20年後も素敵な家

目指しているのは、20年経っても色あせないデザイン・質感・機能性

ペレットストーブ事情 2012  

我が家のメイン暖房は ペレットストーブ なのですが、
このことは 「寒くなったら記事にしよう」 と、ずーっと 温めてきたネタです (o^-^o)


家づくりの初期段階で、けっこうな 『チルチンびと』 信者だった 私は
“火のある暮らし” に とても憧れていました。


チルチンびと 2012年 01月号 [雑誌]チルチンびと 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/05)
不明

商品詳細を見る



IHじゃなくて ガスがいいとか、そういうことじゃないんですよ (>_<)
(掃除のしやすさから、私は IH派なので)

くつろぎや 団らんの象徴として 暖かな炎を囲み、燃えている様子を眺めたかった。

家づくりを考えだしたのが、ちょうど 震災直後だったのと
土地の都合 で オール電化になったこともあり、
停電中でも使える暖房 を メインに 据えたかった… ということも重なりました。
(まあ、蓄暖なら 停電になっても、2日くらいは 大丈夫なんでしょうけどね)



では、なぜ 薪ストーブではなく ペレットストーブを選んだか? というと
薪の調達が大変・無理そう → じゃあ ペレットストーブで!!
という お決まりのパターンです ;;

ペレットストーブだったら、薪を集めて・割って・乾燥させて っていう手間は かかりませんし
私には もともと 「薪ストーブで料理したい」 という願望も無く。


また、うちの県は ペレットストーブに対しての 補助金もあり、
ペレットも 県内で作っていて、いろんなところで 配達が頼めます (o^-^o)

ランニングコストも、今 使っている 灯油よりは 安くなりそうでした。



いろいろ調べてみて、最初に いいなーと思ったのが
鐵音工房 (くろがねこうぼう) の 信州型ペレットストーブ 『SP-08』。


SP-08.jpg
(画像は すべて お借りしています)


可動が ゼンマイ式で、完全に 電気不要なところがいい (*^_^*)
他のペレットストーブって 何だかんだ言って、結局 電気を使うんですよね… ;;

でも、生産が長野県。 小売店も無いみたいだし 実物を見るのも、
故障時の修理も 厳しそう (´・ω・`)



では N県 (伏せてる意味なし) で、比較的容易に 実物が見れるのは ?? というと、
以下の2社に 絞られてきました。


さいかい産業 SSシリーズ

SSシリーズ


主な特徴

 ・暖を取ることだけに 焦点をあてた、シンプルな造り&値段
 ・暖房目安 最大40 ~ 60畳 (機種による)
 ・FF式なので 室内が暖まるのが早い
 ・手動点火なので 消費電力が少なく、非常時は 車載バッテリーでも運転可能
 ・デザインは ちょっとダサい
 ・本社が N県なので、何かと安心



シモタニ コンコードシリーズ

コンコードシリーズ


主な特徴

 ・グッドデザイン賞も受賞した、優れたデザイン
 ・暖房目安 最大 25~30畳 (機種による)
 ・輻射式なので 室内が暖まるのは 遅いが、タイマーでの着火が可能
 ・他にも チャイルドロック、掃除モードなど 機能充実
 ・点火時の消費電力は 450Wと 大きめ



私が ペレットストーブを検討しだした 2012年3月当時は、
N県内で 各社のペレットストーブを まとめて見れるところが 無くてですね。

SSを見るために N区に行き、コンコードを見るために H区に行き、と
比較検討するのが 大変だったんですけど、
この秋から 市内のインテリアショップに 「ペレットストーブ部」 なる物が
出来まして、一ヶ所で 見学することが 可能になりました。

いい時代に なったものです ( ´∀`)


ペレットストーブ・フェア
(撮影・掲載の許可を頂きました)



さて。 不本意ですが、長くなってしまったので ここで切ります。

次回は 我が家が どれを選んだか&その理由などなど、もう少し 個々の製品に
スポットを当てて 解説していきますよー ヽ(*’-^*)


大方の皆さんには 興味がない話題だと思いますが…
連休中ってことで、大目に 見てやって下さい ;;



