20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

外観・外構への要望  

溜めてしまったコメント、少しずつですが お返しさせていただいてます。
完了まで、もうしばらく お待ちくださいませ ;;

ご質問の類だと「今さら答えられても、もう家 建っちゃってるよ!!
という方も いらっしゃるかと… 申し訳ありません (´;д;`)



**********


ではでは、7ヶ月越しで『外観・外構』編のスタートです。
本当に お待たせいたしました ;;

まずは いつもどおり、要望書 の内容から ご紹介させて下さいね~ o(^∇^)o♪


※ 書いた当時の要望なので、今の仕様とは 異なる部分があります。ご了承下さい。
※ 特に こだわった部分は 太字 で 表記してあります。



外観への要望


切妻 or 片流れの屋根
・どことなく 和の雰囲気。周囲から浮かない、かつ品格がある外観がいい

汚れが目立たない、濃いめの色の外壁。濃いグレーかベージュ??
  ∟ 左官仕上げが好み
  ∟ ガルバリウムも嫌いではない

・アクセントとして、部分的に木が使ってあるといい
  ∟ ただし 雨風に晒されないところ


理想の外観
例えて言うなら、こんな感じ (※ 画像は 愛読誌から お借りしています)


・サッシは シルバーか黒。アルミ製でよい



外構への要望


屋根つきの駐車場。買い物帰りに、雨にぬれずに玄関 (or 勝手口) までたどりつきたい
  ∟ 夏に 車内が熱くなる & 冬の除雪作業を軽減するためにも 屋根が欲しい
   (予算的には 厳しいだろうけど…)
  ∟ ビルトインガレージではなく、屋根と柱だけ あればよい

  ∟ どうしても無理なら、せめて軒の張り出した玄関 (or 勝手口) を作って車寄せにしたい
  ∟ 下は きちんと舗装すること

駐車場は3台分以上 (夫婦2台+客用)。屋根は2台分でよい
  ∟ 普段は 客用スペースの空きを有効に使いたい


自転車 (2台分 も、雨風をしのげる場所に置きたい


洗車用の水洗。素敵なものを探して設置したい (勝手口 or テラス付近に)
外用コンセントも 数ヶ所あると便利 (勝手口&テラスに)

・玄関に ベビーカー用のスロープを設けたい
 (※ 叶ってません)

室外機&エコキュートの置き場所を よく考える (目立たないように)


シンボルツリーが 何本か欲しい
  ∟ 花が無い、さりげない雰囲気のものが好き。葉色の違いで楽しめるような


理想の植栽
花ではなく、葉色の違いで グラデーションを楽しむ (※ 画像は 愛読誌から お借りしています)


  ∟ イロハモミジに 憧れていたけど、虫が付きやすいらしい
  ∟ シマトネリコ・カツラ・ヤマボウシあたりが 気になる
   (トネリコ以外は 落葉樹なので、掃除の覚悟が必要)


地面に 雑草が生えにくくなる工夫をする
  ∟ 土の部分を極力 少なく
  ∟ 細かすぎる砂利は、足裏にくっついて 玄関を汚すのでNG

・家庭菜園も気になるけど、数年は やらない気がする
  ∟ いざとなったら プランター菜園で充分

・消雪パイプを設置できたら 便利だと思う。水道代が怖いけど
 (※ 叶ってません)


**********


いやぁ… ブログの書き方、すっかり忘れているかも ;;

次回以降は、これらの要望が実際に どんな風になったかを、具体的に
ご説明していきますね~。

合間には 外構工事の様子も、現場日記として挟もうかななんて
思っているので、書き方を あれこれ思案しています。

お楽しみに ♪♪



※ お返事をすべて お返しするまで、コメント欄は お休みさせていただきます m(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

category: 外観・外構

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 外観  外構  要望書 
tb: 0   cm: --

web内覧会 外構1:初公開の外観全貌と、温もり感じる造作カーポート  

ついに… ついに やってまいりました、外観・外構の web内覧会!!
ここに来るまで 長かった~ (TωT)

これまでの流れとして、まず要望書の内容が こちら。


このうち『外観』については、間取り解説は 省いて
web内覧会で 全貌を ご紹介できたら… と思っておりましたので、


今回が 初お目見えです!!


