外から直行できる動線があると、子供が泥んこになったとき便利」 だなぁと
思っていたのですが… これは諦めました (>_<)

当初は脱衣所に近い&外に面した 「サンルーム」 を計画していたので
そこから入ればOK ♪ と思っていたのですが、ご覧のとおり
部屋に囲まれた 「室内物干」 に 変わってしまったので、無理だったんです…。

まぁ ちょっとした泥んこなら、外水栓で落とせばいいかと ;;

子供が大きくなって 「部活帰りの足が汚くて、リビングの床が汚れちゃうのよ~」
なんてときは、玄関収納に 風呂掃除用のブーツを置いておいて
それを履いて 脱衣所まで行ってもらおうかな… いや、そんな めんどくさいことしないな (-"-)

風呂ブーツ

で、でもホラ、文化系の部活かもしれないし!!

- 妄想終了 -



はぁ。 ホントは いい動線だけ ご紹介したかったんですが、
妄想しすぎて 最後の方は、アラ探しみたいに なってしまいました (´・ω・`)

本当に 使いやすい動線は、また 住みながら模索していこうと思ってます ;;

次回からは、もう少し 細部の解説に 移っていきますね!!
長いシリーズになる予感… ゴクリ (*_*)



長文に お付き合い頂いている皆様、本当に ありがとうございます (o^-^o)
当ブログを応援して下さる方は、下のバナーを クリックしていただけると 励みになります ☆★
(押すのは どちらか1つだけで結構です)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 洗面室・脱衣室

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 洗面室  脱衣室  間取り 
tb: 0   cm: 6

洗濯機周辺の造作棚  

前回の記事では、グチってしまって 申し訳ありませんでした ;;
サクッと 気持ちを切り替えて、今回は 脱衣室 の細かい解説を していきますね o(^-^)o


脱衣室と洗面室を分けたとき、まず 思ったのは
「これで、洗濯機を キャスター付きの台 に 載せられるわ ♪」 ってことでした。

こういうヤツですね。 楽天 なんかに あります。

洗濯機置台


これは、よく通っていた 超有名ブログ様で知った アイディアなのですが
これに載せることによって、掃除しにくい 洗濯機周辺のゴミ・汚れが 取れるようになるんです。

洗濯機を買い替えることになったら、絶対 マネしよう! と 決めていたのですが、
その反面 「ホテルライクな洗面室には ならないかも…」 っていう懸念も あったんですよね。

洗濯機を隠す方法は いろいろあると思いますが、我が家の場合は
洗面室と 脱衣室を分けることによって
生活感の全てを脱衣所に 押し込んでしまえ!! という 作戦にしました (^_^;)


間取りafter
先回からの画像


これによって、洗濯機と洗面台を 並べなくて良くなったので、
大嫌いだった この2つの隙間の掃除 (髪の毛が めちゃくちゃ入り込む) からも解放されます。

同じく 掃除が大嫌いだった、洗濯機パンも付けません。
あった方が 安心だとは思いますが… ;;

たとえば 脱衣室出入り口の敷居を、少し高くすれば LDKへの水漏れは防げるかな??



それと浴室の出入り口の すぐ横に タオル・肌着類&脱衣カゴ置き場 を設けたので、
脱ぐ (入浴前)→ 拭く・着る (入浴後) という動作が スムーズに 行えるはずです (^-^)
(って こんなの、当たり前ですね ;)


洗濯機が浴室に近いのは ノコリ~ユECO を採用できなかったときの為の
予防策でしたが、どうやら無事に 採用できそうです ♪♪

その他にも、洗濯機の周辺に 脱衣カゴ、スロップシンクを配置してあるので
脱衣カゴから 「脱いだ物」、スロップシンクから 「下洗いした物」 を
洗濯機に 投入するまで の動作が スムーズですね (ハイ、これも当たり前~)



ちなみに 洗濯機右の壁には、洗剤などを置く棚を造ります。
配置図は こちら ↓↓


洗濯機横棚


設計図は こちら ↓↓

↓↓ クリックで拡大 ↓↓

洗濯機横の棚


かつてない、驚きのシンプルさです (^_^;) ← ※ 我が家にしては

誰も見ないから… ってのもありますが、パッと取れた方が ここは使いやすいので。
洗剤などの容器を可愛いものに詰め替えれば、人目にも耐えうる収納に なるかな ??

今のところ、バスマットを ここの下に バーを付けて掛けることにしているのですが、
洗濯機と壁の隙間に 吊るされることになるので、乾きにくいかもですね (>_<)

バスマットの干し場だけは、移動する可能性大です。



そして、タオル・肌着類&脱衣カゴ置き場の設計図は こちら。

↓↓ クリックで拡大 ↓↓

タオル棚 設計図


これも ものすごくシンプル。

タオルなんかは、本当は オープン収納の方が取り出しやすいと思いますが
ここは収納力重視で、市販のPP引出しケースを置く予定です。

家族全員分のタオル・肌着・パジャマなんかを入れようとすると、
面積的に オープン収納では たぶん入りきらない&雪崩を起こしそうですから… ;;
(奥行きも、引出しを置くつもりで 深めに設定してあります)
ただ、湿気には注意ですね。


後、重い引出しケースを載せるということで、ここは 固定棚にしておきました。

下の方を 60cmほど開けて、高さ 35cm程度の脱衣カゴを
2つ (白い物・黒い物用) 置きます。

カゴと棚板の間が25cmほど 空くことになりますが、こうすることによって
カゴをいちいち引き出さなくても、その隙間から 脱いだ服を入れられます (o^-^o)

ちなみに 我が家は、脱衣カゴと洗濯カゴは兼用です… き、汚い ??



次回は スロップシンク周辺と、掃除用具入れを ご紹介いたしまーす (^_^)/



ランキングに 参加させていただいてます (o^-^o)
当ブログを応援して下さる方は、下のバナーを クリックしていただけると うれしいです ☆★
(押すのは どちらか1つだけで結構です)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 洗面室・脱衣室

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 脱衣室  設計図 
tb: 0   cm: 6