それでは 皆さん、素敵な連休を お過ごしくださいね ♪♪
我が家は… 夫、全日 仕事だそうです。 ふざけんな 頑張ってほしいものです m(_ _)m


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 設備

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 設備  ペレットストーブ 

我が家のペレットストーブは…  

長いこと 風邪をこじらせておりまして、更新が滞っていました…

その間も 見に来て下さった&応援クリックして下さった方々、本当に すみません ;;
そして ありがとうございます!! ヾ(*´∀`*)ノ゛


今回、風邪の直接原因が 『コタツでうたた寝』 だった為、夫から まったく同情されず ← 当たり前
私も 自業自得と思って、初期に 無理したのがイケなかったようです…

もう、上から下からの大騒ぎ

あまりの惨状を見かねたのか、途中から 夫も優しくなりました (苦笑)


今は もう、すっかり 元気に なりましたので
また 当ブログに お付き合いいただけましたら嬉しいです~ ♪♪


**********


さて、どのペレットストーブを選んだのか? という話の 続きでしたね。

10月に 某インテリアショップの “ペレットストーブ・フェア” に 行くまでは、もう ほとんど
さいかい産業の SS-1 に 決めかけていました。


SS-1.jpg


理由は やっぱり、国内最高と言われている 暖房能力。
(SS-1だと 最大40畳)

雪国と言われる N県で、1台で 1F全体の暖房をまかなうには、正直 SS-1しか
選択肢が無いと思っていたのです。


とにかく 「燃やして、温める」 ことに 焦点を当てて造ってあるので 燃焼効率が良く、
着火~ 最大温風が出るまでの時間が 15分 と 短いのもマル。

造りが シンプルな分、お値段も 他機種と比べると 大分お安い ♪♪



ただ その… 何ていうか、見た目が… ダサいんですよ(小声)。

イメージ画像で 見る限りでは 「そんなに ダサくないんじゃない?」 と 思われる方も
結構 いらっしゃるのではないかと思います。

しかし 実物を見ると、SS-1の側面に 使われている素材には
何か 安い電化製品的 (?) な、変な ラメ模様が入っているんですよねー (ノД`)・゜・。


変なラメ模様
写真だと、分かりにくくて すみません…


表面扉は 鋳物でカッコいいので、余計に 違いが目立ちます ;;

これは さいかい産業の方に言わせると
「鋳物の質感に 少しでも近づけるために、あえて こういう模様にしています」 とのことで。

カタログ写真では 成功しているかもしれないけど… うーん (>_<)


でもまぁ、プラス 40,000円で 本体の カラーチェンジが出来るそうなので、
それを 利用するつもりでいました。
(実際 オシャレ雑誌で SS-1を設置している方を見ると、結構 皆さん カラーチェンジされてます)



対抗馬として ずっと悩んでいたのが、シモタニの コンコード・オルコット


コンコード・オルコット


こちらは、さすが グッドデザイン賞を受賞しているだけあって カッコいい!!

部屋の中心に どどーん と居座り、おそらくは 1年中 目にするであろう ストーブ。
その視線にも 耐えうるデザインだと思います (*^_^*)


N県内でも この2台で悩まれる方が多いのか、ショップ内でも 一番いい場所に
SS-1と コンコード・オルコットが 設置してありました。


SS-1とコンコード・オルコット
(撮影・掲載の許可は いただいてあります)


前の記事 でも書きましたが、並べて比較検討できるのは 本当に ありがたいですね。



ただ コンコード・オルコットの暖房目安は、HPだと 「コンクリート30畳」 となってますが
木造だと 実際は 25畳 が ギリギリ… らしく。

我が家の LDK + 和室の広さは 25.5畳なので、イケそうな気も しますが
私は あわよくば 洗面室や ファミリークローゼットまで
ストーブ1台で 温めたいと考えていたので、それには 少々 心もとない… (>_<)


また、輻射式なので 着火~ 部屋が温まるまでに 1時間くらい かかるのも ネックでした。

おそらくは それを補えるように 着火タイマー機能 が 付いているのでしょうが、
ネットの口コミで 「よく着火に 失敗して、再着火を繰り返している」 という意見を
読んで以来、あまり 信用できずにいたのです。


しかし ショップの店員さん曰く、シモタニの社長が 着火装置の改良を重ねて
『20年は 確実な着火を保障する!』 ってくらいの性能に 今年から モデルチェンジしたとか。

そ、そうなのー!? (@_@)

であれば やっぱり、着火タイマーは 魅力的な機能…

SS-1の 『最大温風まで 15分』 というのも、“その15分間の寒さに 耐えられないかも” という
心配もあったので、ここで ちょっとまた 迷い始めてしまいました ;;



しかしですね。 冷静~に 考えてみると
あれ? でも、いつ掃除すればいいの?」 という 疑問が湧いてきたのです。

ペレットストーブは 1日に 1度、煤のお手入れが必要になります。
当然それは、本体が熱いときは 出来ませんよね…

夜、ストーブを切った直後は まず掃除しないだろうし、やはり 朝、点火する前に するしかない。
でもタイマーで着火していたら、WAO! 出来るワケないじゃなーい!!

