20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

室内物干への要望  

室内物干」 … これは 我が家の間取り決めの中で、もっとも 難航した部屋です。

もともとは 「サンルーム」 という名称の、掃出し窓で 外に面する部屋を希望していましたが
そこには 数々の難題 (大げさ) が 立ちはだかり、
当初の予定とは まったく違った部屋 に なってしまいました (´_`。)

いや、私は 気に入ってるんですけどね… おそらく、皆さんの共感は 得られないかな… ;;


間取りというか、配置については 何回か晒していますね。
こちら とか。

今回は、あくまでも 当初の要望 を 要望書から抜き出していきますので、ご了承下さいね。



:: 室内物干への要望 ::

・室内に 専用の物干し場が欲しいので、サンルーム希望

動線上、1Fに あるといい
  ∟ 洗濯機 (洗う)・和室 (畳む)・1Fのファミリークローゼット (しまう) の近くに
  ∟ 干している間、リビングにいる 子供の様子が伺える

・晴れでも雨でも、ここに干したいので 日当たりの良い場所に
  ∟ 窓を開ければ、そのまま 室外干しの感覚で使える (網戸を忘れずに)
  ∟ 窓は2面以上 あるといい

  ∟ たまに 外にも干すので、デッキに 直結していたほうがいい
   (デッキで履く サンダルの置き場所も考える)

  ∟ 日当たりが良くても、夏に 灼熱の部屋になるのは避けたい
   (干す度に 汗だくになるのは耐えられない)


・除湿器を使うときもあるので、サンルームのみで 閉め切り可能にしておく

・水気と乾燥に強い壁/床材がいい


・物干し竿は2間程度の幅を確保する。 私 (153cm) の手が 楽に届く高さに固定
  ∟ 2本の場合、間隔を充分に空けて設置。 互いに 干した服の肩が ぶつからないくらい

・竿の下には タオル干しを置く予定

 LEIFHEIT(ライフハイト) ルームドライヤー カプリ10 RORETS ロレッツ ドライニングスタンド

・シーツ・ラグなどの 大物の干し方を考える


・待機中のハンガーやピンチを しまうところが欲しい
(※ これは、洗面台下に 置くことにしました。 参照記事は こちら

洗濯物を干すとき、いちいち かがまなくて済むように 洗濯カゴを置く台が欲しい

・取り込んだ洗濯物を畳むまでの、一時置き台 (またはバー) が あるといい

・手持ちの除湿機の定位置が欲しい
  ∟ コンセント必須


普段居る部屋に 直結していた方が早く乾くし、部屋の乾燥も防げる
  ∟ 干してる間は TVも見れる。 夏暑くない&冬も寒くない
  ∟ でも、見た目が悪いので 隠したい


**********


ええ、相変わらず好き放題 言ってますね… (^_^;)

これが どのように実現されたのか? を、次回以降 解説していきますので
お楽しみに~ (… して下さったら 嬉しいです!) ♪♪



↓↓ ポチッとして頂けると、明日への活力が わいてきます ↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 室内物干

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 室内物干  要望書 

室内物干をめぐる、我が家の洗濯動線  

前回の記事から ずいぶんと間が空いてしまい、大変 申し訳ありません (T_T)

Tさんに 「上棟までに 照明を全部 決めといて下さい」 と言われたので
ここ数日、必死こいて 図面やカタログ、ネットショップのリンクなどと 睨めっこしていました ;;
(基本プランは出来ていたので、もっと早く 終わると思っていたのですが… 甘かったです >_<)

どんな物を選んだかは、近いうちに ご紹介できればと思います ♪♪


**********


ではでは、長らく お待たせいたしました!!
今回は 室内物干の 間取り解説 を お送りさせていただきます~ (o^-^o)

何度か載せている 我が家の室内物干し。


間取りafter


両面を 折戸で囲まれた、クローゼットのような造りに なっています。

これは WIC ⇔ CL の理論と同じで、
こういう造りにしたことによって 通路分の面積を省いたんです。

こちらの記事 でも 少し解説していますが、こうでもしなければ
掃除用具入れ・タオル棚などの 必要なスペースが、全て 確保できなかったんですね ;;