外観1
撮影時:2015年9月。風雨に晒される木の部分は、少し変色してきています。


なーんて… 勿体つけたところで、今までの現場日記にも
ちょいちょい 写っていたんですけどね (*´∀`*)ゞ


切妻 or 片流れの屋根
・どことなく 和の雰囲気。周囲から浮かない、かつ品格がある外観がいい
汚れが目立たない、濃いめの色の外壁。濃いグレーかベージュ??
・アクセントとして、部分的に 木が使ってあるといい



という要望が、1つ残らず 叶えられているのが
お分かり頂けるかと思います ♪♪

もう 私、自邸の外観が 大好きなんですよ (人´∀`).☆.。.:*・


外壁に使われている ガルバリウムは
NISC (日鉄住金鋼板) の「耐摩カラー GL:耐摩ブラックパール」。

屋根は 同商品の「耐摩ブラック」です。
(現在、商品へのリンクが 見つかりませんでした ;;)


2012-12-09-08.jpg


アクセント壁の詳細については、玄関の内覧会を ご覧下さい。



今回、外観の全貌を お見せするにあたって、
セキュリティ面での迷いが無いワケでは 無かったのですが…

わが家の前面道路が「私道」なので、なんと
Google マップのストリートビューに映らない” という事が判明しまして。


これについては 諸説あるようですが、少なくとも 私が自宅住所を
検索してみた限りでは、わが家の外観は 映りませんでした。

私道 = 私有地という扱いになる為、カメラの侵入が 禁止されているようです。



もともと「外観をお見せしない」というのも、家づくりブログとして
画竜点睛を欠く事態だな~ とは 思っておりましたし
私道のことは ラッキーだったと捉えて、公開に踏み切りました。

とはいえ、外観のご紹介は あっさり目に終わらせる事を お許し下さい ;;



続く『外構』については、内覧会も 今までの間取り解説のように

・カーポート
・植栽、舗装など
・ウッドデッキ


… の3回に分けて お送りしていく予定です。

ちょっと 外観についての解説が長くなってしまいましたが、
今回は カーポートの内覧会 でもあるんですよ (*^_^*)


↓↓カーポートの間取り解説記事は こちら

設計図でいうと、以下の赤色部分です。


カーポート設計図


で、実際の写真が こちら ♪♪


カーポート1
このワゴンRソリオ、今は 買い換えてしまったので 懐かしい…


私が 夢にまで見た、憧れの造作カーポート!! ヾ(*´∀`*)ノ゛

側面には 目隠しの為の杉板を 縦貼りにして、
デッキの塀との お揃い感も出しつつ 和モダンな仕上がりになりました ///


これは 私が、既製品カーポートを検討していたとき に見た
三協アルミのガード『たて細格子』が忘れられず、
同じような塀を 造作で付けて下さい!!と お願いした物なんです。


既製品 塀
(※ 画像は お借りしています)



裏から見ると、こんな風に筋交が入っていて 頑丈な造り。


カーポート2


現場監督に確認したところ、カーポートの造りは 住宅本体と同じで
土台は桧、柱・間柱には 杉材を使用しているそうです。

梁及び 桁は米松で、これも 住宅本体と同じ。
(リビングの見せ梁が、たしか 米松なので)


カーポート3


玄関の内覧会でも書きましたが、木部には すべて キシラデコール
“ピニー” 色を “やすらぎ(クリア)” で薄めたものを 塗ってもらっています。


キシラデコール ピニー キシラデコール やすらぎ
(※ 画像は お借りしています)


竣工後 数年たって、少し 色褪せてきてしまったので
いずれ もっと濃い色で 塗り直しが必要かと思われます (TωT)



カーポートの東側には 物置が隣接しており、過去記事 にも書いたように
雨に濡れずに 勝手口や カーポートからアクセスできる
使い勝手のいい配置になっています。


カーポート4


物置は ヨドコウエルモ

他社製品に比べて 取っ手の形が スマートで好みだったのと、
カラーバリエの中で「SM (スミ)」が わが家の外壁の色に よく似ていたので
こちらを選びました。


エルモ


おかげで、既製品でも違和感なく 溶け込んでいる気がします ♪♪


カーポートの杉板貼りの壁は、予算の都合で 当初は
西側だけの予定だったんですが…

それじゃ バランスが悪いでしょう

という 現場監督の ご厚意で、
東の物置側にも 付けて頂けることになりました ///


カーポート5


これで カーポートが既製品だと、物置の真ん前に 柱が立つことに
なってしまうので (私が希望する耐雪100cmタイプ=6本柱になる為) ;;


カーポート10


わが家の場合は 造作カーポートを採用できて、
本当に 良かったと思います (ノД`)・゜・。


ちなみに 道路から見た場合は、西側の壁が 目隠しとなって
物置は ほぼ目立ちません。

まぁ、東側の裏から見ると こんな感じなんですけどね…


カーポート8


東側は 袋小路だし、奥の家に住んでいる方々しか通らないので
いいのいいの。気にしな~い ///


カーポートの屋根は 厚さ0.6㎜のガルバリウム鋼板 (セキノ興産:V-Ⅲ型300) で、
雨樋は Panasonic の折版 150-Ⅰ型だそうです。


カーポート6


この辺のチョイスは、工務店さんに お任せしました ;;


ただ、雨樋に関しては 初め付かない予定だったのが、
工事中の見学に行った際に 雨が降り、
カーポートの屋根の凹部分から スダレのように 雨が落ちてくるのを見て

私「こりゃダメだ!! 雨樋 絶対必要!!