…… (´・ω・`)


なので やはり、N県で 単体で使うには SSシリーズが ふさわしい と 結論付けました。

着火からの 15分間の寒さには、手持ちの小さい 灯油ファンヒーターを
室内物干内に 忍ばせておき (冬季限定で 除湿機と交換)、15分だけ稼働する… という作戦で、
とりあえず やってみようと思っています ;; 無くても平気そうなら 点けないし。

いや ホント、寒いんですよ N県って!!

蓄暖などと 併用できるなら、コンコード・オルコットの方が 良かったかもしれませんね。
(お高くなりますけど~)


あ! SS-1ではなく、あえて SSシリーズと書いているのは
この秋に、ニューモデルである SS-2 が 発表されたからなんです~ パチパチ -☆★
(人´∀`).☆.。.:*・


ss-2.jpg


特に 性能が変わったとか、そういうことは無いようですが (サイズも同じ)
最初から カラーが アイボリー・ブラック・レッド の 3色から選べるようになりました。

値段は SS-1を カラーチェンジした場合と 一緒ですので、色に こだわりたい方は
逆に SS-1の方が いいのかも ??


SS-2 アイボリー
ショップにあった SS-2は アイボリー。 実物は かなり 濃い目の色です。


私は もともと、黒色に カラーチェンジしようと思っていたのと
何といっても “火が見える窓が 大きくなった” ところが良くて、迷わず
SS-2の ブラック を選びました!!

気になっていた ダサさも、少しは 軽減されたんじゃないかな (*^_^*) ← 失礼



デザインが可愛いという点では、同じ さいかい産業でも こんなのもあります。
MT-311 SUMITA


MT311-SUMITA.jpg


こちらは 『6畳間でも使用可能!』 というのがウリの、小型のペレットストーブ。
輻射式なので 天板で お湯も沸かせます。

ジブリ映画に 出てきそうな雰囲気で、写真より 実物の方が可愛いのですよ~ (o^-^o)
SSシリーズも、こういうデザインにしてくれれば いいのにな ♪♪
(小さすぎて、我が家のメインには 使えず ;;)



最後に、SSシリーズの魅力を もうひとつだけ… (^_^)/

点火時/運転時ともに 消費電力が小さい為、停電時でも 車載バッテリーで運転可能なのです。
※ 延長コード+変圧器 (ホームセンターで数千円) が 必要

さいかい産業の方 曰く、長期的な停電に 備えるのであれば
小型発電機の使用を オススメするそうですが、
この ご時世、とりあえず “停電しても使える” というのは 安心ですよね。

発電機を使うにしても、消費電力が小さい方が 稼働時間は 長くなりますし ♪♪


オール電化の我が家にとって、この ペレットストーブの導入は
少しでも エネルギー源を分散する… という役割と ともに、
暮らしの豊かさ みたいなものを もたらしてくれることを 期待しています (*^_^*)


あ~ 楽しみ!!



久々の更新、あいかわらず長い&マニアックで すいませんでした ;;
次回からは また、工事日記を お届けしま~す o(^-^)o


私信 >> ヒロサトちゃん、ペレットストーブ・フェアに 付き合ってくれて ありがとね -☆★
     ティールームのある家づくり… これからも応援してるよ!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 設備

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 設備  ペレットストーブ 

ペレットストーブの季節が やってきた!  