これに対して、当初 私が希望していた間取りは、以下の通り。
前回記事 より抜粋)


・動線上、1Fにある といい
  ∟ 洗濯機 (洗う)・和室 (畳む)・1Fのファミリークローゼット (しまう) の近く
  ∟ 干している間、リビング にいる子供 の様子が伺える

・晴れでも雨でも、ここに干したいので 日当たりの良い場所

・たまに 外にも干すので、デッキに直結 していたほうがいい

普段居る部屋に直結 していた方が早く乾くし、部屋の乾燥も防げる




まず、干し場が 「1Fにあって、リビングの様子が伺える」 というのは
絶対に 外せない条件でした。

重い洗濯カゴを持って 毎日2Fに上がるのも 嫌でしたし、
当時は まだ 子供が小さかったので、“洗濯物を干す” という けっこうな長い時間
目を離すということが、なかなか 出来なかったからです (´・ω・`)
(ウチの娘は 私がいないと、これ幸いと 悪さを働くタイプだったので…)

これについては 問題なく叶えることが出来ました ♪♪


リビングの様子が伺える


今後 第2子に恵まれたとしても、これで 安心ですね。
子供の様子だけでなく、TVも バッチリ見える配置なので、楽しく 洗濯物が干せます o(^∇^)o♪

ちなみに 折戸は、左右どちらにも 寄せることが出来るようになっていますので
TVへの視線を 遮る心配はありません (そういうところは 抜かり無しです! 笑)



続いて 「洗う・畳む・しまう場所に近い」 は どうでしょうか ??


洗う → 畳む


洗濯機(洗う) は 近いですね。

究極は、洗濯機と干し場が 同じ部屋にあれば いいんですが、
それだと リビングの様子が見えませんので ;;

洗濯物を洗濯機 → 洗濯カゴに入れて、室内物干しの手前まで持ってくるんですが
このとき ダイニングチェアの上に カゴを乗せれば、
干すのに ちょうどいい高さの 作業台になります (^-^)

さらに ダイニングテーブルの上が、洗濯物を 「畳む」 作業台にも なりますね!!
(ええ、もちろん TVを見ながら 畳めますよ ♪)


ただ 「しまう」場所は、以前にも 少し触れましたが、ちょっと遠いんです。


洗濯動線 1


畳んだ衣類は 1F奥の ファミリークローゼットまで持っていくんですけど、
まぁ 同じフロア内なので、良しとしましょう。

持っていく際には 専用のカゴに入れて、
なるべく1度に 持ち運びできるように… と考えています。


ラッセル No.10-DBR 大きな籐バスケット 高品質仕上げ ダークブラウン  脱衣かご1926560×410×210
こんな風に 底が広いカゴなら、一気に 運べそうですね!!


ちなみに 子供が2Fの子供部屋を使うようになったら、
2Fまで持っていくのは面倒ですから、階段の踊り場に 置いておこうかな~ と。

ここだったら、階段 上がるのに ジャマだから、嫌でも 子供が自分で 持っていくはず (^_^;)
(なーんて… きちんと 躾けりゃいいんですけど ;)



さて、問題は 「日当たりの良い場所」「デッキに直結」 です。
どう見ても 叶ってないですよね… ;;

これについては、何度も S氏に 図面を描き直していただいたのですが、
最後の 「普段いる部屋に直結している」 という条件と 両立させることが
どうしても 難しくて (ノД`)・゜・。

いや、洗濯動線だけに特化すれば 可能ですよー。
  でも我が家は、他にも 複雑な動線が いろいろと絡み合っていますので… ;;



そもそも 私が、どうして 『居室に面した物干し場』 に こだわっているかと言いますと、
どんなに 立派なサンルームを造ったところで、
所詮 冬場は 除湿機 の力を借りなければ、乾かないじゃないですか (>_<)

かたや LDでは、暖房による乾燥の為に 加湿器 がフル稼働… って
何だか おかしくありません ??