と痛感し、つけて頂いた思い出があります m(_ _)m



カーポート奥の勝手口は、近くで見ると こんな感じ。


カーポート7


引き戸の品番や 中から見た詳細については、
↓↓ の過去記事に載ってますので お時間のある方は ご覧下さい。


↓↓ ポストの詳細は こちらから。


外照明の説明だけ、まだ していなかったようですね。

マックスレイの こちらの照明を、あえて 縦向きに設置してもらい
レトロ感を演出しています。
(これは当時 雑誌で拝見した、素敵なお宅を 参考にさせて頂きました)


勝手口 照明


パナソニックの人感センサー×2と組み合わせているので、
左右どちらの車から降りても 早々に点灯し、暗闇にいる間を作りません。


カーポート13


もちろん、勝手口方向から出てきたときにも 反応 → 点灯するので
夜に 物置内の物を取りに行く… なんて時も便利です。


カーポート12
実際のセンサーの様子


マックスレイの照明は 優しい光に見えて、
意外と 物置の中まで照らしてくれるので 懐中電灯要らずですよ (v^ー°)

この『外物置の照明』って 意外と忘れがちなので、
家づくりを計画されている方は 検討してみて下さいね ♪♪

でも今は、便利な後付照明が色々あるから 大丈夫なのかも。


勝手口横には、カーポートで使う用に 外用コンセントも付けました。
今のところ 工事中しか使ったことないけど。
(外構工事の際、棟梁達が カーポート下で休憩してたので、ポットの湯沸しに使われてた)


カーポート11


実は、この外用コンセントには 秘密があるのですが
ちょっともう長くて しんどくなってきたので、
同様のコンセントがある デッキの内覧会で ご紹介しようかと思います ;;



カーポートから 玄関に続く通路は、駐輪場代わりにも使おうかなと
間取り解説の記事に 書いていましたよね。


外構10


ここを実際に見ると、こんな感じです。


カーポート9


なんとか、自転車を2台くらい置けそうな余裕もありますし
これで充分かな~ という気も (*´∀`*)ゞ

理想は、ブロ友さんの takumiさんのお宅 の駐輪場なんですけどね ///


やっぱり 専用に造られた駐輪場は、停めやすそうだなぁ。
takumiさん、リンク快諾 ありがとうございました ♪♪



ブログ村テーマ
WEB内覧会*外構


ブログ村テーマ
庭・外構・エクステリア・リフォーム


ブログ村テーマ
エクステリアデザイン




ふうううー。久しぶりの内覧 (外覧) 会、やっぱり 長くなりました…

読んで下さった皆様も、疲れたのではないかしら。
本当に いつもすみません ;;


実現までに 様々な壁のあった 造作屋根付きカーポートですが、
住んでみての感想は


とにかく便利!!!!


これに尽きます Σd(´∀`)

過去記事 で書いたような 夏の暑さ&冬の除雪対策になるのは もちろん、
雨に濡れずに 車に乗り込める という事が
ここまでストレスフリーな物だとは 思いませんでした。


たとえば どしゃ降りの日。
赤ちゃんを連れて 買い物に行かなきゃ… なんてときでも、


① 玄関 → マイカーに乗り込む
② 大型スーパーの立体駐車場 (もちろん屋根あり) で降りる
③ 買い物が終わって マイカーに乗り込む
④ 自宅到着 → カーポートから室内へ



この手順が、すべて 雨に濡れずに遂行可能なんです。

貴族かよ!!!!

って思いました。ええ、本当に。
(大型スーパー云々というのは、地方都市在住ならではのメリットかもですが)


予算の都合、採光の都合など、各ご家庭によって
様々な事情があるとは思いますが…

可能な限り、駐車場には 屋根を付けることを おススメしたい私でした。



最後まで読んでいただき、本当に ありがとうございます ♪♪
お疲れ様でした ヾ(*´∀`*)ノ゛



にほんブログ村

にほんブログ村

category: 外観・外構

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: web内覧会  外観  外構  照明 
tb: 0   cm: --