我が家の植栽、ヤマボウシが いい感じに紅葉してきた 今日この頃…


ヤマボウシ


お家の中では ペレットストーブ を焚き始めましたよ (*^_^*)
実質的には 先週半ばくらいから。

燃料となる ペレットは、その少し前から購入して、外物置に たくわえてありました。
(カーポート伝いで、雨雪に濡れずに 取りに行けるので とても便利)


ペレット3


1袋につき、送料込みで 630円。
電話で 宅配を申し込めば、物置内に キレイに積むところまで やってくれるので 楽チン ♪♪

卸売店まで 直接行くと、1袋580円で 購入できます。
20袋なら 1,000円 違ってきますから、頑張れそうなときは 直接 行こうと思ってます ;;


Wppcロゴの ペレットは、袋のデザインも カッコよくて お気に入り。
(Wppc = 木質ペレット推進協議会。 ロゴだと w “q” pcに 見えますが…)


ペレット1



我が家のペレットストーブは、過去記事でも 語りましたように
(株)さいかい産業SS-2 です。


ペレットストーブ1


過去記事

ペレットストーブ事情 2012
我が家のペレットストーブは…


ガードは、有名な ハースゲート。 楽天で 買いました。


ハースゲート


正式には 本体から 70cm以上 離して使用する… らしいのですが、
我が家の 8畳リビングでは そんなこと出来ませんので ;;
自己責任の元、かな~り くっつけて 使用しています m(_ _)m

このゲートは 触っても 熱くならない素材なので、今のところ 大丈夫そうです!!

某インテリアショップでも、同じゲートを 同じ形 (コの字 & ギリギリまで くっつけて)
展示してましたし。


ちなみに このゲート、前のところが パカッと開くのですが…


ペレットストーブ2


近すぎて ストーブ本体の扉が 開かなくなるため、我が家では ストーブをイジるときは
ゲート全部を とっ払います ;;
あ、見た目に反して とっても軽いので、苦では無いです。



今日の記事では とりあえず、ペレットストーブの日常的な使い方と
我が家なりの使用道具を ご紹介しようと思っています。

まずは 道具。 一式を seria の Plenty Box に 入れて、
子供の手が届かないところに 置いてあります。


道具1


a:新聞紙
b:バネブラシ (ストーブ付属品)
c:着火材
d:チャッカマン
e:小箒
f:おしり拭き
g:ゴム手袋
h:ティッシュ

※ bの バネブラシは、月1回の掃除でしか 使用しないので、今回は 使いません。



続いて 毎朝の灰掃除 → 着火までの流れ を。
まずは、当たり前ですが ペレットが入っているか確認します ;;


ペレット2


SS-2のペレットタンクは 12kg 入ります。
ペレット1袋が 10kgなので、少なくなってきたら 1袋分 足すという感じ。


ゲートを取っ払い、扉の前に 新聞紙を1枚 広げて…
扉を開けます。 この時点で すでに、灰が 少量 舞い散ります (*_*)


ペレットストーブ5


はい、昨日の分の灰が ビッチリ。

取説によると 灰掃除は 1週間ごとでいいそうですが、毎日やらないと ダメな気がします。
私が 家に居る時間が長いせいで、灰が多いというのも ありますが…
今は 11月なんで、まだ 灰は 少ない方です。


ゴム手袋をつけて、小箒で 灰を掃除します。

最初は 軍手でやっていましたが、灰の粒子が 細かくて、布目を抜けてきてしまうので
ゴム手袋が オススメです。

ちなみに 昨シーズン、夫が「ゴム手袋が入らないから」といって 素手で掃除しましたが
結局、洗面所だのタオルだのが 灰で汚れるハメになりましたので
(灰って 落ちにくいんですよね…)
これに こりて、Lサイズのゴム手袋も 常備することにしています… (ノД`)・゜・。


扉の淵に積もった 灰を払い落としたら、燃焼ポット (ここを受け皿にして 炎が燃える) の内側部分を
取り出して、中に溜まっている灰を 掻き出します。


ペレットストーブ6


ここの灰は、逆さにしたくらいでは落ちてこないので
手を突っ込んで ガリガリやらないといけません。 めっちゃ 手袋が汚れます ;;
(ガリガリやっている写真が、1人では 撮れませんでした。 ソーリー)

さいかいの営業さんが「灰掃除は、専用の掃除機を 1つ準備するといいです。
その方が ホウキより、灰が 飛び散らないです
」って言ってたけど、
掃除機じゃ ここの灰は 取れないと思うのよね…

しかも 結局、掃除機から灰を捨てるときに 灰が舞うワケでしょ ??