なんて 非効率的!! ぜんぜん エコじゃ~ない!!
(要は ケチなんですね ;)


なので、せっかくなら 洗濯物の湿気 → 居室への加湿 として 活かせるように、
居室と繋がった物干し場を 造りたいと思っていたワケです。

しかもですよ、居室と繋がっているということは 夏はクーラー、冬は暖房 が効いた
快適な環境で 洗濯物が干せるんですよ o(^∇^)o♪


洗濯物を居室に干す 最大のデメリットは 『見た目が悪い』 ことですが、
これは 折戸を閉めてしまえば、見えなくなるようにしました。

ちなみに この折戸は、ダイニング側のみ ルーバー扉に なっているので
閉めていても 通気が可能です (細かい仕様は 次回 解説します)

ダイニングに繋がってると 料理の匂いが移るんじゃない? という懸念も あるでしょうが、
部屋干し歴6年の しましま家は、誰も そんなこと 気にしたことがないので
大丈夫です (…)!! でも 気にされる方には、絶対 オススメできませんね~ ;;



もちろん 「普段いる部屋に直結している」 という要望を 採用すると、
『外に面していない (= 窓が無い) 物干し場』 に なってしまう… ということについては
ずいぶんと 悩みましたし、抵抗もありました。

私だって、本音は やっぱり 日当たりのいい場所に干したいし、
晴れていれば 外に干したいんです… (´;д;`)


で、いろいろ考えた結果、私が住んでいる N県というのは 雪国という事もあって、
雨の日も入れると 1年の半分くらいは、室内干しになるんですね。

であれば、思い切って “晴れの日と雨(雪)の日の 洗濯動線を、分けて考える
と いうことも必要なのかな~ と。


先ほど紹介した 洗濯動線は、雨(雪)の日の動線としましょう。


洗濯動線 1


で、晴れの日の洗濯動線はというと、こうなります。


洗濯動線 2


① 洗濯して
② 干して (ここまでは同じ)
③ ハンガーごと デッキに持っていき
④ 乾いたら 和室で畳んで
⑤ ファミリークローゼットに仕舞う


③だけが ちょっと手間ですが、まぁ 1年の半分と思って 頑張りましょう (o´_`o)
逆に ④⑤辺りの動線は、かえって 雨雪動線よりも スムーズかも ♪♪
(これは 和室で洗濯物を畳もうと考えていたときの 名残りなんです)



あー… 久しぶりの更新なんで、ちょっと 張り切ってしまいました ;;
読んで下さった皆さん、本当に ありがとうございます -☆★

以上、我が家の室内物干の 間取り解説 でした~!! ♪\(^ω^\)( /^ω^)/



次回は 室内物干内部の仕様を 解説します ♪♪ 特別な仕掛けは ありませんけどね (^_^;)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 室内物干

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 間取り  室内物干 

室内物干 内部の仕組み  

前回の上棟記事では、とても 沢山の方々から お祝いのコメントを いただき、
本当に 本当に ありがとうございました!!

いつも読んで下さる 皆さん方 (あなたです!) の家づくりを、私も応援しています -☆★
今後とも、当ブログを どうぞ 宜しくお願いいたします m(_ _)m


**********


さて、ずいぶん 遅くなってしまいましたが、
今回は 室内物干の内部 を ご紹介させていただきますね (o^-^o)

しつこいようですが、配置図は こちら。


室内物干配置図


特に 内部の設計図などは 描いていなかったので、3Dマイホームデザイナーで
ダイニング側から見た 画像を作ってみました (分かりやすいよう、扉は 除きました)


室内物干内部


1間幅のポールが2本欲しかったのですが、部屋の奥行きが無いので 上下2本に。

室内物干の下部には ↓↓ のようなタイプの タオル干しを入れ込みますので、
普段は これ&上のポールだけで 充分です。


LEIFHEIT(ライフハイト) ルームドライヤー カプリ10 RORETS ロレッツ ドライニングスタンド
省スペースで たくさんのタオルが干せるので、重宝しています!!