続いて、その下の灰受けにも 灰が溜まっているので 掃き落とします。
そーっと やれば、そんなに 灰は 飛び散らないと思う。


ペレットストーブ7


↑↑ これは 掃いた後の画像ね。 下の新聞紙に、灰が 落ちてますね (^_^;)

灰受けは、実は 2段になっているのですが
毎日の掃除では 1段目しか 掃かないことにしています ;;


最後に、扉のガラスを 拭きます。 1日で こんなに汚れるんですよ。


ペレットストーブ8


おしり拭き (ウェットティッシュでも良い) 2枚で 拭き上げた後、ティッシュで から拭きします。
取説には『雑巾で…』と 書いてありますが、雑巾も それをゆすぐシンクも
1回で 黒くなりますので、使い捨ての物で拭いた方が いいと思います (-"-)

これで ガラスが 透き通りました。


ペレットストーブ9


ガラスが ピカピカじゃないと、せっかくの炎も 見えなくなっちゃいますからね。



ストーブ内部が 綺麗になったところで、着火材を 燃焼ポットに入れて
チャッカマンで 火を点けます。


ペレットストーブ10


着火材は おがくずを固めたような物で、1回分ずつ パキッと 折り取れるようになってます。
60回分で 900円というのは ちょっと高いですが
障がい者福祉作業所で 作成しているそうなので、応援したい。


着火材


使用済みの割りばしなんかでも 代用できるそうですよ。



扉を閉めて ゴム手袋を外します。
炎が ある程度の大きさになって、安定した時点で ストーブのスイッチを入れます。


ペレットストーブ3


この際、ペレット量を調整するダイヤルが『』になっていることが 大事。
そうでないと、ペレットが投入される風で 火が消えてしまうことが あるんだとか…



出た灰と 紙くずなどは、新聞紙ごと 小さく折りたたんで、ゴミ箱へ。
灰は 植木に撒くとイイらしいですが、保存できる量にも 限界があるのでね (^_^;)


ペレットストーブ11



周辺に ざっと マキタの掃除機をかけます。
やはり、何だかんだと 細かい灰やゴミが 落ちていたりするので…

灰掃除は 粒子の大きさの問題で、普通の掃除機でやるより
マキタのような 業務用の掃除機を使用した方が いいんですって。

普通の掃除機だと 詰まっちゃうんだそうです。



最後に ゲートを戻して 終了。


ペレットストーブ4


めんどくさそうに見えたでしょうが… 最初から ここまで、約5分程度でしょうか。

本体内部が 一定の温度まで到達すると、温風が吹き出てきます。
着火から そこまでは、10~15分くらいかな。

この15分間の寒さに 耐えられないかも、と 心配していましたが
新居は 気密性がいいので、早朝でも 昨日の温かさが ほんのりと残っており
けっこう大丈夫でした。

朝起きると、室内は 大体 17°前後です (真冬でも)。



面倒なのは、一度 消火してしまうと、しばらくの間 再着火できないってことですかね。

庫内を冷ますためもあるのでしょうが… 45分程度は 送風が続くので
その間は 火を点けられないのです。


後は、着火材が お高いので、1日に何度も 点けたり消したりするのが
何となく ためらわれるというか ;;

なので、子供のお迎えなど ちょっとした外出 (30分以内) の時は、点けっぱなしで
行っちゃいますね。 ダイヤルは 最小にしますけど。



とはいえ 1台で1F全体が ふんわりと、底から温まる感じや
ゆらめく炎の美しさなどは、やっぱり「ペレットストーブにして良かった!」と 思います。

逆に、それが楽しく思えない方には オススメできません。
やっぱり 灰掃除とか面倒くさいですし、着火の手間も かかりますので (T_T)


コストは 一概には 言えないのですが、同面積を 灯油ストーブで暖めるよりは
少し安い、というくらいですかね。

今の時期、ウチの場合は 2~3日で1袋 消費します。
真冬は 1日1袋くらい。

ただ、灯油や電気・ガスは これからも 値上がり傾向にありますが、ペレットは
しばらくは 値上がりしないだろうというのが、大方の意見です。



興味ない方には、本当に つまらなかったですよね~ 今日の記事 ヾ(´▽`*;)ゝ"

他にも、我が家だけの失敗とか あるのですが (コメント欄にも 少し書きましたが)
それは いずれ、独立した記事として 書こうかな。



朝ドラの キムラ緑子さん (=義姉の和枝) が、期待以上に 面白すぎたんだ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

category: 設備

thread: 家づくりブログ - janre: ライフ

tag: 設備  ペレットストーブ