が、やはり ちょっと 洗濯物が増えたときや、シーツを1枚 干したいなんてときに
下段のポールがあると 便利です。

下段のポールを フルに使いたいときは、タオル干しは
リビングのストーブ前 or エアコン前 or 洗面室などなど、臨機応変に 移動させます (^_^;)

また、使わないときは 一応 上段ポールの奥 (洗面所側)
予備の竿受けを設けてありますので、取り外して そこに 格納することも可能です。

でも まぁ おそらく、出しっぱなしだと思います ;;



室内物干の右下部分には コンセントを付け、愛用の除湿機を置く予定です。

冬場は ストーブの威力を 大いに借りるつもりですが、
そうでない季節の 雨の日には、やはり 除湿機が必須ですので (´・ω・`)

室内物干の 両方の折戸を閉めきって、除湿機をかければ 効率的な 乾燥室 になります。


2つの折戸を閉め切ると


また、さっき書いたように 上下2段のポールを フル使用している場合、
タオル干しを 洗面室に移動させて、洗面室側の折戸を開けると
室内物干 + 洗面室を、ひと繋がりの大きな 乾燥室 として使えますね o(^-^)o


洗面側の折戸を開けると


ここに 戸を付けたのには もう1つ理由があって、両方の折戸を開放すれば
夏や冬、LDKの快適な室温を 洗面室内に 取り込むことができます。

洗面室を 「長時間 使いたい!」 という オシャレさんがいるときには、便利かも ??


2つの折戸を開放すると


まぁ、洗濯物が丸見えになってしまうので、この方法は 家族限定ですけど ;;



室内物干の左下部分には、スタンド型のアイロン台を仕舞っておくつもり。

アイロンをかけるときは ここから台を & キッチンカウンター下から アイロンを サッと出して、
ダイニングチェアに 座り、TVを見ながら 優雅に作業できます ♪♪


TVを見ながらアイロンがけ


アイロン予備軍の 夫のYシャツなどは、物干しの下段ポールに 残しておいて
2~3枚 溜まったら アイロンがけ → クローゼットに 片付ける、という流れに なってます。


下段全容



にしても、洗濯物を干すときから畳むとき、アイロンを かけるときまで
TV TVって… どんだけ TVが好きなんだ って話ですが、逆に それ以外の時間は、
私は ほとんど TVを見ないんですね ;;

好きな番組だけ 録画しておいて、
それを見ながら 家事をするのが、至福の時間なんです (*^_^*)

「建もの探訪」 とか 「グレーテルのかまど」 なら、見終わる頃に ちょうど 作業終了 ♪♪
「劇的ビフォーアフター」 を 2日がかりで見たりしてます w
(こんなことも、娘が通園するようになるまでは 出来ませんでした。 ありがたい話です)



ちなみに 皆さん、洗濯物って 必ず夕方に 畳んでますか ??

私は… すいません。 翌朝、次の洗濯物を干す前に、ようやく 取り込んで畳みます ;;
(そこから 流れ作業で、当日の洗濯物を干すので、30分番組が ちょうどいいんですね)

部屋干しだと 夕方には 乾いてないこともあるので、
その流れが 沁みついてしまったんです… ハイ、言い訳で~す (T_T)


なので、朝まで干しっぱなしにしていても 気にならない (= 洗濯物を隠しておける)
扉付きの 「室内物干」 は、私にとっては 非常に 使いやすいはず!!

リビングに ぶら下がりっぱなしの洗濯物が 目に入るたびに、
新居での生活が 待ち遠しくてしかたなくなる、今日この頃でした… (o´_`o)



↓↓ 決めなきゃいけないことが多くて、最近 更新が滞っております。 申し訳ないです ;; ↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 室内物干

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 室内物干  設計図  間取り